黒川弥太郎

1910-1984俳優。

黒川 弥太郎(くろかわ やたろう、1910年明治43年)11月15日 - 1984年昭和59年)6月23日)は、神奈川県横浜市磯子区中原町出身の俳優。本名は黒川 清隆(くろかわ きよたか)。身長は164㎝。

くろかわ やたろう
黒川 弥太郎
本名 黒川 清隆
生年月日 (1910-11-15) 1910年11月15日
没年月日 (1984-06-23) 1984年6月23日(73歳没)
出生地 神奈川県横浜市磯子区中原町
死没地 東京都千代田区神田和泉町
国籍 日本の旗 日本
身長 164
職業 俳優
ジャンル 映画テレビ舞台
活動期間 1933年 - 1984年
配偶者 黒川種子(妻)
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1933年(昭和8年)、新国劇に入る。芸名は子母沢寛原作の『弥太郎笠』より長谷川伸が名付けた。

1935年(昭和10年)、片岡千恵蔵に代わる主演スターを探していた文藝春秋鈴木氏亨によりスカウトされ日活京都撮影所に入る。以後時代劇スターとして活躍。1937年(昭和12年)には東宝に移籍しここでも主演。

その後召集され、陸軍軍曹となる。

戦後は新東宝設立の中心人物のひとりとなる。1952年(昭和27年)に大映へ、1959年(昭和34年)には東映へ移籍し、時代劇の主演・準主演で活躍。1960年代半ば(昭和40年代)からはテレビ時代劇への出演が多くなる。

元妻は元タカラジェンヌ宝塚歌劇団22期生玉藻刈子

1984年(昭和59年)4月23日に浅草公会堂で新国劇「極付国定忠治 一本刀土俵入り」の稽古中に倒れ三井記念病院に運ばれ脳内出血と診断され入院するも、同年6月23日午前8時35分に帰らぬ人となった。73歳没[1]

主な出演作品編集

映画編集

 
忠臣蔵』で上使多門伝八郎を演じた黒川(右、左は浅野内匠頭の市川雷蔵

テレビドラマ編集

関連書籍編集

  • 『日本映画興亡史II 日活時代劇』(石割平 編著、円尾敏郎/横山幸則 編、ワイズ出版

出典編集

  1. ^ 「「闇の弥太ッペ」、「丹下左膳」 黒川弥太郎さん死去」 読売新聞1984年6月24日朝刊23面

外部リンク編集