メインメニューを開く

早島町(はやしまちょう)は、岡山県の南中央部に位置し、都市雇用圏では岡山都市圏に属する県庁所在地岡山市と県下第2位の都市倉敷市に四方を囲まれており、双方のベッドタウンとなっている。また、県下最小の市町村でもある。(地図 - Google マップ

はやしまちょう
早島町
金毘羅往来の灯篭と道標
金毘羅往来の灯篭と道標
Flag of Hayashima Okayama.svg
早島町旗
Symbol of Hayashima Okayama.svg
早島町章
町旗・町章、共に1987年3月9日制定
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
都窪郡
団体コード 33423-5
法人番号 2000020334235
面積 7.62km2
総人口 12,428[編集]
推計人口、2019年6月1日)
人口密度 1,631人/km2
隣接自治体 岡山市倉敷市
町の木 カイヅカイブキ
町の花 サツキ
キャッチフレーズ はやしま夢織る町
早島町役場
町長 中川真寿男
所在地 701-0303
岡山県都窪郡早島町前潟360-1
北緯34度36分2.3秒東経133度49分42秒
役場庁舎位置

Hayashima town-office.jpg
外部リンク 早島町

早島町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

面積は県下自治体の中で最小である一方、人口密度は県下最大。

町名の通り室町時代以前は島であったが、干拓により地続きとなった。南部は干拓地で岡山平野の一部を形成し、中央部にかつて島であった丘陵がある。北部も丘陵となっており、岡山市と一体化した岡山県総合流通センター、民間の流通団地、独立行政法人国立病院機構南岡山医療センターなどが立地する。JR西日本宇野線瀬戸大橋線)により結ばれた岡山市との関係が深いが、警察署・消防署の管轄区域や県立高等学校の学区などでは倉敷市(矢尾、日笠山、若宮は岡山市)と同じ区域に区分される。

  • 河川: 汐入川

隣接している自治体・行政区編集

歴史編集

沿革編集

行政編集

  • 町長:中川真寿男(2015年8月28日就任、1期目)
  • 議会:定数10[3]

経済編集

産業編集

など

本社を置く企業編集

姉妹都市・提携都市だった自治体編集

国内編集

地域編集

医療編集

 
国立病院機構南岡山医療センター


人口編集

 
早島町と全国の年齢別人口分布(2005年) 早島町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 早島町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
早島町(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より

通勤・通学編集

早島町内に居住する15歳以上の就業・就学先(2010年国勢調査)[4]
総数
6060人
町内へ通勤・通学 24.4%(1476人)
町外へ通勤・通学 73.4%(4449人) 1 岡山市 33.9%(2054人)
2 倉敷市 32.3%(1960人)
3 その他 6.4%(387人)
早島町内で就業・就学をする15歳以上の居住地(2010年国勢調査)[4]
総数
4872人
町内から通勤・通学 30.3%(1476人)
町外から通勤・通学 65.9%(3213人) 1 倉敷市 33.6%(1637人)
2 岡山市 24.2%(1181人)
3 その他 8.1%(395人)

2010年時点で早島町内に住む者は73.4%が町外へ通勤・通学しており、流出先は岡山市(33.9%)と倉敷市(32.3%)がほとんどを占め、通勤・通学率は両市ともほぼ半々となっている。流入人口(3213人)よりも流出人口(4449人)の方が多くなっており、このことから町内は昼間人口より夜間人口の方が多いベッドタウンとしての性格が色濃く、岡山・倉敷両市のほぼ同率の影響下にあることが見て取れる[4]

教育編集

  • 早島町立早島小学校
  • 早島町立早島中学校
  • 岡山県立早島支援学校
  • 国立療養所南岡山病院附属看護学校
  • 関西書道専門学校

交通編集

鉄道路線編集

 
早島駅

バス路線編集

岡電バス
両備バス
  • 中庄駅 → 流通センター → コンベックス岡山前 → 下撫川 → 庭瀬本町 → 野田東 → 大供 → 岡山駅 → 天満屋バスセンター
平日に朝に1本のみ運行。
  • 中庄駅〜コンベックス岡山(直行)
コンベックス岡山での大規模イベント開催時で、イベントの主催者がバス会社に運行願いをしている時の土曜・日曜に運行。
早島コミュニティバス

早島タクシーが早島町から受託・運行している。運行時間・本数は7時から19時までの毎時1往復。運賃は無料。定期運行は日曜〜金曜(祝祭日を除く)で、町主催全町行事日(土曜日)に臨時運行する[5]

  • 東コース(2コース)
早島駅 - 真磯 - 若宮 - 日笠山 - イトーピア - コンベックス
  • 西コース(2コース)
早島駅 - 噂島西 - 備南台 - ニュー早島 - 中山広場 - コンベックス

タクシー編集

  • 早島タクシー
  • 澤田交通

放送編集

ケーブルテレビ
地上波テレビ放送

早島町は全域が岡山本局(金甲山送信所)のエリアに入るため、良好に入る。

局名 NHK岡山 NHK高松 RSK OHK TSC RNC KSB 出力 偏波面 送信
場所
総合 教育 総合 教育
デジタルリモコン番号 1ch 2ch 1ch 2ch 6ch 8ch 7ch 4ch 5ch
岡山 デジタル 32ch 45ch 24ch 13ch 21ch 27ch 18ch 20ch 30ch NHK岡山・民放2kW
NHK高松200W
水平 金甲山
アナログ 5ch 3ch - - 11ch 35ch 23ch 9ch 25ch V10kW/U20kW
FMラジオ放送

県域FMラジオ局は金甲山送信所からの電波で聞くことができる。コミュニティ放送は、各送信所からの電波が良好に入り、公式サイトではサービスエリアに入っている。

AMラジオ放送

道路編集

高速道路
一般国道
都道府県道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

 
早島公園の

その他編集

  • 備中国における金毘羅往来の結節点である。岡山城下の表町商店街山陽道)から発するこの往来街道は、その目的と位置取りにより3ルート(備前備中各一宮方面・妹尾方面・庭瀬・撫川方面)に分かれ、早島駅前の松尾坂交差点でひとつに戻り、茶屋町藤戸方面へと向かう。(一宮方面と庭瀬方面のルートは撫川地域で合流する)
  • 2009年10月24日から11月15日の期間まで宇喜多堤築堤420周年記念事業を催しており、10月25日の歴史学者による記念講演には宇喜多宗家現当主の宇喜多秀臣を始め、家老の岡氏ならびに家臣の花房氏・千原氏・金光氏の末裔も聴講に参加していた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 早島町旗
  2. ^ 図典 日本の市町村章 p180
  3. ^ 早島町議選に12人が立候補 26日投開票”. 2018年11月29日閲覧。
  4. ^ a b c 平成22年国勢調査、従業地・通学地による人口・産業等集計(人口の男女,年齢,就業者の産業(大分類))、都道府県結果、33岡山県”. 総務省統計局(e-Stat) (2012年6月26日). 2014年8月11日閲覧。
  5. ^ 早島コミュニティバス”. 早島町. 2016年9月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集