メインメニューを開く

東村山浄水場(ひがしむらやまじょうすいじょう、英称 Higashi-Murayama Purification Plant)は、東京都東村山市にある東京都水道局浄水場である。

東村山浄水場
Higashi-Murayama Purification Plant
所在地 東京都東村山市美住町2丁目20番地236
座標 北緯35度45分11.6秒 東経139度27分31.2秒 / 北緯35.753222度 東経139.458667度 / 35.753222; 139.458667座標: 北緯35度45分11.6秒 東経139度27分31.2秒 / 北緯35.753222度 東経139.458667度 / 35.753222; 139.458667
管理運営 東京都水道局
通水 1960年昭和35年)8月16日
処理方式 急速濾過
通常ろ過水量 558,000~927,000m3
配水池容量 108,000m3
整地地盤高 TP +81.4m
敷地面積 260,000m2
給水区域 新宿区文京区渋谷区練馬区杉並区の一部、中野区豊島区、の全域、清瀬市東久留米市西東京市国分寺市小金井市国立市府中市調布市狛江市日野市多摩市稲城市の全域、三鷹市東村山市小平市立川市町田市の大部分、八王子市の東部
テンプレートを表示

「東京都四大浄水場」のひとつで、全体の18.4%[1]を担う。

概要編集

西武新宿線西武国分寺線東村山駅から南西1kmに位置し、西北部には村山貯水池(多摩湖)・山口貯水池(狭山湖)のある狭山丘陵を望む。

1932年(昭和7年)に東京市第二水道拡張事業として小河内貯水池(奥多摩湖)とともに事業着手し、戦争による中断を挟んで、1960年(昭和35年)8月16日に通水開始した。 当初原水は多摩川水系のみだったが、1964年に荒川、1965年に利根川水系が接続され、さらに淀橋浄水場を統合して東京都最大の浄水場となった[2]

現在の水源は多摩湖狭山湖玉川上水荒川秋ヶ瀬取水堰)の4ヶ所を主体とし、さらに朝霞浄水場と原水連絡管で結ばれており、利根川系原水の順送により大量の浄水処理が可能である。また多摩川系原水を朝霞浄水場に逆送して相互に融通する事も出来る。比較的標高の高い場所に位置しているので、区部へは自然流下で送水しており、広域大規模停電時や震災時のバックアップ施設としての役割も有している。

東京都水道局初のコージェネレーションシステムとして常用発電設備が導入され、太陽光発電水力発電風力発電等のエネルギー利用が多いという特色を持つ。ただし風力発電は旧式かつ小規模な風車しか持たず、立地条件の悪さと相まって、さしたる効果は得られていない。

2001年平成13年)2月、ISO14001取得。正式部署名は「東京都水道局東村山浄水管理事務所」。同浄水管理事務所は小作浄水場境浄水場玉川浄水場長沢浄水場砧浄水場も統括。

東村山浄水場の設備編集

浄水設備編集

  • 接合井
  • 着水井 
  • 混和池
  • フロック形成池
  • 薬品沈殿池
  • 急速ろ過池
  • 配水池
  • 第二急速ろ過場
  • 配水ポンプ所
  • 薬品処理所
  • 活性炭注入所
  • 洗浄排水池
  • 排水処理施設
  • 原水連絡管

受変電・発電設備編集

  • 受変電所
  • 常用発電設備
  • 水力発電設備
  • 風力発電設備
  • 太陽光発電設備

アクセス編集

関連項目編集

  • 東京都の浄水場
  • 水道道路:受送水管が多いため、周辺に複数の水道道路がある
  • 狭山・境緑道:村山貯水池からの受水管と、境浄水場への送水管
  • 廻田緑道、金山通り[3]:山口貯水池からの受水管
  • 水道緑地[4]東大和市駅付近からの遊歩道):玉川上水からの受水管
  • 国道254号と水道道路交差点(新座市)で交差する一般道:朝霞浄水場との原水連絡管
  • 美住緑道、新青梅街道:正門前から都心方面への送水管

参考資料編集

  1. ^ 他は、朝霞24.8%、金町21.9%、三郷16.0%で、いずれも利根川・荒川水系。浄水施設の紹介水道事業紹介 東京都水道局
  2. ^ 東京水道の歴史 東京都水道歴史館
  3. ^ 水とみどりの散歩道 東村山市
  4. ^ 東大和ウォーキングマップ 野火止用水編 東大和市