メインメニューを開く

歩兵第141連隊(ほへいだい141れんたい、歩兵第百四十一聯隊)は、大日本帝国陸軍歩兵連隊の一つ。太平洋戦争初期のフィリピンの戦いに従軍した後、ニューブリテン島に転進して終戦を迎えた。

歩兵第141連隊
創設 1941年
廃止 1945年
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 歩兵
編成地 福山
通称号/略称 夏9853
補充担任 丸亀
上級単位 第65旅団
最終位置 ニューブリテン島 ラバウル
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

沿革編集

太平洋戦争が迫った1941年(昭和16年)8月初旬、新設の第65旅団の隷下部隊とするため、旅団司令部とともに編成が着手された。広島県福山市西郊の西部63部隊に、広島県、香川県、高知県の各県より予備役を追加召集した。また、同年8月10日、福山連隊区歩兵第41連隊補充隊から昭和13年、14年、15年徴兵の現役兵が転属し、歩兵第141連隊の基幹人員となった。同年9月10日、初代部隊長の今井武夫大佐と浮田幸雄少尉宮城に参拝し、軍旗を親授された。 

昭和16年11月8日、歩兵第141連隊は、歩兵第122連隊(編成地:松山市)と歩兵第142連隊(編成地:松江市)の3個歩兵連隊のほかは司令部・工兵隊・通信隊・野戦病院しかない軽装備部隊にて第65旅団に従属した。将兵7300名。

昭和16年11月13日 福山屯営所出発

昭和16年11月14日 広島県宇品港より諏訪丸、主基丸にて出航

昭和16年11月15日 門司港にて、第14方面軍隷下に入る。

昭和16年11月19日 台湾基隆港に上陸

昭和16年12月8日 (宣戦布告) 

昭和16年12月30日 台湾高雄港から出航

昭和17年元旦 比島リンガエン湾サンファビアン北方テンプラ海岸付近に上陸

昭和17年1月2日 ロザレスに到着

昭和17年1月3日 タルラックに夜到着2泊

昭和17年1月5日 ポーラクに到着

昭和17年1月8日 デルナビアンに到着  先行していた48師団と戦線交代

フィリピンの戦いにおけるバターン半島攻略戦でマッカーサー指揮の米比軍十余万との激戦に投入されたが、砲兵火力の不足などのため苦戦する。

第1次バターン攻略戦(1月9日~2月8日)

昭和17年1月9日、第65旅団(第16師団歩兵第9連隊を臨時に配属)はバターン半島入り口のナチブ山周辺の米比軍防衛線へ攻撃を開始した。

だが米比軍のバターン半島陣地は、米比軍がオレンジ計画に基づいて構築していた、ナチブ山周辺の第一線、激戦地となったサマット山を含めバガックからピラーに至る第二線、マリベレス山周辺の第三線と巧妙な陣営配置を控えており、アメリカ軍フィリピン師団による有効な反撃により、第65旅団には死傷者が続出した。

昭和17年1月26日までに米比軍を最も強化された防衛線第二線へ後退させたが、ここに攻めかかった第65旅団は兵力の3分の2を失い、幹部も多数が戦死した。

昭和17年2月8日に本間中将は攻撃停止を指示し、日本軍の攻勢は中断に至った。

バターン半島攻略のため、中支から第4師団(大阪)と永野支隊、香港から香港攻略戦を終えた第一砲兵隊がバターン半島へ集結し、航空部隊は飛行第60、第62、第16戦隊が増強された。

第2次バターン攻略戦(3月24日~4月10日)

昭和17年3月24日以降、日本軍の攻撃機は連日爆撃を行った。

昭和17年4月3日より地上部隊による第二2次総攻撃が開始された。第一砲兵隊の重砲群がサマット山麓の米比軍陣地に砲撃を加え、前進を開始した第4師団と第65旅団は初日から予定よりも長い距離を突破した。

ここまで米比軍の防御の中核を担ってきたフィリピン師団も、長きにわたった戦いの中で反撃の余力は尽き、日本軍は第二線、第三線の防御線を相次いで突破し前進した。バターン半島で多数の犠牲者を出しナチブ山、サマット山を攻略した。 

昭和17年4月9日、バターン半島総司令官のエドワード・キング少将が降伏を申し入れ、残余の部隊も11日までに大半が降伏した。捕虜は日本軍が推定していた人数の2倍の7万人以上に上った。

昭和17年4月10日米比軍遂に降伏、右戦功で歩兵第141連隊は賞詞を受ける。

ルソン島平定作戦後、第65旅団司令部、歩兵第141連隊は第8方面軍指揮下に入り、12月3日ラバウルに進出する。

昭和18年5月 第65旅団主力がニューブリテン島に転進する際、歩兵第141連隊は、隷下3個連隊で唯一旅団主力に加わり、ニューブリテン島ツルブに進出し守備隊となる。

歩兵第141連隊は、昭和18年10月12日から始まったニューブリテン島の戦いに従事し、周辺の制海権を失ってほぼ自給自足を強いられることになったが、昭和20年8月15日の日本の降伏まで戦いが続いた。

歴代連隊長編集

関連文献編集

  • 夏友会『夏部隊の足跡―バターン・ラバウル』夏友会事務局、1981年。
  • NHK戦争証言プロジェクト『証言記録 兵士たちの戦争(7)』日本放送出版協会、2012年。ISBN 978-4-14-081348-5
  • Louis Morton 『The Fall of the Philippines』Center of Military History United State Army Washinton,D.C, 1993

関連項目編集