メインメニューを開く

杉 元相(すぎ もとすけ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。初名は隆相、後に元相。通称は次郎左衛門。大内氏配下で、後に安芸毛利氏に従う。父は杉隆宣。子に杉元宣周防国の名族杉氏の一門(次郎左衛門家)であるが、その正確な系譜は不明。

 
杉 元相
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永2年(1522年
死没 天正13年1月26日1585年2月25日
改名 杉隆相→杉元相
別名 次郎左衛門(通称)
墓所 興元寺山口県周南市
官位 従五位下、勘解由判官
主君 大内義隆義長毛利元就輝元
氏族 杉氏
父母 父:杉隆宣
元宣、女(烏田武通室)

生涯編集

大永2年(1522年)、大内氏配下の杉隆宣の子として生まれる。

天文9年(1540年)の吉田郡山城の戦いでは、大内氏家臣として毛利元就の救援に向かい、吉田の坂・豊島に駐屯し、尼子軍の攻撃に備えた。同年9月23日(1540年10月22日)の池の内の戦いで、湯原宗綱粟屋元良らと挟撃し、討ち取った。

天文12年(1543年5月7日に父・隆宣が出雲で討死したことでその跡を継いだ。天文19年(1550年10月17日従五位下に叙せられる。天文20年(1551年)の陶隆房(陶晴賢)による大内義隆への謀反(大寧寺の変)では、陶隆房の命によって大内義長を迎えに豊後に赴いた。弘治元年(1555年)の厳島の戦いには従軍せず、弘治2年(1556年)の毛利元就による防長経略の最中、毛利氏に降伏。毛利隆元の偏諱を賜って「元相」と名乗る。弘治3年(1557年)には佐波郡大前と植松の旧領安堵に加えて都濃郡の野上(後の徳山)と遠石を与えられ、金剛山山麓(現在の徳山動物園前)に館を構えた。これにより杉氏の所領は3000貫(3万石相当)となった。

毛利氏へ降った後は度々戦功を立てており、永禄12年(1569年)5月の立花城の戦いでは小早川隆景の旗下に属し戦い、同年10月の大内輝弘の乱では手勢を率いて富海近くの椿峠に布陣し、大内輝弘の残存兵の逃亡を防ぎ、壊滅させた。 また、天正年間に、織田信長によって京を追われた足利義昭の警護のため、備後国に赴いたこともあった。

天正2年(1574年)7月に野上の浄福寺金伯に依頼して一の井手に興元寺を建立し菩提寺とし、天正13年(1585年1月26日に病死。享年64。元相・元宣父子の墓所は興元寺にあり、周南市指定文化財になっている。

参考文献編集