メインメニューを開く

桑島 正美(くわしま まさみ[1]1950年9月14日 - )は、日本の元カーレーサー埼玉県出身。1970年代に国内外のレースで活躍し、「黒い稲妻」の異名をもつ。

桑島正美
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 同・埼玉県熊谷市
生年月日 (1950-09-14) 1950年9月14日(69歳)
F1での経歴
活動時期 1976
所属チーム '76 ウィリアムズ
出走回数 1 (0スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1976年日本GP
最終戦 1976年日本GP
テンプレートを表示

略歴編集

レース活動編集

1969年、不動産業を営む父親の支援を受け、富士フレッシュマンレースにデビュー。黒いヘルメットで黒塗りのフェアレディZ432に乗り、ワークスマシンを食う走りをみせ、トニー・ザイラーの映画にちなんで「黒い稲妻」と呼ばれる。

1970年柳田春人とともに招待選手としてブラジルのレースに出場したことをきっかけに、海外レース挑戦を志望する。1972年イギリスに渡り、プライベートチームを結成。イギリスF3選手権に参戦し、シルバーストンのレースで優勝する。1973年はヨーロッパ各地のF3を転戦。モナコGPの前座F3レースでは一時3位を走行した。

1974年にはヨーロッパF2選手権にステップアップし、パトリック・デパイエハンス=ヨアヒム・スタックジャック・ラフィーらと競い合った(最高4位、年間14位)。この年富士スピードウェイで行われたF1デモンストレーション走行では、ブラバムに乗る機会を得た[2]

1975年半ば、資金難によりヨーロッパでの活動を終え、以後は国内の富士グランチャンピオンレース全日本F2000選手権全日本F2選手権に参戦する。甘いマスクで人気を博し、芸能人との交遊関係もあった。岩城滉一主演映画『爆発! 暴走遊戯[3]』(1976年)への出演やレコード吹込みなど芸能活動も行った。

1976年、日本初開催のF1世界選手権イン・ジャパンへの出場を計画し、ウィンライターの支援を得る。RAMからブラバムのマシンをレンタルしようと交渉し、その後ウィリアムズからスポット参戦することになる[4]。予選初日に走行したが、チームに支払うスポンサーマネーが持ち逃げされるというトラブルにより、予選2日目にシートを失う。ともにヨーロッパで戦った生沢徹風戸裕と同じく、念願のF1デビューは果たせなかった[5]

1979年覚醒剤取引きに関与したとして摘発され、競技ライセンス3年停止処分を受け、レース界から去った。事件の真相については、芸能界に顔が利くので知り合いから覚醒剤の売りさばき先を見つけてくれと依頼され、会社経営者を紹介して見本を渡した[6]。自分は仲介役だけだったが、有名人だったので大きな事件にされてしまった[6]、と後に話している。

引退後編集

元トヨタワークスの大坪善男やビクトリーサークルクラブ (VICIC) の本田耕介らが桑島のレース界復帰を後援しようとしたが[7]、桑島自身が覚醒剤中毒になって療養施設へ入院したり、タクシー運転手への暴力沙汰を起こすなど、私生活のトラブルにより実現しなかった[7]。その後は家庭を持って更生し、調理師の免許を取ったり、いくつかの事業に関わったりした。

2012年6月、大磯ロングビーチ駐車場にて行われた「第47回SHCC大磯ミーティング」にゲストとして招かれ、クラシック・チーム・ロータス・ジャパンが所有するロータス・78をドライブした[8]。レーシングカーに乗るのは33年ぶり、F1マシンに触れるのは1976年以来という久々の走行となった。また、同年11月のJAFグランプリ 富士スプリントカップで行われたレジェンドカップに参加した。

F1での年度別成績編集

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1976年 ウィリアムズウルフ FW05 BRA RSA USW ESP BEL MON SWE FRA GBR GER AUT NED ITA CAN USA JPN
DNS
NC 0

(key)

脚注編集

  1. ^ JAF 国内競技検索 ドライバー詳細(カテゴリ別) - 2011年10月13日閲覧
  2. ^ 原富治雄 ヘルメットに描いた挑戦の証 STINGER blog(2012年8月11日)2012年12月5日閲覧。
  3. ^ 爆発! 暴走遊戯(Movie Walker)
  4. ^ F3時代の1973年にもウィリアムズからテスト参加を誘われたが、この時はウィリアムズの窮状を知る知人からの助言で断った。
  5. ^ F1では予選通過・決勝出走しなければデビュー扱いされない。
  6. ^ a b 井出耕也 『むかし、狼が走った サーキットの青春群像60's〜70's』、双葉社、2000年、230-231頁。
  7. ^ a b 「ノスタルジックピープル第7回 桑島正美 PART2」『ノスタルジックヒーロー 2002年4月号』 芸文社、2002年、108頁。
  8. ^ 第47回SHCC大磯ミーティング 3rd JUN.2012 - CLASSIC TEAM LOTUS(2012年7月2日閲覧)

外部リンク編集