メインメニューを開く

沖縄かりゆしFC(おきなわかりゆしフットボールクラブ)は、沖縄県那覇市を本拠地として2010年1月まで活動していたサッカーのクラブチームである。

沖縄かりゆしFC
原語表記 沖縄かりゆしフットボールクラブ
呼称 沖縄かりゆしFC
愛称 かりゆし
クラブカラー オレンジ
創設年 1999年
解散年 2010年
所属リーグ 九州サッカーリーグ(解散当時)
ホームタウン 沖縄県那覇市
運営法人 株式会社沖縄かりゆしフットボールクラブ
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要編集

1999年6月、沖縄県最大のホテルグループである「かりゆしホテルグループ」がスポンサーとなってかりゆしホテルズFCとして発足[1]。その年の天皇杯沖縄県予選会を兼ねた「沖縄タイムス杯県サッカー選手権」で準優勝する健闘を見せる。その後も「沖縄テレビ杯県社会人リーグ戦」も3部(東部ブロック)→2部→1部とステップアップし優勝を飾る。

チームが本格的にJリーグ参戦を目指すようになったのは、県社会人リーグ1部を制した2001年。同年3月に「株式会社沖縄かりゆしフットボールクラブ」としてクラブの法人組織化を行い、沖縄かりゆしFCに改称[2]。元ヴェルディ川崎ラモス瑠偉を選手兼テクニカルディレクターとして招聘し、サテライト(2軍)組織「かりゆしサウシーシャ」(県社会人リーグ所属)、ユース組織も確立した。同年には、第81回天皇杯に沖縄県代表として初出場を果たし、同年から3年連続で天皇杯沖縄県代表となる。

2002年には九州サッカーリーグで優勝し、JFL昇格がかかった地域リーグ決勝大会に駒を進めるが、惜しくも予選ラウンドで敗退。同年10月にラモスがTDを解任され[3]、12月には所属選手22人中21人が退団の意思を表明した[4]。その後、退団した選手やラモスが中心となって新クラブFC琉球を結成した[5]

2003年は、加藤久がGM兼監督に就任し[6]、多数の新規加入選手を迎えた。同年は九州リーグを連覇し、天皇杯の1回戦ではJ2のサガン鳥栖を破った[7]2004年5月にかりゆしが同シーズン限りでスポンサードを打ち切る意向を表明し[8][2]、同年9月に加藤監督以下当時の所属選手27人全員が退団することを発表した[9][10]。同年10月に開催された全国社会人サッカー選手権大会ではホンダルミノッソ狭山FCと死闘を展開し、0-0の同点で終了(延長戦が台風のため行われなかった)という結果だったが、優勝を飾った[11]。トップチームの選手に続き2004年末に下部組織の選手113人も全員が退団し、加藤が代表となって「ヴィクサーレ沖縄」を設立した[12]

2005年にはサテライト組織「かりゆしサウシーシャ」所属選手を中心としたチーム再編を推し進め、九州リーグに引き続き参加することとなった。

2007年には、第87回天皇杯出場権を2003年以来、4年ぶりに獲得。JFL所属のFC琉球や、九州リーグ所属の沖縄海邦銀行などの競合相手がいるにもかかわらず、同年から3年連続で本大会出場権を確保している。しかし、この年のシーズン終了後、事実上のプロ選手に支払われた給料の支払いを行わず、アウェー(九州の他7県での遠征)費用などを負担する方針を固めた。チームの運営費用の負担が年々増大していることからチーム存続のための経費削減策で、「少なくとも2010年までの3年計画で負債を返済し、九州リーグに生き残ることだけを考えて取り組む」という姿勢を打ちだした[13]

その再建3年計画の初年となった2008年には、5シーズンぶりとなる九州リーグ優勝を果たし、地域リーグ決勝大会を果たすが、第1ラウンド3戦目でホンダロック(同年は九州サッカーリーグで3位、全国社会人サッカー選手権大会で上位に入ることで同大会出場権を獲得)に敗れる。これでチームは第1ラウンド最下位となり敗退、相手のホンダロックはこの勝利によって同リーグ1位となり、最終的に2009年JFL昇格という対照的な結果に終わった。

2009年には、2002、2003年シーズン以来となる九州サッカーリーグ連覇を果たし、2年連続で地域リーグ決勝大会に進出することとなったものの、2年連続で予選リーグを敗退し、JFL昇格を逃した。その直後の2009年12月10日、2010年1月末でクラブを解散することを発表[14]。理由について、與那嶺茂社長は、選手給与や遠征費などの運営費が年間約5000〜6000万円掛かることを挙げ、「運営費をつくれないのが一番の大きな理由。創部11年で苦渋の決断」としており、Jリーグ参戦の前に、JFL昇格を果たせないばかりか、チーム再建3カ年計画の最終年を待たずして、チームは事実上の休部となった。クラブは存続を前提として県内外の企業と受け入れ先の交渉を進めたが、所定期間内に受け皿となる企業が見つからなかった場合は九州リーグへの復帰ができない可能性も示唆されていた。[15] 所属者の一部は、以前にかりゆしから分離・独立したFC琉球に移籍した。

