メインメニューを開く

松本 正志(まつもと しょうじ、1959年4月2日 - )は、兵庫県赤穂郡上郡町出身の元プロ野球選手投手)。1979年から1983年登録名松本 祥志(読み同じ)。

松本 正志
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県赤穂郡上郡町
生年月日 (1959-04-02) 1959年4月2日(60歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1977年 ドラフト1位
初出場 1978年7月5日
最終出場 1984年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

東洋大姫路高校では、1976年に2年生で出場した第48回選抜高等学校野球大会で準決勝進出に貢献し、3年生時の1977年にエースとして臨んだ第59回全国高等学校野球選手権大会では、準々決勝の対豊見城高校戦の3失点以外の3試合を全て完封し決勝戦に進出。決勝では坂本佳一擁する東邦高校をサヨナラ(スコア4対1)で破り全国制覇。このときの控え投手には宮本賢治がいた。

1977年のドラフト1位で阪急ブレーブスに入団。チームの大先輩である梶本隆夫から背番号33(梶本はコーチ就任後も同番号を着けていたが、譲渡後は78番に変更)を譲り受け、1年目から日本シリーズに出場するなどしたが、2年目以降は監督、コーチなど様々な関係者の助言を素直に聞き入れ過ぎたため、自分のスタイルを見失った。以後、本来の調子を取り戻すことなく、期待された活躍が出来ないまま引退した。

引退後は阪急・オリックスで打撃投手、用具係など裏方を務めている[1]

甲子園優勝までの道のり編集

東洋大姫路高入学直後にノーコンではあるが大変なスピードボールを投げる松本の投球を見た当時監督の梅谷馨は、「この子が順調に育てば全国制覇できるかもしれない」と思ったほどの逸材だった。松本が最上級生になった時、チームは全国制覇確実と言われるほど戦力が充実しており、敗戦はもちろん、接戦になることも稀だった。そのため梅谷は、接戦も経験させる必要があるとの考えから、知り合いを練習試合の審判として連れて行き、松本が投げる球は全て「ボール」に、相手投手の投球は全て「ストライク」と判定するよう依頼した上でゲームを行う事もあるほどだった。そうした中で迎えた第49回選抜高等学校野球大会の出場をかけた2年生秋の県大会で、松本が13個の四死球を出して敗戦してしまい、ショックから「野球をやめたい」とチームメートの前で口にしたところ、「それならみんなやめる。お前がいるから全国制覇できると思って頑張っているんや」と言われ、そこから奮起し、翌1977年夏の選手権優勝を果たした[2]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1978 阪急 6 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 59 13.0 13 1 8 0 0 5 0 0 6 6 4.15 1.62
1980 9 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 158 30.2 39 8 26 0 2 20 1 0 30 26 7.63 2.12
1981 10 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 83 17.1 19 2 14 0 0 6 1 0 12 11 5.71 1.90
1982 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 12 3.0 2 0 1 0 0 1 0 0 1 1 3.00 1.00
1983 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 33 6.0 10 3 3 0 3 0 0 0 10 10 15.00 2.17
1984 2 1 1 0 0 0 2 0 -- .000 46 10.1 13 2 2 0 0 3 1 0 8 7 6.10 1.45
通算:6年 32 3 1 0 0 1 3 0 -- .250 391 80.1 96 16 54 0 5 35 3 0 67 61 6.83 1.87

記録編集

  • 初登板:1978年7月5日、対クラウンライターライオンズ後期2回戦(平和台球場)、5回裏より3番手で救援登板、4回1失点
  • 初先発登板:1978年9月3日、対南海ホークス後期10回戦(大阪スタヂアム)、1回1/3を1失点で勝敗つかず
  • 初勝利:1980年6月24日、対南海ホークス前期12回戦(阪急西宮球場)、9回表に3番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初完投:1984年9月24日、対南海ホークス25回戦(大阪スタヂアム)、8回7失点で敗戦投手

背番号編集

  • 33 (1978年 - 1986年)
  • 67 (1987年)
  • 104 (1989年 - 1992年)

登録名編集

  • 松本 正志 (まつもと しょうじ、1978年、1984年 - )
  • 松本 祥志 (まつもと しょうじ、1979年 - 1983年)

脚注編集

  1. ^ 【甲子園剛球列伝】東洋大姫路・松本正志、直球一本で勝負する「江夏二世」 バンビファン泣かせて全国制覇
  2. ^ 参考文献:『甲子園の星たち』(ベースボール・マガジン社)ISBN 978-4-583-61069-6、『高校野球甲子園優勝物語 歴代甲子園優勝校88の物語』(ベースボール・マガジン社ISBN 978-4-583-61408-3

関連項目編集