法廷もの

法曹関係者が主要人物として登場するスリラーや犯罪劇のサブジャンル

法廷もの(ほうていもの)は、裁判司法制度などをテーマとした作品の通称。法廷劇とも呼ばれるが、必ずしも法廷が舞台となるわけではないため、リーガル・スリラー(Legal thriller)とも呼ばれる。

概要編集

民事刑事を問わず、裁判所法廷を舞台の中心に据えて展開し、その審理過程を通じて事件の真相や人間ドラマを追う。主人公としては、弁護士検事判事陪審員などが挙げられる。

サスペンス要素が強いリーガル・サスペンスや推理要素の強いリーガル・ミステリー[1]か多い。また司法制度の意義を問うものや詳細な審理の過程を描いたもの[1]、不正により苦しめられる庶民を救う「勧善懲悪もの」など、様々なサブジャンルが存在する。『犯罪捜査官ネイビーファイル』のような軍法会議を取り扱った作品もある。

刑事事件を扱う場合、警察の捜査活動を主題とする「警察もの」とは重複するため、両者が融合した作品もある。

罪と罰』のように犯人や被疑者である主人公が司法に追い詰められる側の作品もある。

関連するジャンルとして近代的な法制度が確立される以前に存在した地域独自の司法制度(町奉行など)を題材とした「歴史ミステリー」がある。日本では「大岡裁き」や『遠山の金さん』など町奉行による勧善懲悪を重視した法廷時代劇「奉行もの(お白洲もの)」がテレビドラマの人気ジャンルとなっている。

アメリカでは弁護士が多く訴訟も頻繁し、陪審制であることから司法への関心が高く、人気のジャンルである。また司法取引での決着も多いことから、これらの駆け引きを描いた作品もある。

現代の日本ではより時代考証を重視した奉行ものや、現代の日本を舞台に弁護士の地道な活動や、法制度の不備など現実的な描写を重視した作品も登場している[1]

中国では代から代にかけて、公案(調書や裁判記録などの公文書)を題材にした話芸や戯曲が人気を呼び、代にはこれをもとにした「公案小説」というジャンルが流行した。また時代には『三侠五義』のような武侠小説の要素を取り込んだ作品も登場した。現代でも包拯が宮中の腐敗を暴く『開封府〜北宋を包む青い天〜』や、包拯の末裔が判事として庶民を助ける『広州殺人事件』ような勧善懲悪ものが人気である。

代表的な作品編集

映画編集

日本国内
日本国外

テレビドラマ編集

日本国内
日本国外

小説編集

日本国内
日本国外

ゲーム編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c リーガルミステリーで新風を巻き起こす弁護士作家・五十嵐律人さんの現在地とこれから《インタビュー》” (日本語). ダ・ヴィンチWeb. 2022年6月9日閲覧。

関連項目編集