メインメニューを開く

潮見台 (川崎市)

神奈川県川崎市宮前区の町名

地理編集

宮前区の西端に位置し、川崎市内の幹線道路である尻手黒川道路が域内を貫通している。また、域内には神奈川県内広域水道企業団西長沢浄水場川崎市上下水道局の潮見台浄水場が設置されている。その他の土地利用としては農地がまとまって存在し[6]、尻手黒川道路より南側は区内で唯一市街化調整区域に指定されている[7]

潮見台の西端では麻生区王禅寺と、北西端では麻生区東百合丘と、北端では多摩区長沢と接する。東端では菅生ケ丘水沢と、南端では横浜市青葉区美しが丘西と接する(特記のない町名は宮前区所属)。

歴史編集

当地では1969年(昭和44年)、浄水場の建設を前に発掘調査が行われ、「潮見台遺跡」として縄文時代中期の集落跡などが発見されている[8]。土器の様式や日本海側で産出される硬玉が発見されていることから、当時の交易圏の広さがうかがえる[9]

そして、江戸時代前期の当地は「大野原」という入会地となっていたが[10]享保期に、江戸麻布にあった天真寺の住職、孝岳が当地を買い取って新田開発を行い、「天真寺新田」として独立した[10]。ただし、住居は天真寺の庵のみで、耕作は近隣の農民が行い、村政も下菅生村の名主が行っていた[10][11]

明治時代には天真寺新田が菅生村と合併し、その後は向丘村→川崎市と変遷を遂げていった。その間を通して行政上菅生の一部であった当地も、平成を前にして独立した住居表示となった[12]

地名の由来編集

当地の西端にある「望遠領」という丘から、晴れたときには遠く横浜の海までが見えたことから、地租改正の頃に名付けられた[13][14]。それ以前は「稗原」と呼ばれていた[15]

沿革編集

  • 江戸時代前期 - 入会地であった。
  • 享保期 - 天真寺の住職、孝岳により新田開発がなされる。
  • 1731年(享保16年) - 検地が行われ、天真寺新田となる[10]
  • 1875年明治8年) - 天真寺新田が菅生村と合併。
  • 1889年(明治22年) - 町村制施行にあわせ、菅生村など4村が合併して向丘村が成立。当地は向丘村大字菅生の一部となる。
  • 1938年昭和13年) - 向丘村が川崎市に編入。川崎市菅生の一部となる。
  • 1970年(昭和45年) - 川崎市の潮見台浄水場が開業[14]
  • 1971年(昭和46年) - 企業団の東長沢浄水場が開業[14]
  • 1972年(昭和47年) - 川崎市が政令指定都市へ移行。高津区菅生の一部となる。
  • 1982年(昭和57年) - 高津区から宮前区が分区。当地は宮前区菅生の一部となる。一部が麻生区東百合丘に編入される[12]
  • 1988年(昭和63年) - 住居表示の実施にともない、菅生の一部をもって宮前区潮見台が成立。
  • 2010年平成22年) - 一部を多摩区長沢に編入[16]

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
潮見台 739世帯 1,722人

人口の推移編集

 
人口推移のグラフ

潮見台の人口は、以下の表のように推移している。

基準日 人口 人口基準 出典
1988年(昭和63年) 10月1日 529 推計人口 [17]
1989年(平成元年) 10月1日 590 推計人口 [17]
1990年(平成2年) 10月1日 635 国勢調査 [17]
1991年(平成3年) 10月1日 656 推計人口 [17]
1992年(平成4年) 10月1日 745 推計人口 [17]
1993年(平成5年) 10月1日 874 推計人口 [18]
1994年(平成6年) 10月1日 891 推計人口 [18]
1995年(平成7年) 10月1日 918 国勢調査 [18]
1996年(平成8年) 10月1日 876 登録人口 [18]
1997年(平成9年) 10月1日 896 登録人口 [18]
1998年(平成10年) 10月1日 924 登録人口 [19]
1999年(平成11年) 10月1日 925 登録人口 [20]
2000年(平成12年) 10月1日 927 登録人口 [21]
2001年(平成13年) 10月1日 935 登録人口 [22]
2002年(平成14年) 10月1日 947 登録人口 [23]
2003年(平成15年) 10月1日 973 登録人口 [24]
2004年(平成16年) 10月1日 1083 登録人口 [25]
2005年(平成17年) 9月30日 1359 登録人口 [26]
2006年(平成18年) 9月30日 1557 登録人口 [27]
2007年(平成19年) 9月30日 1610 登録人口 [28]
2008年(平成20年) 9月30日 1613 登録人口 [29]
2009年(平成21年) 9月30日 1668 登録人口 [30]
2010年(平成22年) 9月30日 1661 登録人口 [31]

