松本良順

1832-1907, 幕末~明治期の医師(御典医、軍医)、政治家

松本 良順(まつもと りょうじゅん、天保3年6月16日1832年7月13日) - 明治40年(1907年3月12日)は、江戸時代末期(幕末)から明治期の日本医師御典医軍医)、政治家爵位男爵

松本良順

西洋医学所頭取将軍侍医、幕府陸軍軍医、大日本帝国陸軍軍医総監(初代)、貴族院貴族院勅選議員などを務めた。父は佐倉藩藩医順天堂を営む佐藤泰然外務大臣林董は実弟。幼名は佐藤順之助。後に幕医の松本良甫の養子となる。明治4年(1871年)に従五位に叙せられた後、(じゅん)に改名した。は蘭疇、楽痴。

略歴編集

天保3年(1832年)6月16日、江戸麻布東京都港区)に生まれる。嘉永元年(1848年)、佐倉藩で病院兼蘭医学塾「佐倉順天堂」を開設していた父佐藤泰然の元へ行き、助手を勤める。嘉永2年(1849年松本良甫の養子となる。嘉永3年(1850年)長男銈太郎誕生。

安政4年(1857年)閏5月18日、長崎伝習之御用を命じられ、長崎海軍伝習所に赴く。オランダ軍軍医のポンペ医学等の蘭学を学ぶ。文久2年(1862年)閏8月8日、奥詰医師となり、医学所頭取助を兼ねる。文久3年(1863年)12月26日、奥医師に進み、医学所頭取東京大学医学部の前身)となる。医学所をポンペ式の授業に改め、前任者緒方洪庵適塾式の学習に慣れた学生らと対立する。

元治元年(1864年)5月9日、法眼に叙せらる。同年6月1日、奥医師の任を解かれ、寄合医師となる。同年8月15日、奥医師に再任される。将軍侍医などを務め、将軍徳川家茂などの治療を行う。会津藩の下で京都治安維持のために活動していた新選組の局長である近藤勇とも親交があり、隊士の診療も行う。慶応2年(1866年)夏、第2次長州征伐のため、大坂に出陣していた家茂の病状が悪化、常に近侍するように求められ、当人も不眠で治療にあたることでその信頼に応えたが、その甲斐なく7月20日に死去した。

慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、歩兵頭格医師として幕府陸軍軍医、次いで奥羽列藩同盟軍の軍医となり、会津戦争後、仙台にて降伏した。戦後一時投獄されるが、明治2年1869年赦免され、出獄後に東京の早稲田に西洋式病院の蘭疇院設立[1]山縣有朋などの薦めで明治4年(1871年)に兵部省に出仕。

明治6年(1873年大日本帝国陸軍初代軍医総監となる。明治23年(1890年)9月29日、貴族院議員に勅選される[2]。明治35年(1902年)4月1日に退役した[3]。明治38年(1905年)3月2日、男爵の爵位を受ける。

明治40年(1907年)3月12日 大磯の邸宅において心臓病のため死去[4][5]享年75。墓所は神奈川県中郡大磯町妙大寺

栄典編集

位階
勲章等

親族編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 日本大百科全書
  2. ^ 『官報』第2182号、明治23年10月6日。
  3. ^ 『官報』第5645号、明治35年5月2日。
  4. ^ 「大医松本順逝く」明治40年3月13日付萬朝報『新聞集成明治編年史』第十三巻(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)285頁
  6. ^ 『官報』第1003号「叙任及辞令」1886年11月1日。
  7. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  8. ^ 松本銈太郎(まつもとけいたろう)/松本銈谷中・桜木・上野公園路地裏徹底ツアー
  9. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、649頁。

関連文献編集

参考文献編集

  • 著作は口述筆記で『病難除』、『民間諸病療治法』(明治13年に資生堂)、『通俗医療便方』、『民間治療法』(愛生館で多数の版)、『通俗衛生小言』などがある。
  • 『松本順自伝、長與專齋自伝』(小川鼎三酒井シヅ校注、平凡社東洋文庫、1980年、ワイド版2008年)、原題は『蘭疇自伝』
  • 鈴木要吾 『蘭学全盛時代と蘭疇の生涯 伝記・松本順』
    復刻版〈伝記叢書137〉大空社、1994年、元版は東京医事新誌局、1933年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成 下巻』霞会館、1996年。

関連書籍編集

関連項目編集

外部リンク編集


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
松本(順)家初代
1905年 - 1907年
次代:
松本本松