日本の仁義』(にほんのじんぎ)は、1977年5月28日に公開された日本映画。製作:東映京都撮影所監督中島貞夫、主演:菅原文太。ひとつのヤクザ組織が抗争事件や内部の裏切りによって追い詰められ、崩壊するまでを描いたヤクザ映画。『やくざ戦争 日本の首領』に続くオールスターのヤクザ映画大作として作られた。山口組本多会の代理戦争である小松島抗争がモデル。

日本の仁義
監督 中島貞夫
脚本 神波史男
松田寛夫
中島貞夫
ナレーター 城達也
出演者 菅原文太
岡田茉莉子
千葉真一
フランキー堺
藤田進
鶴田浩二
音楽 青山八郎
撮影 増田敏雄
編集 堀池幸三
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1977年5月28日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

あらすじ編集

大阪娯楽夕刊紙記者の関は、鉄道会社「阪鉄」の社長・稲田が同性愛者であることを周囲に隠し、愛人として若い男性歌手を囲っている、というスキャンダル記事の原稿を書くが、阪鉄は夕刊紙の大口の広告主であったため、没にされる。納得の行かない関は行きつけのナイトクラブで泥酔し、その原稿を落とす。原稿の内容を偶然知ったクラブのママ・春美は、それを親しい常連客のヤクザ・木暮に吹き込む。木暮の所属する「新宮会」傘下・須藤組はこれを利用して稲田を脅迫し、安い土地を高く売りつけ、阪鉄グループの住宅開発の利権に食い込む。

そんな中、全国に傘下団体を持つ巨大組織「千田組」が西日本に勢力を展開し、もともと西日本を地盤とする新宮会系の組織と抗争状態となる。ヤクザ組織に強い影響力を持つ代議士・江尻は、事態を収拾するため、新宮会会長・新宮に対して引退を迫る。表向きは中堅建設会社社長であり、カタギになる機会をうかがっていた新宮は江尻の要求をあっさりと了承する。新宮の強い推挙で、阪鉄利権を持つ須藤組組長・須藤が二代目新宮会会長を襲名する。須藤組はさらに阪鉄をゆすり、同社の新梅田駅で計画する地下街拡張工事に触手を伸ばした。新宮の建設会社が工事を手がけることになるも、足を洗ったとうそぶく新宮は、を受けた須藤組を一切無視するようになり、須藤の不審を招く。自身の情報によって須藤組が成長したことを知った関は、恩を売るために木暮に接近し、やがて友情を育む。

一方、千田組幹部・白石と川辺は、須藤組を割るため、複数の幹部に順次接近し、事業の権利を配分するのと引き換えに組を脱退させる。さらに、彼らの工作によって須藤組と関東地方の有力組織との兄弟盃が直前で流れたことで、新宮会は大阪、倉敷、そして須藤の故郷・松山だけで孤立した存在となってしまう。

ある日、新宮会傘下のヒットマン・高森が出所し、千田組による報復を恐れて松山の「大橋組」に助けを求める。しかし、大橋組幹部・石毛の手落ちのために、高森は隙を突かれて殺されてしまう。これをきっかけに倉敷・松山での抗争が激化し、倉敷の拠点は壊滅する。須藤は大橋組の援護のため松山へ急行するが、先手を打って警備態勢を強めた大阪府警のマル暴刑事・一色の前で何もすることができず、さらに自身の妻の兄でもある大橋組組長・大橋にたしなめられ、黙って大阪に戻る。その間、木暮ほか数人が、阪鉄に対する恐喝容疑で一斉逮捕されており、須藤組はしばらく千田組の攻勢に対処できなくなる。

抗争の果てに子分をほぼ皆殺しにされた石毛は、独断で松山の千田組事務所をダイナマイトで爆破し、追い詰められた末、市内の別の千田組拠点で立てこもり事件を起こして機動隊に射殺される。この事件により抗争の火は大阪に波及し、須藤組組員は多くが殺され、生き残った幹部も次々と組を脱退する。新宮会全体の弱体化を確信した阪鉄社長・稲田は、工事が完成するなり、新宮の会社との契約を一方的に打ち切る。あわてた新宮は保身のため須藤を呼び出し、一連の抗争の責任を問うて破門する。抗争の実録記事で売上を伸ばしていた夕刊紙の編集長・岡村は、抗争が下火になることを憂い、新しい特ダネを取ってくるように関をたきつける。

新宮による突然の破門で怒り心頭に発した須藤は、千田組が開く、先代組長の十三回忌法要を襲撃する計画を立てる。それをとがめ、押しとどめる木暮を須藤は殴り飛ばす。須藤は覚醒剤の乱用のため、正常な判断力を失いつつあった。ついていけなくなった木暮は、子分の富樫・的場を誘い、春美の店で痛飲する。そこに居合わせた関が、「親分をバラすしかないんじゃないのか」とそそのかす。その折、須藤は木暮を食事に誘い、これまでの態度を反省してみせ、襲撃計画の撤回を告げ、「組再建のために力を貸してくれ」と懇願する。そこへ富樫・的場が飛び込み、拳銃で須藤の頭を撃ち抜いた。須藤の葬儀にかけつけた新宮は、もっともらしく「やらせたのは誰だ?」となじる。組員たちが押し黙っている中、関が「あんただよ」と断言する。

千田組の法要の日。松山から出てきた大橋がひとりで弔問し、胸に忍ばせた拳銃を抜いた。(その結末は描かれない。)

出演編集

スタッフ編集

外部リンク編集