チーム名の由来編集

「かりゆし」とは、沖縄県の言葉で、「幸せ」や「縁起の良いこと」を意味する言葉。「(沖縄)県民の夢と希望、そして活力を与えるチーム作りを目指そう」と言う意図で、付けられた。

チーム成績・歴代監督編集

年度 所属 順位 勝点 試合 PK勝 PK敗 得点 失点 天皇杯 監督
2000 沖縄県3部東 優勝 - 0 - 0 瀧田一之
2001 沖縄県1部 優勝 27 9 9 - 0 - 0 1回戦
2002 九州 優勝 53 18 17 1 - 0 0 79 14 65 1回戦
2003 優勝 54 22 16 2 - 2 2 73 14 59 2回戦 加藤久
2004 2位 44 18 14 1 - 0 3 54 15 39
2005 8位 13 18 3 1 - 2 12 18 48 -30 與那嶺茂
2006 5位 27 16 9 0 - 0 7 36 33 3
2007 6位 32 20 9 2 - 1 8 44 40 4 3回戦 仲本洋
2008 優勝 47 18 15 1 - 0 2 56 16 40 3回戦
2009 優勝 42 16 12 3 - 0 1 54 16 38 2回戦
( )内の数字はPK戦での勝敗数

ユニフォーム編集

チームカラーはオレンジとマリンブルー。沖縄の太陽と海をイメージしている[16]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) オレンジ オレンジ オレンジ
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
GK 2nd

所属選手編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ラモス、県内チーム入り/かりゆしFC - ウェイバックマシン(2001年8月31日アーカイブ分) 琉球新報ニュース (2000年7月3日)
  2. ^ a b <かりゆしFC>かりゆしがスポンサー撤退へ - ウェイバックマシン(2004年6月29日アーカイブ分) 琉球新報 (2004年5月14日)
  3. ^ アーカイブ 2003年5月8日 - ウェイバックマシン  琉球新報 (2002年10月26日)
  4. ^ 沖縄かりゆしFC、21選手が退団表明 - ウェイバックマシン(2003年6月5日アーカイブ分) 琉球新報 (2002年12月2日)
  5. ^ 「かりゆし」退団選手ら「FC琉球」結成へ/サッカー - ウェイバックマシン(2004年6月5日アーカイブ分) 琉球新報 (2003年1月23日)
  6. ^ 沖縄かりゆしFC、加藤新監督が就任会見/「まずは選手集め」 - ウェイバックマシン(2003年7月3日アーカイブ分) 琉球新報 (2002年12月19日)
  7. ^ <天皇杯サッカー>かりゆし、J2鳥栖を撃破 - ウェイバックマシン(2004年6月25日アーカイブ分) (2003年12月1日)
  8. ^ 沖縄かりゆしメーンスポンサー撤退 - ウェイバックマシン(2004年6月3日アーカイブ分) nikkansports.com (2004年5月14日)
  9. ^ 沖縄かりゆし、監督と全27選手退団 - ウェイバックマシン(2004年12月30日アーカイブ分) nikkansports.com (2004年9月10日)
  10. ^ 沖縄かりゆしFC全選手が今季で退団 加藤監督も辞任 - ウェイバックマシン(2004年12月4日アーカイブ分) 琉球新報 (2004年9月10日)
  11. ^ かりゆしが有終の美/全国社会人サッカー - ウェイバックマシン(2004年12月13日アーカイブ分) 日刊スポーツ九州 (2004年10月21日)
  12. ^ ヴィクサーレ沖縄あす結成 かりゆしFC下部組織 - ウェイバックマシン(2005年1月12日アーカイブ分) 琉球新報 (2004年12月31日)
  13. ^ かりゆしFC 来季の給料打ち切り - ウェイバックマシン(2009年1月1日アーカイブ分) 2007年11月9日・琉球新報
  14. ^ サッカーかりゆしFC、2010年1月末で解散 - ウェイバックマシン(2010年4月20日アーカイブ分) 琉球新報 (2009年12月10日)
  15. ^ かりゆしFC解散「苦しい決断」 来季運営費捻出できず - ウェイバックマシン(2009年12月13日アーカイブ分) 2009年12月12日・琉球新報
  16. ^ チームプロフィール - ウェイバックマシン(2006年4月6日アーカイブ分) 沖縄かりゆしFC