メインメニューを開く

海原はるか・かなた(うなばらはるか・かなた)は、松竹芸能所属の漫才コンビ。師匠は海原お浜・小浜

海原はるか・かなた
Haruka-Kanata IMG 9280 R 20150110.JPG
戎橋南詰戎舞台にて
2015年1月10日、今宮戎神社十日戎
メンバー 海原はるか
海原かなた
結成年 1970年
事務所 松竹芸能
活動時期 1970年 -
師匠 海原お浜・小浜
出身 明蝶学院
出会い 明蝶学院
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2000年 上方漫才大賞奨励賞
テンプレートを表示

メンバー編集

海原はるか
本名:和泉秀一、 (1948-05-06) 1948年5月6日(71歳) 熊本県熊本市出身 (立ち位置:右)基本的にボケ担当。
海原かなた
本名:西尾伊三男、 (1947-11-12) 1947年11月12日(71歳) 奈良県天理市出身 (立ち位置:左)基本的にツッコミ担当。

デビュー編集

1968年昭和43年)ともに役者志望で来阪し、松竹新喜劇俳優曽我廼家明蝶の開設の俳優養成所「明蝶芸術学院」の役者科に4期生として入る[1]、。

1970年はるかは先輩から「まじめに漫才やっていたらいずれ芝居の仕事も来る」と言われ、卒業後、漫才の道に。海原お浜・小浜の門下となり同じ一門の兄弟弟子組む予定であったが 頓挫。かなたは歌手志望で上京したこともあったが芸界を離れトラックの運転手をしていたが、数ヵ月後はるかに手紙で誘われ同じく海原お浜・小浜の門下になる。同年8月11日大阪梅田トップホットシアターで初舞台。

略歴と芸風編集

  • 若い頃(1970年代初頭)は、中田カウス・ボタンを筆頭とする『アイドル漫才師』のはしりの内の一組であり、若者の風俗とスピード感溢れるしゃべくりを駆使し、次代の上方漫才の牽引コンビと目されながら数々の賞レースでは次席という、苦渋を舐め続けてしまう。その後、芸風が壮年になるにつれ、とちりの多さ、テンポや滑舌の悪さが目立ち出し、中堅扱いのままくすぶり続けた。なお、若手時代はケーエープロダクションに所属しており、きょうだい弟子に海原千里・万里[2]がいた。のちに松竹芸能に移籍。
  • 2000年平成12年)頃、ネタの最中にひょんな事からはるかが実はハゲだった事が発覚、観客はもとより相方かなたまで爆笑してしまった。しかしこれがきっかけで人気は急上昇、世間的な知名度も上がっていった。
    はるかの1・9分けとも言える髪の毛(片側の生え際の髪を長く伸ばしてハゲの部分を覆っている)に向かって、かなたが「フッ」と息を吹きかけると見事に髪がめくれて地肌が露出し、はるかが連獅子のごとく首を回すように振るとそれが元に戻る、という一連の流れを特徴とする。この髪の毛を飛ばす吹き方は高度な熟練技であるらしく、上手くピンポイントで吹きかけないと髪の毛が飛ばない。かなたは「初めての人がこれをやると上手くいったためしがない。でも私はこれを長年の経験からでやっている」という。加えて、はるかの残っている髪の毛に軽くパーマを当てるなど、細かい下準備にも抜かりがない。
  • かなたが鞭代わりのスリッパで馬役のはるかを叩きまくる競馬ネタや、はるかが自慢の喉を披露する歌謡ネタなども持ち芸。
  • よゐこヤングタウンで、有野晋哉が浪花座で見たメチャクチャおもろい芸人として紹介し、仲間内にも宣伝して回ったところ、めちゃイケ総監督の片岡飛鳥も同調し、同番組の笑わず嫌い王決定戦に起用された結果、全国区になった。よゐこのお陰で売れたことに恩義を感じ、それ以来はるかかなたの2人は、息子のような歳のよゐこの2人を師匠と呼ぶが、これはあくまでも演出上(ネタ)でのことである。
  • 両者ともに元々役者志望だったため現在でも度々Vシネマや映画にも出演している。かなたは日活等の古い映画の知識が豊富。
  • 2006年大晦日の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!・絶対に笑ってはいけない警察24時」では、はるかのみがヘリで登場。罰を受ける3人から笑いを取った。これに先がけて撮影された松本人志初監督作品「大日本人」にも、序盤の重要な役どころで出演した。
  • 2010年10月24日 芸能生活40周年記念「海原はるか・かなたのピンポンダッシュ!」を大丸心斎橋劇場で開催した。
  • はるかは、俳優の田山涼成に似ている(ただし、はるかの方が3歳年長)と言われる事が多く、2011年6月23日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ)のコーナーの『グルメチキンレース・ゴチになります!』にレギュラーである田山の代理として出演した[3]
  • 2015年9月に開催のイベント「大阪ラフフェス! in 中之島 6 DAYS LIVE」で上演された吉本新喜劇に客演。松竹芸能所属の芸人がライバル関係の吉本興業の新喜劇にフルで出演するのは、これが初めてとなる[4]。(2015年 笑福亭鶴瓶が短時間、なんばグランド花月の新喜劇の舞台に立った。)
  • 海原しおりの逝去後は、海原小浜・お浜門下で、唯一コンビ活動を継続している漫才師となった。
  • 1960年代前半に東京で「大空はるか・かなた」という漫才コンビが活動しており、「はるか・かなた」の芸名で見た場合、海原はるか・かなたは二代目に当る。因みに、大空はるかは後の青空はるお、大空かなたは後のケーシー高峰である。これに際して、二人はケーシーに「師匠、名前もらいました」と伝えたという[5]
  • 2016年4月に発生した熊本地震では、はるかはテレビの仕事で故郷熊本市に帰っていて実家で被災。その後テレビ出演もキャンセルとなり急遽大阪市に戻った。産経新聞の取材に「さすがに2回目(本震)は、怖くて眠れませんでした」と地震の恐怖を語っている[6]

受賞編集

主な出演編集

CM編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ 産経新聞夕刊2011年(平成23年)6月25日「上方漫才黄金時代」戸田学14 自腹で切り盛り「明蝶芸術学院」
  2. ^ 海原はるかが入門した時、既に海原万里が内弟子として海原お浜に付いていたが、はるか・かなたのデビュー後に万里は千里(現在の上沼恵美子)とコンビを結成して正式にデビューを果たした。
  3. ^ 青木隆治と海原はるか「ぐるナイ」ゴチ参戦”. お笑いナタリー (2011年6月21日). 2019年4月10日閲覧。
  4. ^ 吉本新喜劇に松竹芸人が役者で出演「歴史的な舞台」”. スポニチ (2015年8月27日). 2015年8月27日閲覧。
  5. ^ ケーシー高峰インタビュー”. 公益社団法人 横浜中法人会. 2019年4月10日閲覧。
  6. ^ 産経新聞「産経ニュース」2016年4月16日 【熊本地震】海原はるか「漫才のネタにもなりません」 帰省中に被災、恐怖を語る
  7. ^ “海原はるか・かなた、市川海老蔵主演ドラマでフーッ!”. Smartザテレビジョン. (2016年10月21日). http://thetv.jp/news_detail/90362/ 2016年10月21日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集