メインメニューを開く

橋本 幸治(はしもと こうじ、1936年1月21日 - 2005年1月9日)は日本映画プロデューサー、元映画監督東宝映画常務取締役栃木県足利市出身。

はしもと こうじ
橋本 幸治
生年月日 (1936-01-21) 1936年1月21日
没年月日 (2005-01-09) 2005年1月9日(68歳没)
出生地 日本の旗 日本栃木県足利市
職業 映画監督映画プロデューサー
ジャンル 特撮映画
活動期間 1960年 - 1998年
事務所 東宝映画
テンプレートを表示

目次

概要編集

1960年早稲田大学第一文学部ロシア学科を卒業後、東宝撮影所に入社。1961年より製作部演出課の助監督として「ゴジラシリーズ」、「社長シリーズ」などさまざまな作品で活躍する。1983年に、『さよならジュピター』にて監督デビューを果たすが、評判は芳しいものではなかった[要出典]

その後、映画監督を辞めて東宝映画製作部に勤務、プロデューサーとなり、後には常務取締役となった。

2005年1月9日に登山中に倒れ、同日心臓疾患で死去。68歳没。

代表作編集

出演編集

出典・参考文献編集

  • 『日本映画人名事典・監督篇』キネマ旬報社、1997年。ISBN 4873762081

外部リンク編集