湯沢高原スキー場

新潟県湯沢町のスキー場

湯沢高原スキー場(ゆざわこうげんスキーじょう)は、新潟県南魚沼郡湯沢町に位置するJR上越線沿線のスキー場である。ゲレンデは湯沢高原ゲレンデ・布場ゲレンデ・布場ファミリーゲレンデの3つのエリアから構成されている。

湯沢高原スキー場
Yuzawa Kogen Ski Area.JPG
所在地 〒949-6101
新潟県南魚沼郡
湯沢町湯沢490
座標 北緯36度56分28秒 東経138度47分38秒 / 北緯36.94111度 東経138.79389度 / 36.94111; 138.79389座標: 北緯36度56分28秒 東経138度47分38秒 / 北緯36.94111度 東経138.79389度 / 36.94111; 138.79389
運営者 湯沢高原株式会社
(2019年時点)
開業日 布場ゲレンデ 1919年
造設地形 大峰
標高 1,170 m - 330 m
標高差 840 m
最長滑走距離 6,000 m
最大傾斜 30
コース数 7本
コース面積 17 ha
索道数 7本
テレインパーク キッカー・ボックス・レール
公式サイト yuzawakogen.com
テンプレートを表示

概要編集

  • 湯沢高原ゲレンデは、湯沢高原ロープウェイの終点である「パノラマステーション」を中心にコース配置がされている。ゲレンデ幅も広く、標高が高いため雪質は比較的良いが、斜度があるため全般的に中級者向きのゲレンデである。
  • 布場ゲレンデはなだらかなゲレンデで初・中級者向きである。また、湯沢高原ゲレンデから山麓の布場ゲレンデまで滑り降りる下山コース「コマクサコース」もあるが、コース幅が狭く斜度もあるため中・上級者向きである。
  • 布場ファミリーゲレンデは全般的になだらかで初心者の練習に利用される。また、布場ファミリーゲレンデはスノーボード滑走禁止区域である。
  • かつてコスモスペアリフトには、リフトには珍しい中間降車駅があり、ここからリフトを降りてコースに出ることが可能だったが、2016-2017シーズンより中間降車駅は廃止された。
  • 以前は高原ゲレンデに、途中でコースに沿って左にカーブしているリフトがあった。
  • 通常は湯沢高原ゲレンデ、布場ゲレンデ、布場ファミリーゲレンデを共通で利用できるリフト券を購入するが、布場ゲレンデと布場ファミリーゲレンデ限定利用のリフト券も発売されている。
  • 湯沢高原・GALA湯沢・石打丸山共通券を購入すれば隣接しているガーラ湯沢スキー場、更にガーラ湯沢スキー場と隣接している石打丸山スキー場、石打花岡スキー場も利用することが出来る。

歴史編集

布場ゲレンデは、南魚沼郡最古のスキー場。1919年、布場で南魚沼郡の学校教員等を集めて講習会が開かれたのがきっかけで、スキー場として整備が始まる。年々、利用者は増加し、1927年には山小屋風のスキー小屋が、1929年にはスキー客相手の出店も見られるようになった。1931年には、上越線の開業に伴い関東方面からのスキー客が増加。食堂や土産物屋、旅館等の施設が充実することとなった[1]

施設編集

ロープウェイ「ランドー」はガーラ湯沢スキー場の運営施設であるため、乗車には三山共通リフト券もしくはガーラ湯沢スキー場のリフト券が必要である。逆にガーラ湯沢スキー場からは湯沢高原スキー場のリフト券が無くても乗車でき、コマクサコース(下山ルート)を滑走可能である。

ロープウェイの山麓駅である「ロープステーション」にリフト券販売、レンタルスキー・ボード、温泉施設、更衣室が設けられている。

アクセス編集

公共交通
自動車

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 藤倉朋良『図解にいいがた歴史散歩<南魚沼>』p45 新潟日報事業社出版部
  2. ^ NASPA・湯沢高原・GALA・シャトルバス時刻表 - GALA湯沢スキー場.2018年11月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集