メインメニューを開く

日本盛株式会社(にほんさかり、Nihonsakari Co.,Ltd. )は、日本の酒造会社ならびに同社が発売する酒造ブランドである。本社は兵庫県西宮市用海町。灘五郷の一角を担うメーカーで、大関白鹿などと並ぶ、日本酒の一大産地西宮市の酒造メーカー。日本酒の生産技術で培われたノウハウを生かし、「米ぬか美人シリーズ」などの化粧品事業や健康食品事業などの分野にも進出している。

日本盛株式会社
NIHONSAKARI CO.,LTD.
日本盛・本社工場(兵庫県西宮市)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
662-8521
兵庫県西宮市用海町4番57号
設立 1889年
業種 食料品
法人番号 3140001069869
事業内容 酒造業、化粧品業
代表者 森本直樹(代表取締役社長)
資本金 5億7915万円
売上高 206億6200万円(2007年3月期)
従業員数 177名
決算期 3月期
外部リンク もっと、美味しく、美しく。日本盛株式会社
テンプレートを表示

ブランドステートメントは「もっと、美味しく、美しく。」。

目次

沿革編集

  • 1888年(明治21年)青年有為会が発足
  • 1889年(明治22年)有為会の役員を中心に西宮企業会社を設立
  • 1893年(明治26年)株式会社に変更、この後いくつか会社名変更を行い、その3年後、西宮酒造株式会社を正式な商号とする
  • 1897年(明治30年)日本盛の商標を譲受登し、「日本盛」印、「惣花」印で初出荷
  • 1913年(大正2年) 宮内庁御用酒「惣花」の詰元となる
  • 1915年(大正4年) 大正天皇の即位式に、「日本盛」が御用酒として納入される、その後、1928年(昭和3年)に昭和天皇の即位式の時も御用酒として納入される
  • 1936年(昭和11年)大阪市に「日本盛酒坊」を開設
  • 1945年(昭和20年)戦災で、建物の90%を消失にともない、醸造期までに1蔵を急造する。
  • 1953年(昭和28年)東京駅名店街に「酒坊日本盛」を開店
  • 1965年(昭和40年)社旗、社章を制定
  • 1983年(昭和53年)焼酎製造免許を取得、焼酎製造にも進出
  • 1987年(昭和62年)「米ぬか美人」洗顔料を発売、化粧品業界に進出
  • 1989年(平成元年)創業100年を迎える
  • 1995年(平成7年)阪神・淡路大震災により本社の施設が被害を受ける
  • 2000年(平成12年)社名を日本盛株式会社に変更。また、「日本盛酒蔵通り煉瓦館」を開業
  • 2009年(平成21年)創業120年を迎えるに際し、「もっと、美味しく、美しく。」をブランドメッセージとして制定

事業所編集

本社・工場・近畿支店
〒662-8521 兵庫県西宮市用海町4-57
札幌営業所
〒064-0807 北海道札幌市中央区南7条西2-1-3 リバーサイドビル5階501号室
仙台営業所
〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町2-1-8 第一広瀬ビル5階
東京支店
〒104-0033 東京都中央区新川2-12-15 ヒューリック八丁堀ビル8階
東海支店
〒422-8043 静岡県静岡市駿河区中田本町17-10 鈴木ビル2階208号室
名古屋営業所
〒457-0002 愛知県名古屋市南区大堀町7-13 名古屋NSビル2階
福岡営業所
〒812-0042 福岡県福岡市博多区豊1-5-13 福岡NSビル508号室

商品編集

日本酒編集

  • 日本盛
    • 惣花(純米吟醸)
    • 晩酌
      • 晩酌・晩酌 辛口・晩酌 一番搾り
    • 糖質ゼロプリン体ゼロ
    • 300mlカップ商品
    • 上撰サケパックシリーズ
    • すきっと冷酒(春・夏限定)
    • 飲食店専用商品
      • 灘の粋・おおさか盛(大阪府限定)
    • 灘の生一本純米酒

リキュール類編集

  • サムライロック
  • 梅酒

化粧品・健康食品編集

  • 米ぬか美人(化粧品シリーズ)
  • NS-K(化粧品シリーズ)
  • 植物生まれの酵素
  • 甘酒
  • すっぽん高麗人参(ほかサプリメント)など

受賞歴編集

全国新酒鑑評会

平成14酒造年 - 29酒造年[1]

  • 「日本盛」金賞受賞 - 平成29年受賞

CM編集

キャッチコピーは「日本盛はよいお酒」。1961年から放送され、のぶひろしが作詞した。1980年代から旧・大阪中央郵便局近くのビルの屋上に横長のネオンサインを設置していた(JR神戸線の車窓から見ることができた)。かつてはこのネオンサインにカップ酒や、横を向いた徳利が笑っているなどのマークも入っていた。

CM出演者

※放送年順。

スポンサー番組編集

2007年4月からの提供番組は文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」の13:30手前(月・水・金)と「玉川美沙 たまなび」内「なるほど番長」16:35頃(火・木)、「吉田照美ソコダイジナトコ」内8:19頃のスポット(月 - 金)である。(2008年3月31日をもって関東地区へのラジオCMは一時中断。秋頃の再開を予定している。)

過去にスポンサーであったのは文化放送「吉田照美のやる気マンマン」(2007年3月30日で番組終了)内での、やっぱり危ない照美の小部屋(月 - 金13:25ころ)1992年9月以前は14:25頃 - の「おっと危ない照美倶楽部」の提供クレジット直後のCM枠の提供だった。

かつてはNRN系全国ネットラジオナイターのスポンサーやABCラジオでミニ番組を放送していた時期もあったが、このほかラジオ日本土曜競馬実況中継(ラジオ日本日曜競馬実況中継)の番組スポンサーでもある(主に夏場は冷酒が中心だが、秋 - 春は晩酌やキャンペーン告知を中心に流している)。

テレビではレギュラースポンサーが少ない(スポットや期末期首期の特番提供がほとんど)。また、「メイト・7」や「チャレンジショー」(両番組とも毎日放送)の1社提供や「びっくり日本新記録」(よみうりテレビ)や「新伍のワガママ大百科」(毎日放送・1993年1月から3月まで)などテレビ番組のスポンサーだった事もある。

また朝日放送とも長きにわたって関係があり、頻繁ではないものの系列衛星放送チャンネル「スカイ・A」でCMを放送している。一方、毎日放送MBSラジオ)の『ありがとう浜村淳です』では浜村淳本人による生CMが流れている[2]。更に白黒放送の時代に「サカリちゃんの天気予報」というミニ番組もあり公式サイトで視聴できる。翌2011年3月末まで半年間の期間限定であり、同年10月からも同様。季節提供では過去度々あったものも、レギュラースポンサーでの番組提供は上記の「新伍のワガママ大百科」以来、実に17年半ぶりの番組提供である。なお、年末年始では同じテレビ朝日系「ミュージックステーションスーパーライブ」などに提供を差し替える。また、「吉田類の酒場放浪記」(BS-TBS)にも提供していた。

脚注編集

  1. ^ 独立行政法人 酒類総合研究所 -「全国新酒鑑評会 入賞酒一覧表」
  2. ^ この他、同番組での恒例として、2011年4月のプロ野球シーズン開幕より、阪神タイガースが前日の試合で勝利をおさめた際に、視聴者に同社製品「惣花」をプレゼントしている。

外部リンク編集