メインメニューを開く

ロイヤルパインズホテル浦和(ロイヤルパインズホテルうらわ、: Royal Pines Hotel Urawa)は、埼玉県さいたま市浦和区仲町浦和センチュリーシティにあるシティホテル

ロイヤルパインズホテル浦和
Royal Pines Hotel Urawa
外観(2013年)
外観(2013年)
ホテル概要
正式名称 ロイヤルパインズホテル浦和
運営 株式会社浦和ロイヤルパインズ
所有者 ユナイテッド・アーバン投資法人
階数 地下3階 - 地上20階
部屋数 196室
敷地面積 7,418.83 m²
延床面積 51,071.32 m²
開業 1999年(平成11年)10月7日[1]
(浦和ロイヤルパインズホテル)
最寄駅 浦和駅
最寄IC 浦和南出入口
所在地 〒330-0062
日本の旗 日本
埼玉県さいたま市浦和区仲町二丁目5番1号
位置 北緯35度51分38.7秒 東経139度39分8.9秒 / 北緯35.860750度 東経139.652472度 / 35.860750; 139.652472座標: 北緯35度51分38.7秒 東経139度39分8.9秒 / 北緯35.860750度 東経139.652472度 / 35.860750; 139.652472
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
ホテル1階

目次

概要編集

中山道と市役所通り交差点に面する旧浦和市市庁舎跡地(浦和宿の一部)に、松下興産(2005年特別清算)と浦和市によって建設された浦和センチュリーシティの核テナントである。

1500名を収容できる大宴会場や富士山を望むスカイバンケットなど大小13の宴会場を備え、国際会議にも対応している。高さ97mは旧浦和市の区域では、タワーマンションを除けば最高層の商業建築であり、ホテルとしては開業以来現在まで、北関東地域で最高層である。県内のホテルでは唯一羽田空港へ直結する高速バスが運行されている。

埼玉スタジアム2002における試合の際には国内クラブ及び、サッカー日本代表の定宿となっている。また、2002 FIFAワールドカップやその後のワールドカップ予選で埼玉スタジアムが使用される際は各国のサッカー代表が宿泊している。浦和に本拠地を置く浦和レッドダイヤモンズに協賛しており、関連したイベントなどが多く開催される。[要出典]

運営会社編集

松下興産はそれまで守口妙高パインバレー和歌山マリーナシティ・ロイヤルパインズリゾート(ゴールドコースト)の4ホテルをプリンスホテルへ運営委託していたが、ホテル最後発となる当施設より自社ブランドの「ロイヤルパインズホテル」として直営化した。その後、プリンスホテルとの契約終了により、2003年にかけて松下興産所有のプリンスホテルが「○○ロイヤルパインズホテル」に相次いで改称され、2000年代前半には「ロイヤルパインズホテルチェーン」が形成されていた。

2004年に松下興産の経営再建に乗り出した投資ファンドのエートス・キャピタルにより、2004年に株式会社ロイヤルパインズが設立され、守口・和歌山・浦和のホテル経営権が同社に移り、松下興産の資本を離れることになった。また、浦和センチュリーシティのホテル区分所有権についても証券化されることになった。

その後、2012年に「守口ロイヤルパインズホテル」が東海観光に買収され離脱。2013年10月に和歌山マリーナシティの取得を目的に株式会社黒潮市場(和歌山市)が株式会社ロイヤルパインズを買収することになったため、同年8月31日付で株式会社浦和ロイヤルパインズが設立され移管となった。チェーンが解体されたため、2013年10月以降の広告では「ロイヤルパインズホテル」と称するようになっている。なお、2005年に売却済みの妙高パインバレーは2014年4月まで「パイン」の名称のみ存続していた。

2016年2月に丸紅系のREITユナイテッド・アーバン投資法人がジャパン・リート・アドバイザーズ株式会社を通じて浦和ロイヤルパインズホテルの不動産信託受益権を合同会社ユーアールピーから取得するとともに、ホテルの運営パートナーにソラーレ ホテルズ アンド リゾーツを選定させたことを発表[2]。これに伴い、運営会社の浦和ロイヤルパインズはソラーレの100%子会社となった[3]