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[32][33]

番地 小学校 中学校
全域 川崎市立稗原小学校 川崎市立菅生中学校

交通編集

バス編集

隣接する菅生ケ丘川崎市バス鷲ヶ峰営業所があり、そこから溝口駅宮前平駅生田駅柿生駅など各方面へのバスが、当地を通って運行されている。

道路編集

施設編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ 区別町名一覧表(宮前区)”. 川崎市 (2016年12月1日). 2016年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月2日閲覧。
  6. ^ 川崎市都市計画マスタープラン 宮前区構想 第2章 まちの現状 (PDF)”. 川崎市. p. 13 (2007年10月1日). 2011年11月24日閲覧。
  7. ^ 川崎市都市計画マスタープラン 宮前区構想 土地利用方針図 (PDF)”. 川崎市. p. 40 (2007年10月1日). 2011年11月24日閲覧。
  8. ^ 潮見台遺跡 川崎市、2011年8月17日閲覧。
  9. ^ 角川(1984)、P440
  10. ^ a b c d 川崎市(2004)、P52
  11. ^ 角川(1984)、P614
  12. ^ a b 川崎市(2004)、P53
  13. ^ 川崎市(2004)、P45
  14. ^ a b c 川崎市(1991)、P204~205
  15. ^ 前川(1997)、P107~108
  16. ^ 平成22年川崎市告示第540号(同年10月25日発行「川崎市公報」1,565号、1316ページ所収。インターネット版 (PDF) )。
  17. ^ a b c d e 川崎市発行「川崎市統計書」平成4年版、P32~34
  18. ^ a b c d e 川崎市発行「川崎市統計書」平成9年版、P32~33
  19. ^ 川崎市町丁別世帯数・人口(平成10年10月1日現在)Excelデータ) 川崎市、2011年10月3日閲覧。
  20. ^ 川崎市町丁別世帯数・人口(平成11年10月1日現在)Excelデータ) 川崎市、2011年10月3日閲覧。
  21. ^ 川崎市町丁別世帯数・人口(平成12年10月1日現在)Excelデータ) 川崎市、2011年10月3日閲覧。
  22. ^ 川崎市町丁別世帯数・人口(平成13年10月1日現在)Excelデータ) 川崎市、2011年10月3日閲覧。
  23. ^ 川崎市町丁別世帯数・人口(平成14年10月1日現在)Excelデータ) 川崎市、2011年10月3日閲覧。
  24. ^ 川崎市町丁別世帯数・人口(平成15年10月1日現在)Excelデータ) 川崎市、2011年10月3日閲覧。
  25. ^ 川崎市町丁別世帯数・人口(平成16年10月1日現在)Excelデータ) 川崎市、2011年10月3日閲覧。
  26. ^ 川崎市町丁別世帯数・人口(平成17年9月末日現在)Excelデータ) 川崎市、2011年10月3日閲覧。
  27. ^ 川崎市町丁別世帯数・人口(平成18年9月末日現在)Excelデータ) 川崎市、2011年10月3日閲覧。
  28. ^ 川崎市町丁別世帯数・人口(平成19年9月末日現在)Excelデータ) 川崎市、2011年10月3日閲覧。
  29. ^ 川崎市町丁別世帯数・人口(平成20年9月末日現在)Excelデータ) 川崎市、2011年10月3日閲覧。
  30. ^ 川崎市町丁別世帯数・人口(平成21年9月末日現在)Excelデータ) 川崎市、2011年10月3日閲覧。
  31. ^ 川崎市町丁別世帯数・人口(平成22年9月末日現在)Excelデータ) 川崎市、2011年10月3日閲覧。
  32. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  33. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。

参考文献編集