汎アラブ色(はんアラブしょく)とは、アラブ諸国国旗に用いられる配色の名称である。イスラム・アラブ色とも言われる。

アラブ反乱旗
アラブ解放旗
汎アラブ色を使用する国・地域

フサイン・イブン・アリーアラブ反乱で用いたアラブ反乱旗に起源を持つとされ、そしてを基調とするのが普通である。赤は聖戦によって流された尊い血と犠牲を、緑は豊かな国土を、白は清浄な生活を、黒は過去の圧政や戦争を表す。17世紀にバクダットで活躍した詩人がそれぞれの人にたとえた詩に基づいているという説もある[1]

赤・白・黒の国旗を採用しているのはエジプトおよびイエメンである。これに緑を加えた国旗は、アラブ首長国連邦イラククウェートシリアスーダンソマリランド西サハラパレスチナヨルダンリビアで使われている。

汎アラブ色のそれぞれの色は、歴代のアラブ系指導者やムスリム政権を表すとされる。黒は預言者ムハンマドの色であり、白はウマイヤ朝においてバドルの戦いを思い出させるためのシンボル色とされた。緑はファーティマ朝においてアリー・イブン・アビー=ターリブを支持することを示す色とされ、赤はハワーリジュ派の旗となり、後には北アフリカマグリブ)やイベリア半島アル=アンダルス)の政権の色となった。

汎アラブ色を国旗に用いないアラブ諸国も、これらの色のうちのいくつかを使う。例えばアルジェリアレバノンは緑・白・赤を使う(黒は使わない)。

現在使用されている国旗編集

主権国家編集

国際社会から広く承認を得られていない地域の旗編集

現在使用されていないもの編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 吹浦忠正『世界の国旗図鑑』主婦の友社、2020年。

関連項目編集