メインメニューを開く

東京都道・神奈川県道19号町田調布線

日本の東京都と神奈川県の道路

東京都道・神奈川県道19号町田調布線(とうきょうとどう・かながわけんどう19ごう まちだちょうふせん)は、東京都町田市調布市国道20号を連絡する、都道および県道主要地方道)である。その区間の多くは鶴川街道と呼ばれる。都道は多摩南北道路1号線(調布保谷線)に属する。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
東京都道19号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
神奈川県道19号標識
東京都道19号町田調布線
神奈川県道19号町田調布線
路線延長 20.6 km(実延長)
起点 東京都町田市大蔵町
終点 東京都調布市小島町1丁目
接続する
主な道路
記法
東京都道18号府中町田線
東京都道9号川崎府中線
東京都道12号調布田無線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
調布市と稲城市を結ぶ多摩川原橋

概要編集

  • 起点:東京都町田市大蔵町 東京都道18号府中町田線交点(井の花交差点)
  • 終点:東京都調布市小島町1丁目 国道20号交点(小島町交差点)
  • 都県道認定要件:主要地と高速自動車国道、国道又は前号各路線(道路法第七条一 - 四に示された都道府県道)とを連絡する道路(道路法第七条五)[要出典]
  • 路線延長
    • 東京都区間:18,850 m(実延長、2016年4月1日現在)[1]
    • 神奈川県区間:1,796 m(実延長、2016年4月1日現在)[2]
  • 面積
    • 東京都道:403,430m2
    • 神奈川県道:21,443m2

通称編集

路線状況編集

バイパス編集

  • 稲城市若葉台・本線交点(若葉台入口交差点)
  • 多摩市聖ヶ丘5丁目・東京都道18号府中町田線バイパス交点(多摩東公園交差点)
    南多摩尾根幹線
  • 稲城市百村・向陽台公園通り交点(竪谷戸大橋交差点)
    ↓(約450m)(2007年4月14日に開通[3]。)
  • 稲城市百村・山崎通り交点(稲城一中南交差点)
    ↓(約100m)
  • 稲城市百村・本線交点(稲城福祉センター入口交差点)
    ↓(約200m)
  • 稲城市東長沼・本線交点(稲城市役所西交差点)
  • 稲城市矢野口・川崎街道交点(矢野口交差点)

そのほか、調布市の多摩川原橋交差点付近で交差する多摩川沿いの道路のうち、交差点の東西数十メートルがこの路線の支線に指定されている。

重複区間編集

橋梁編集

地理編集

交差する道路編集

バイパス

通過する自治体編集

主な他交通機関との接点・近接点編集

 
小田急多摩線の高架橋と立体交差。北東方向から撮影(2008年10月26日)。

その他編集

 
矢野口交差点。稲城市から多摩川原橋方向に向かって撮影(2008年10月19日)。JR南武線の高架橋と交差している。
  • 調布市の京王線との交差部分はかつては踏切で交差していたが、東京都の「踏切すいすい事業」として、京王線の地下化工事に先立って仮設の跨線橋(ユニットとして組み立ることにより短期間で施工可能で、撤去後も他の箇所で使用できる跨線橋)を利用して暫定的な立体化を行い、2003年3月30日に「調布鶴川陸橋」として完成した。2012年8月19日の京王線の地下化に伴い2013年に陸橋が撤去され、平坦な道へと改良された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『東京都道路現況調書 平成28年度』東京都建設局道路管理課、2016年1月、81頁。
  2. ^ 川崎市道路統計書―平成28年4月1日現在―』(PDF)川崎市建設緑政局道路管理部管理課、2016年11月、11頁。2017年7月13日閲覧。
  3. ^ 東京都建設局 - 南多摩尾根幹線約0.4キロメートルを交通開放致します
  4. ^ 東京都建設局 - JR南武線矢野口駅付近の踏切がなくなります!
  5. ^ 東京都建設局 - 町田調布線(第19号)鶴川街道 多摩川原橋を交通開放

関連項目編集