メインメニューを開く

江角 浩司(えずみ こうじ、1978年12月18日 - )は、島根県出雲市斐川町出身の元プロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー

江角 浩司 Football pictogram.svg
名前
愛称 エズミ
カタカナ エズミ コウジ
ラテン文字 EZUMI Koji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-12-18) 1978年12月18日(40歳)
出身地 島根県出雲市斐川町
身長 191cm
体重 84kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2005 大分トリニータ 10 (0)
2006-2014 大宮アルディージャ 117 (0)
2015-2016 カターレ富山 23 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

大学卒業後の2002年大分トリニータに入団。暫くは岡中勇人高嵜理貴の控えに甘んじていたが、2005年には負傷離脱した岡中に代わって8試合に出場して好パフォーマンスを見せる。

しかし、後半戦になると当時ルーキーの西川周作が起用されるようになってレギュラー確保には至らず2006年大宮アルディージャに移籍。2007年の途中から荒谷弘樹に代わりレギュラーの座を射止めた。2008年シーズンは不動の守護神として自身初の全試合出場を果たした。しかし、2010年以降は北野貴之の加入により控えに回った。

2012年6月16日柏レイソル戦で北野の故障(つき指)によって実に2年半ぶりのリーグ戦出場を果たし、同時にJ1通算100試合出場も達成した。その後は、解任された鈴木淳監督に変わって就任したズデンコ・ベルデニック監督によって中盤戦にかけて暫くの間起用され続けていたが、怪我もあり終盤戦は再び北野に定位置を明け渡した。

2014年5月6日、FC東京戦でゴール前からのキックをそのまま長谷川悠が流し込んだことによりアシストを記録。J1におけるゴールキーパーのアシストは16人目(25度目)だが、ただし決勝点としては楢崎正剛キム・ジンヒョンに次ぐ3人目で、アディショナルタイムでの決勝点は江角が初となるものだった[1]

2014年12月12日、大宮アルディージャとの契約満了が発表された[2]

2015年、カターレ富山へ完全移籍[3]。次第に永井堅梧にレギュラーを奪われるようになり、2016年シーズンをもって現役を引退[4]

エピソード編集

  • 元女優の江角マキコとは遠戚にあたり[5]、誕生日が同じ共通点もある。

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2002 大分 29 J2 0 0 - 1 0 1 0
2003 J1 2 0 2 0 0 0 4 0
2004 28 0 0 0 0 0 0 0 0
2005 29 8 0 4 0 0 0 12 0
2006 大宮 21 3 0 1 0 0 0 4 0
2007 18 0 3 0 0 0 21 0
2008 34 0 3 0 2 0 39 0
2009 34 0 1 0 2 0 37 0
2010 0 0 2 0 1 0 3 0
2011 0 0 2 0 0 0 2 0
2012 11 0 3 0 0 0 14 0
2013 5 0 2 0 0 0 7 0
2014 12 0 3 0 0 0 15 0
2015 富山 J3 20 0 - - 20 0
2016 3 0 - 0 0 3 0
通算 日本 J1 127 0 26 0 5 0 158 0
日本 J2 0 0 - 1 0 1 0
日本 J3 23 0 - 0 0 23 0
総通算 150 0 26 0 6 0 182 0

指導者経歴編集

関連項目編集

出典編集