メインメニューを開く

残菊物語』(ざんぎくものがたり)は、村松梢風による日本の短編小説[1]、および同作を原作とする新派の戯曲、日本の映画、日本のテレビ映画である。

1937年(昭和12年)9月、「サンデー毎日」増刊号に掲載され、翌年に同題の小説集が刊行された[1]。1937年10月には、巌谷慎一の脚本により新派劇となり、明治座で上演されている[1]。さらに1939年(昭和14年)に溝口健二監督、1956年(昭和31年)に島耕二監督、1963年(昭和38年)に大庭秀雄監督が映画化[1]、1967年(昭和42年)には塚田圭一テレビ映画化している。

目次

あらすじ編集

歌舞伎役者・二代目尾上菊之助の悲恋の物語。身分違いの恋を全うして芸の道に励み、妻は悲しい結末を迎えるが、菊之助は素直で誠実で情愛のこもった人物として描かれている。

映画編集

1939年版編集

殘菊物語
The Story of the Last Chrysanthemums
監督 溝口健二
脚本 依田義賢
構成 川口松太郎
原作 村松梢風
製作総指揮 総監督 白井信太郎
出演者 花柳章太郎
森赫子
音楽 深井史郎
撮影 三木滋人
藤洋三
編集 河東與志
製作会社 松竹京都撮影所
配給   松竹
公開   1939年10月10日
上映時間 146分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

殘菊物語』は、溝口作品の中でも評価されている戦前の映画であり、1939年のキネマ旬報邦画ベスト・テン第2位に入賞した。溝口の監督作品の『芸道三部作』の一つとして知られている(ただし、他の『浪花女』、『芸道一代男』は現存しない)。本作は、溝口作品の中で、ほぼ全てが現存する数少ない戦前作品となった(146分中143分現存)。

映像と音声をデジタル修復した版が制作されており、2015年カンヌ映画祭でプレミア上映されて好評を博した。ブルーレイでも発売されている。

配役

1956年版編集

残菊物語
 
『残菊物語』 1956年
監督 島耕二
脚本 依田義賢
原作 村松梢風
製作 永田雅一
出演者 長谷川一夫
淡島千景
音楽 大森盛太郎
撮影 長井信一
編集 西田重雄
製作会社 大映京都撮影所
配給   大映
公開   1956年4月23日
上映時間 112分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示
配役

1963年版編集

残菊物語
監督 大庭秀雄
脚本 依田義賢
原作 村松梢風
製作 白井昌夫
桑田良太郎
出演者 市川猿之助
岡田茉莉子
音楽 黛敏郎
撮影 厚田雄春
編集 相良久
製作会社 松竹京都撮影所
配給   松竹
公開   1963年10月17日
上映時間 105分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示
配役

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 残菊物語 コトバンク

外部リンク編集