メインメニューを開く

瀬戸内短期大学(せとうちたんきだいがく、英語: Setouchi Junior College)は、香川県三豊市高瀬町大学通りに本部を置いていた日本私立大学である。1967年に設置され、2010年に廃止された。大学の略称は瀬戸短。運営する学校法人瀬戸内学院で2006年度の退職金を分割支払いし、未払い分を運転資金にしていたことが発覚し、これを受けて2008年度分の補助金が全額不交付となった上2007年度分についても全額没収されたため資金繰りが急速に悪化し、2009年度より募集停止することが決定した[2]。2010年3月13日に閉学式が開催され、43年の歴史に幕を閉じた。卒業生数は6692人を数える[3]。 正式な廃止は2010年7月30日[4]

瀬戸内短期大学
瀬戸内短期大学
瀬戸内短期大学
大学設置 1967年
創立 1946年
廃止 2010年
学校種別 私立
設置者 学校法人瀬戸内学院
本部所在地 香川県三豊市高瀬町大学通り
学部 被服学科[1]
養護教育学科
食物栄養学科
研究科 福祉専攻
テンプレートを表示

概観編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 瀬戸内短期大学の教育理念は「全人教育・社会貢献」となっている。

教育および研究編集

  • 瀬戸内短期大学の食物栄養学科には、全国の短大でもユニークな「さぬきうどん概論」や「製麺技術実習」といった科目がある。一般教育科目では「四国遍路学」といったユニークな科目もある

学風および特色編集

  • 瀬戸内短期大学は、「沖縄エイサー」と称した団体組織がある。沖縄に関する研究が行われている。
  • 元々は女子のみを対象とした短大だったが、1987年より共学化した。

沿革編集

  • 1946年 上戸洋裁研究所が設置される。
  • 1951年 上戸服装学園三豊家政専門学校に改組。
  • 1967年 上戸学園女子短期大学(じょうとがくえんじょしたんきだいがく)として開学。被服学科を設置。当初は、女子126人が在籍[5]
  • 1970年 学科の新設が行われる。
    • 食物栄養学科:在学者数は女子21[6]
    • 養護教育学科:在学者数は女子22[6]
  • 1979年 専攻科養護教育学専攻を設置。
  • 1981年 3月31日をもって被服学科が正式に廃止される[4]
  • 1987年 瀬戸内短期大学と改称。男子学生の募集を開始する。食物栄養学科に95人中、男性1人在籍[7]
  • 1988年 養護教育学科に男子が初めて入学する。310人中男子7人在籍[8]
  • 1990年 専攻科に福祉専攻を設置。
  • 2005年 栄養教諭免許状課程が設置される。
  • 2007年 特色ある大学教育支援プログラムに選定される。
  • 2008年度をもって本科学生募集を終了。
  • 2010年3月13日 閉学式が開催され、学長から理事長に短期大学旗が返納された。
  • 2010年7月30日をもって正式廃止[4]

基礎データ編集

所在地編集

  • 香川県三豊市高瀬町大学通り

交通アクセス編集

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 食物栄養学科:
  • 養護教育学科:
過去にあった学科編集
  • 被服学科[1]

専攻科編集

  • 福祉専攻:介護のエキスパートを養成する課程で、福祉系大学や短期大学卒業者を対象としている。修業年限は昼間部1年制。

別科編集

  • なし
取得資格について編集
資格
教職課程
  • 中学校教諭二種免許状
    • 保健:養護教育学科にて設置されている。
    • 家庭:かつて存在していた被服学科にて設置されていた。
  • 養護教諭二種免許状:養護教育学科の全コースにて設置されている。
  • 栄養教諭二種免許状:食物栄養学科にて設置されている。
専攻科

附属機関編集

  • 附属図書館
  • 地域教育研修センター:各種公開講座の開催に用いられる。
  • 瀬戸内・沖縄文化研究センター

教育編集

  • 特色ある大学教育支援プログラム
    • 「団塊の世代との連携による地域との共生-さぬきうどんインストラクター養成を通して地域と共に歩む実践教育-」において2007年に選定された。

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 瀬戸内短期大学の学園祭は毎年、概ね11月に行われている。手話コーラスや「沖縄エイサー」、さぬきうどんインストラクターによるうどん店「瀬戸内亭」の開催が行われている。

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 瀬戸内短期大学には「白ゆり会」と称した同窓会組織がある。

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

  • 上戸コトヱ:初代学長
  • 石川晋:現学長
  • 名護博:本短大客員教授。『邪馬台国総合説 赤椀の世直し』(ゆい出版)を著している。

施設編集

キャンパス編集

  • キャリアセンター
  • エクステンションセンターほか

編集

  • 瀬戸内短期大学には「とかみ寮」と称した学生寮がある。

対外関係編集

社会との関わり編集

  • 地域の活性化に貢献すべく公開講座が行われている。

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

関連項目編集

公式サイト編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b 学生募集は1979年度入学生まで。1981年3月31日付けで正式廃止。
  2. ^ 倒産速報(学)瀬戸内学院(東京商工リサーチ)
  3. ^ SHIKOKU NEWS:専門家育成43年に幕/瀬戸内短大が閉学式(2010年3月14日付)
  4. ^ a b c 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』292頁より。
  5. ^ 昭和43年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)42頁より。
  6. ^ a b 昭和46年度版『総覧』46頁より。
  7. ^ 昭和63年度版『総覧』71頁より。
  8. ^ 昭和64年度版『総覧』75頁より。
  9. ^ 香川県立図書館に所蔵が、一部ある。

この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。