松平 直矩(まつだいら なおのり)は、江戸時代前期の大名官位従四位下侍従大和守。直基系越前松平家2代。

 
松平直矩
Matsudaira Naonori.jpg
松平直矩像(孝顕寺蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 寛永19年10月28日1642年12月19日
死没 元禄8年4月25日1695年6月6日
改名 藤松丸(幼名)、直規(初名)、直矩
戒名 天祐院殿鐵船道駕大居士
墓所 福島県白河市円明寺の白河藩大名家墓所
官位 従四位下侍従大和守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱綱吉
播磨姫路藩主、越後村上藩主、播磨姫路藩主(再)、豊後日田藩主、出羽山形藩主、陸奥白河藩
氏族 越前松平家
父母 松平直基、堀氏
松平直政長女駒姫
東園基賢娘丁
村上氏
基知宣富知清本多忠貞
堀田正親正室ら
テンプレートを表示

生涯編集

当時越前国大野藩主であった松平直基の長男として誕生。直基は出羽国山形藩、さらに播磨国姫路藩に国替を命じられるが、姫路の封地に赴く途上で死去した。直矩は慶安元年(1648年8月17日、5歳で家督を相続したが、姫路は幕府にとって西国の抑えとなる要地であったため、幼少の直矩には不適当と判断され、翌慶安2年(1649年6月9日越後国村上藩に国替となる。

成人後の寛文7年(1667年8月19日、転封により姫路に復帰した。

親族の越後高田藩(藩主松平光長とは従兄弟の関係)の御家騒動(越後騒動)に際し、出雲国広瀬藩主・松平近栄と共に一族を代表して騒動の調整を行うが、両名共に不手際を指摘され、直矩は領地を半分以下の7万石に減らされ、閉門の上で天和2年(1682年2月7日豊後国日田藩に国替を命じられた。

4年後の貞享3年(1686年)7月、3万石加増の上で出羽山形藩、さらに6年後の元禄5年(1692年7月27日には5万石加増の上で陸奥国白河藩へ移され、格式の上では従前の15万石に復帰したが、生涯で幾度も国替を重ねた結果、家中は多大な借財を負うことになり、「引越し大名」なるあだ名をつけられた。[1]

元禄8年(1695年)死去、享年54。

逸話編集

土芥寇讎記』には「美小人を愛せらること、この体の事は非とすべからず。聖人にも一失あり、況や凡人をや。その上偏愛の心なしといえば害あるべからず。」と書かれており、「美少年好きではあるがこのようなことは非とは言えない。“聖人ですら一失ある”ものでありましてや凡人(聖人などではない一般人)であるから。それに極端にその道を暴走しているわけでもないので(藩政上)大した問題になることではない」とされている。また、「当時誉の将と世以(て)沙汰す」ともされている。

日記編集

17歳(万治元年(1658年))から54歳(元禄8年(1695年))で死去するまで自身が書き残した『大和守日記』には、藩主の仕事の他、お家騒動鷹狩りや観劇などの記録が書き記されている。

官歴編集

系譜編集

関連書籍編集

映画編集

引っ越し大名!』(2019年公開) - 演:及川光博

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 先代藩主の直基もまた、越前国勝山藩で立藩ののち、越前大野藩、出羽山形藩、播磨姫路藩と転封した引っ越し大名である。ただし直基は加増の上での転封が主である。

外部リンク編集