瓜生繁子

永井繁子から転送)

瓜生 繁子(うりゅう[注釈 1] しげこ、文久2年3月20日1862年4月18日) - 昭和3年(1928年11月3日)は、日本教育者瓜生外吉男爵夫人。旧姓永井[1]

瓜生繁子男爵夫人

益田孝の実妹。幕府軍医永井久太郎(玄栄)の養女[1]

略歴編集

文久2年3月20日(1862年4月18日)、佐渡奉行属役・益田孝義の四女として江戸本郷猿飴横町(現・東京都文京区本郷)に生まれる。明治4年(1871年)11月、新政府の第一回海外女子留学生として渡米、ヴァッサー大学音楽学校に入学。10年間をアメリカで過ごす。

明治14年(1881年)秋に帰国し、まもなく日本人初のピアノ演奏会を開催した。音楽取調掛助教としてピアノと唱歌の楽曲分析を担当し、自らもヴァッサー大学で用いたカール・ウルバッハ著『プライス・ピアノ教則本』(ウルバヒ教則本)[注釈 2]の英語版[注釈 3]をピアノの教本として導入した[3][4]。明治15年(1882年)、瓜生外吉と結婚。明治19年(1886年)、女子高等師範学校東京音楽学校教員。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 旧仮名遣いで「うりう」とも
  2. ^ Urbach, Karl (1877). Preis-Klavierschule für den ersten Unterricht. Leipzig: Siegismund & Volkening.[2]
  3. ^ Urbach, Karl. Prize Piano School. New York: Edward Schuberth.

出典編集

  1. ^ a b コトバンク. 瓜生 繁子.
  2. ^ Musikalisch-literarischer Monatsbericht. Leipzig: Friedrich Hofmeister. (1877). p. 328. http://anno.onb.ac.at/cgi-content/anno-buch?apm=0&aid=1000001&bd=0001877&teil=0203&seite=00000328&zoom=1 2021年2月10日閲覧. "Urban [sic], Karl, Preis-Klavierschule f. den ersten Unterricht. Leipzig, Siegismund & Volkening Mk 3 n." 
  3. ^ 辻, 鹿戸 & 田中 2017, p. 30.
  4. ^ 前間 & 岩野 2001, pp. 17-19, 鹿鳴館の花.

参考文献編集

  • 瓜生 繁子”. コトバンク. 20世紀日本人名事典. 2021年2月10日閲覧。
  • 辻浩美、鹿戸一範、田中麻衣「ピアノ初学者のための使用テキストの実態と傾向 : 全国の幼稚園教諭・保育士養成校のシラバスに基づいて」『研究紀要』第15号、小池学園、2017年、 29-39頁、 doi:10.20782/00000225NAID 40021210156
  • 前間孝則岩野裕一「第1章 文明開化期のピアノ」『日本のピアノ100年 : ピアノづくりに賭けた人々』草思社、2001年、15-33頁。

関連項目編集