橘 麻紀(たちばな まき、1951年2月6日 - )は、福島県相馬郡小高町(現・南相馬市)出身の女優歌手[1]。身長167cm、B90cm、W60cm、H90cm(1973年頃)[1]

たちばな まき
橘 麻紀
本名 折笠 春江
別名義
  • 加納 エリ子
  • 橘 真紀
  • たちばな 麻紀
生年月日 (1951-02-06) 1951年2月6日(70歳)
出身地 福島県相馬郡小高町(現・南相馬市
ジャンル 女優歌手
活動内容 映画テレビドラマ
主な作品
テンプレートを表示

来歴・人物編集

父親は興行の世界で働き[1]、娘を歌手にすることを小さな頃から決め、3歳のとき[1]、福島から上京[1]。1969年、県立小高高校を卒業後、歌手を志して上京しモデルとして活動した後、1972年に「加納エリ子」名義で、シングル「汽笛が泣いている」で歌手デビュー[1]。身長とスリーサイズは当時のミス・ユニバースと同じサイズだったと橘は話している[1]。自慢の美脚に1億円の保険をかけて話題を呼ぶ[1][2]

東映のプロデューサー日下部五朗雑誌グラビアで加納を見つけ[1]、「この娘を連れて来い!」と指示し、山城新伍マネージャー東映京都撮影所に来るよう口説かれたが[1]、「京都なんて知らないから嫌!」と断った。しかし今度は日下部から母親と一緒に銀座へ呼び出され、その場でギャラの提示を受け、女優転身を承諾した[1]。1973年、東映に入社し加納エリ子名義で『やくざ対Gメン 囮』で映画初出演[1]。その後改名した「橘真紀」は、当時の岡田茂東映社長の命名[1]。『ジーンズブルース 明日なき無頼派』で本格的に女優に転身した。

1975年の『好色元禄㊙物語』に出演する際、堂々と脱ぐカルーセル麻紀にあやかり[1]、「橘麻紀」に改名し、『くの一忍法 観音開き』で初主演[注 1]を務めた。「橘麻紀」は脱ぐとき用の名前のつもりだっため、サインは「橘真紀」と書くという[1]

ピラニア軍団のメンバーといわれることが多い[1]

主な出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

音楽編集

シングル編集

リリース月 A/B タイトル 名義 作詞 作曲 編曲 企画品番 備考
ワーナー・パイオニア
1972年5月 A面 汽笛が泣いている 加納エリ子 千家和也 都倉俊一 都倉俊一 EP:L-1085R
B面 太陽が沈むまで
1972年12月 A面 目ざめた朝 井上忠夫 馬飼野俊一 EP:L-1109R
B面 愛は誰のために
キングレコード
1982年 A面 わたしは女 橘 麻紀 森 誠 森 誠 高見 弘 EP:NCS-1678 自主製作盤
B面 私は一人 中村吉伸 宮西 渡
1984年3月 A面 ミオ・ミオ・ミオ(忘れられない貴方) たちばな麻紀 鄭 旭/日本語詞:谷村新司 鄭 豊松 (不明) EP:K07S-524
B面 私は一人[注 2] 中村吉伸 宮西 渡 高見 弘

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 衣笠恵子、堀めぐみとのトリプル主演。
  2. ^ 1982年の「わたしは女」B面曲と同一曲。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 杉作J太郎植地毅「橘麻紀インタビュー」『東映実録バイオレンス 浪漫アルバム』徳間書店、2018年、304-307頁。ISBN 978-4-19-864588-5
  2. ^ Idol.ne.jp (2020年2月29日). “加納エリ子(かのうえりこ)ディスコグラフィ” (日本語). Idol.ne.jp. 2020年7月14日閲覧。
  3. ^ やくざ対Gメン 囮” (日本語). MOVIE WALKER PRESS. 2020年7月14日閲覧。
  4. ^ allcinema (日本語), 映画 極道VS不良番長 (1974)について 映画データベース - allcinema, https://www.allcinema.net/cinema/144889 2020年7月14日閲覧。 
  5. ^ くの一忍法 観音開き” (日本語). MOVIE WALKER PRESS. 2020年7月14日閲覧。
  6. ^ らしゃめん” (日本語). MOVIE WALKER PRESS. 2020年7月14日閲覧。
  7. ^ アゲインスト むかい風” (日本語). MOVIE WALKER PRESS. 2020年7月14日閲覧。
  8. ^ 「橘真紀」でのドラマ&人名検索結果 - ◇ テレビドラマデータベース ◇”. テレビドラマデータベース. 2020年7月8日閲覧。
  9. ^ 「橘麻紀」でのドラマ&人名検索結果 - ◇ テレビドラマデータベース ◇” (日本語). テレビドラマデータベース. 2020年7月14日閲覧。

外部リンク編集