東京シャッフル

サザンオールスターズの19枚目シングル

東京シャッフル」(とうきょうシャッフル)は、サザンオールスターズの楽曲。自身の19作目のシングルとして、タイシタレーベルから7インチレコード1983年11月5日に発売された。

東京シャッフル
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『原由子 with サザンオールスターズ
B面 Still I Love You
リリース
規格 7インチレコード
8cmCD
12cmCD
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
録音 VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐(#1)
大森隆志(#2)
プロデュース サザンオールスターズ
チャート最高順位
サザンオールスターズ シングル 年表
EMANON
(1983年) 
東京シャッフル
(1983年)
ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)
1984年
原由子 with サザンオールスターズ 収録曲
東京シャッフル
(1)
流れる雲を追いかけて
(2)
テンプレートを表示

1988年6月25日1998年2月11日に8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発売されている。2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[1][2]

背景・チャート成績編集

前作「EMANON」からちょうど4か月ぶりに発売されたシングル[3]

オリコンによる本作の累計売上は10万枚ほどであるが、発売同年のNHK紅白歌合戦で表題曲を披露した効果によってTOP30に通算23週ランクインを果たした[4]

収録曲編集

  • 収録時間:6:45
  1. 東京シャッフル (3:04)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:八木正生
    昭和20年題材の東京をモチーフにした曲で、タイトル通りのシャッフルビートに、歌詞にも出て来るクラリネットが絡む。歌詞は七七七五の都々逸調であり、クラリネットの他にもジルバなどジャズラテンを感じさせる単語が登場する[3]
    ミュージック・ビデオには冒頭に桑田がニュースキャスターに扮したり、アロハシャツ姿で楽器を演奏し桑田が歌うシーン(間奏で変な男やおかしな飛脚が表れメンバーが呆気にとられる)や母親(原由子)や子供(大森隆志松田弘)がラジオから流れる曲に合わせて踊ったり、麦わら帽子の男(野沢秀行)が無人のスイカ畑で置かれたスイカを持ち逃げして疾走するシーンが登場する。
    第34回NHK紅白歌合戦では頭髪を“紅白カラー”に染めた桑田とタキシードに身を包んだメンバーが、楽器演奏をせずにミュージカル調に軽快なダンスを踊った[5]
  2. Still I Love You (3:40)
    (作詞・作曲:大森隆志 編曲:サザンオールスターズ)
    大森のボーカル曲。

参加ミュージシャン編集

収録アルバム編集

※斜字は廃盤作品。

ミュージック・ビデオ収録作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  2. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  3. ^ a b 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p146
  4. ^ 祝還暦! 桑田佳祐のスゴさが分かる5つのヒット分析 日経トレンディネット 2016年8月16日閲覧
  5. ^ サザン、35年ぶりの紅白! NHKホールから「特別枠」出演 アノ名曲の解禁は…zakzak 2018年12月12日 2020年10月18日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集