歴史編集

  • 1976年昭和51年) - 市役所機能が全面的に移転。更地になり、ホテル建設工事が決まるまで浦和市営中央駐車場となる。
  • 1999年平成11年)10月7日 - 浦和ロイヤルパインズホテルとして開業。
  • 2006年(平成18年)6月24日 - 環境省主催の「第14回アジア太平洋環境会議(エコアジア2006)」が開催[4][5]
  • 2008年(平成20年)8月27日-8月29日 - 国連外務省主催の「第20回国連軍縮会議 in さいたま」が開催[6][7][8][9]
  • 2010年(平成22年)8月25日-27日 - 「第22回国連軍縮会議 in さいたま」が開催[10][11][12][13]
  • 2013年(平成25年)11月12日 - 第64回九都県市首脳会議及び第8回首都圏連合フォーラムが開催[14]
  • 2015年(平成27年)9月28日 - 第1回社内デザートコンクール開催。受賞作品(最優秀賞1作品、優秀賞2作品)を10月23日から11月30日まで販売[1][15]
  • 2016年(平成28年)
    • 2月19日 - ユナイテッド・アーバン投資法人が当ホテルの不動産信託受益権を合同会社ユーアールピーから取得する旨を発表[2]
    • 4月1日 - ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツが運営会社である浦和ロイヤルパインズの株式を取得、同社の子会社となる[3]。ホテル名は変更せず。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 浦和駅羽田空港間を結ぶ高速バスがホテル発着に変更。県内のホテルでは初めて羽田空港に直結することとなった[16][17][18]
  • 2019年(平成31年)1月1日 - ホテル名称をロイヤルパインズホテル浦和に変更[19]

館内施設編集

20階
  • スカイバンケットホール
19階
  • アールピーアール(レストラン)
18階
  • 彩湖(中国料理)
7階 - 18階
  • 客室
6階
5階
  • 四季彩(日本料理)、荒川(天ぷら料理)、赤松(旬彩)
4階
  • ロイヤルクラウン(大宴会場)、ロイヤルプリンセス(中宴会場)
3階
  • うらわ美術館
  • ゴールドルーム(中宴会場)、プラチナルーム(中宴会場)、常盤・高砂(小宴会場)
2階
  • ブライダルサロン、さくらそう・ふじ・こぶし・やまぶき・さつき・つつじ(小宴会場)
1階
  • ミケーラ(ブッフェレストラン)
  • カテリーナ(パーティースペース)
  • ラ・モーラ(ペストリーショップ)
  • 日比谷花壇(フラワーショップ)
  • リエベ(レディースウェア)
  • アビステ(アクセサリーショップ)
地下1階
  • タイグリス
  • 京都きもの天陽
  • Boutique ポロロッカ
  • 美容室 コワフェルド エクセル
  • 読売・日本テレビ文化センター浦和(よみうりカルチャー浦和)
  • ITプレスクール
  • ラダースポーツ
地下2階・地下3階
  • 市営駐車場(286台)

アクセス編集

周辺編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “第1回 社内デザートコンクール受賞作品を販売開始” (PDF) (プレスリリース), 浦和ロイヤルパインズホテル, (2015年10月20日), https://www.royalpines.co.jp/wp/wp-content/uploads/2015/10/151020_01.pdf 2019年8月19日閲覧。 
  2. ^ a b “資産の取得に関するお知らせ(浦和ロイヤルパインズホテル)” (PDF) (プレスリリース), ユナイテッド・アーバン投資法人, (2016年2月19日), オリジナルの2016年3月14日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160314015636/http://www.united-reit.co.jp/site/file/tmp-XTHJN.pdf 2019年8月19日閲覧。 
  3. ^ a b “「浦和ロイヤルパインズホテル」の運営会社株式を4月1日取得” (プレスリリース), ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社, (2016年2月22日), オリジナルの2016年12月19日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20161219123420/http://www.solarehotels.com/corporation/pressrelease/2016/0222.html 2016年5月4日閲覧。 
  4. ^ “アジア太平洋環境会議(エコアジア2006)及びさいたま環境フォーラム2006の開催について” (PDF) (プレスリリース), さいたま市, (2006年2月9日), http://www.city.saitama.jp/006/014/008/005/005/p002383_d/fil/ekoajiakannkyou.pdf 2019年8月19日閲覧。 
  5. ^ “第14回アジア太平洋環境会議(エコアジア2006)の結果について” (プレスリリース), 環境省, (2006年6月25日), http://www.env.go.jp/press/7249.html 2019年8月19日閲覧。 
  6. ^ “「第20回国連軍縮会議 in さいたま」の開催について” (PDF) (プレスリリース), さいたま市, (2008年7月17日), https://www.city.saitama.jp/006/014/008/005/002/p006653_d/fil/kokuren.pdf 2019年8月19日閲覧。 
  7. ^ “第20回国連軍縮会議 in さいたま” (プレスリリース), 国際連合広報センター, (2008年8月26日), https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/2705/ 2019年8月19日閲覧。 
  8. ^ 「第20回国連軍縮会議in さいたま」における柴山政務官冒頭挨拶”. 外務省 (2008年8月27日). 2019年8月19日閲覧。
  9. ^ 第20回国連軍縮会議inさいたま(概要と評価)”. 外務省 (2008年9月). 2019年8月19日閲覧。
  10. ^ “第22回国連軍縮会議inさいたまが開催されます” (PDF) (プレスリリース), さいたま市, (2010年7月22日), https://www.city.saitama.jp/006/003/003/010/004/p011270_d/fil/0722gidai1.pdf 2019年8月19日閲覧。 
  11. ^ 「第22回国連軍縮会議 in さいたま」における武正外務副大臣冒頭挨拶”. 外務省 (2010年8月25日). 2019年8月19日閲覧。
  12. ^ 第22回国連軍縮会議”. さいたま市立浦和高等学校. 2019年8月19日閲覧。
  13. ^ 第22回国連軍縮会議 in さいたま(概要と評価)”. 外務省 (2010年10月). 2019年8月19日閲覧。
  14. ^ 第64回九都県市首脳会議及び第8回首都圏連合フォーラムの開催結果について”. 千葉県総合企画部政策企画課 (2013年11月12日). 2015年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月14日閲覧。
  15. ^ 本物を知り尽くしたホテリエ達が選んだ秋のデザート。コンクール受賞作販売中!」『リビング埼玉Web』(サンケイリビング新聞社)、2015年11月4日。2015年12月14日閲覧。
  16. ^ “埼玉県内初! 4月1日(土)より羽田空港‐ホテル直通リムジンバスが運行開始” (プレスリリース), 浦和ロイヤルパインズホテル, (2017年3月28日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000011841.html 2019年8月19日閲覧。 
  17. ^ “空港連絡バス「浦和・武蔵浦和-羽田空港線」4/1(土)より、浦和ロイヤルパインズホテルに乗り入れ開始” (PDF) (プレスリリース), 国際興業, (2017年3月28日), http://www.kokusaikogyo.co.jp/files/topics/534_ext_01_0.pdf 2019年8月19日閲覧。 
  18. ^ 羽田空港とさいたまのホテル間に直通バス 国際興業などが運行開始」『埼玉新聞』(埼玉新聞社)、2017年4月2日。2019年8月19日閲覧。, オリジナルの2017年4月9日時点によるアーカイブ。
  19. ^ “開業20周年に「ロイヤルパインズホテル浦和」へ” (PDF) (プレスリリース), 浦和ロイヤルパインズホテル, (2018年12月13日), https://www.royalpines.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/12/20181213_01.pdf 2019年8月19日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集