メインメニューを開く

島唄(しまうた)とは、「しま」の歌のこと。一義に、奄美群島で歌われる民謡(奄美民謡)のこと。

定義編集

琉球語の「しま(島)」には、「島嶼(island)」の他に「村落(village)」の意があり、奄美・沖縄・先島住民は琉球王国時代からシマ(村落)ごとに帰属意識をもつシマ社会を形成していた。シマごとに決まり事や習俗は微妙に異なり、シマで歌われる歌も多様であった。「我がシマぬウタ(私の村の歌)」が「島唄」の語源である。シマ社会で伝えられてきた言葉を「シマくとぅば(島言葉)」や「シマグチ(島口)」というが[1]、「島唄」も同様の表現である。「島嶼の歌でなく村落の歌である」ということを示すために、「島」という漢字を使わず「シマ唄」と表記されることがある。

これらの歌を「島唄」と総称したのは奄美群島が最初である。このため「本来、島唄とは奄美民謡のことを指す」という言い方がなされる。広義ではシマ社会の歌としての「島唄(シマ唄)」は旧琉球王国全域に分布するとも言える。ただ、THE BOOMの楽曲「島唄」(1992年)の大ヒット等により沖縄・奄美以外の日本本土でも「島唄」という表現が知られるようになると、中には奄美群島の民謡と沖縄民謡オキナワンポップスなどを混同するものや、沖縄民謡の別名として「島唄」と表記するものも現れ、奄美出身者や奄美民謡関係者からは「島唄は奄美民謡のこと」と主張する声もある。また、奄美民謡関係からはより「我がシマの唄」である事を強調する意味も込めて「奄美シマ歌」や「シマ唄」などとより一層強く区別する表現も見受けられるように なって来ている。しかし厳密な意味での統一されたルールが無いため歌い手個人個人に委ねられているのが現状である。 基本的に奄美の民謡は日本民謡協会などとの結び付きも強く広義の意味に於いては日本民謡のカテゴリに含まれている場合が多いが奄美群島南部に当たる沖永良部島与論島の島唄の場合は沖縄民謡の団体との結び付きが強い場合も多く、楽器そのものも沖縄の三線そのものを同じ道具や奏法によって演奏し歌うようになっている例も多く見られ、奄美大島徳之島喜界島の島唄事情とはかなりの差異がある。 本項では特に注釈がない限り奄美群島の民謡としての島唄(シマ唄)の概況について記述する。

概要編集

奄美方言では、「シマ」という言葉は自らの郷里、帰属地を指し、シマ唄とは郷里の民謡を意味する。「シマ」という言葉の指す範囲は、奄美群島・個々の・集落など、場面によって様々であるが、「シマ」と片仮名表記する場合には集落のことを指すことが多い。奄美群島や沖縄県では集落ごとにそのオリジナルの民謡を持っていることが多く、奄美大島の高齢者は、出身集落以外の歌を「シマウタ」とは呼ばないとの報告もある[2]。複数のシマに広まっている歌であっても、集落ごとに異なった歌詞やタイトルや旋律をもつ場合もある。 また、奄美群島から沖縄県先島諸島に掛けてのほぼ琉球地域の全域的に分布している類似した民謡や島唄も存在する。

歌の内容としては集落毎の生活に密接に根ざしている労働歌や、伝承を歌詞にした歌、呪術の一種であるサカ歌などを口伝によって伝えてきたものが多い。即興の歌遊び(歌掛け)も行われた。歌遊びの場でも時に相手に対して呪詛を伴うサカ歌を掛けて来る場合もあったが、そのサカ歌呪詛の内容を絶ち切る歌を直ぐ様相手に歌い返す知恵や技量も必要であったとされる。島唄に長けたものは唄者(うたしゃ)と称されるが、シマ社会では職業としての歌手ではなかった。 また、奄美大島では教養としての郷土芸能として詩吟などもあり、表現力や歌唱力の豊かさを増強する一因ともなっており、儀礼を重んじかつ嗜みとしての島唄の幅に一層の深みを付けるものとなっていた。 20世紀以降、録音・放送技術の発展により歌の保存や伝達手段は飛躍的に進歩したが、方言や文化そのものの衰退という新たな課題が生じている。一方で、島唄がライブなどで興業的に歌われる機会が増え、職業的な島唄歌手も存在するが、奄美群島の著名な唄者は他に生業をもっていることが多い。唄者が競いあう「奄美民謡大賞」などの大会も存在する。これらで大賞を受賞すると群島内でCDなどが発売されるが、中には元ちとせ中孝介などメジャーデビューした者もいる。

楽曲としては伝統的な曲のほか、「ワイド節」のように近年新たに作られ普及した歌もある。このような曲を通常奄美群島では「(奄美)新民謡」と呼ぶ場合が多い。

「島唄」という呼称は1970年代に、琉球放送のラジオ番組などを通じて沖縄に導入された[2]。上述したTHE BOOMの「島唄」のヒットにより、「島唄」という表現の知名度は全国的なものとなった。

特徴編集

グィン(吟、裏声を瞬間的に含めるこぶしの一種)とファルセットを多用する独特の歌唱法を持ち、音域が非常に広いなどの特徴を持っている。

奄美大島の島唄は、北部の笠利節/笠利唄(かさんぶし/かさんうた)と南部の東節/東唄(ひぎゃぶし/ひぎゃうた)の2つの流れに大別される。東節/東唄の中には奄美市南部の旧住用村地域や西海岸に位置する奄美市知名瀬や根瀬部などの知根地区や大和村や宇検村方面が凡そ含まれており、特に宇検村方面の島唄を焼内節焼内唄(やけうち/えいち・ふし/うた)と呼ぶこともあり、かつては東海岸の旧住用村地域の島唄を住用節(すみようぶし)などと地域単位での特徴のある節回しや島口による島唄を評していた。笠利節は奄美市笠利町や龍郷町方面のいわゆる笠龍地区で歌われる島唄を指しており、長くない尺で細かく情緒豊かで深みのある表現の唄が特徴である。東節は、荘厳で複雑かつ変化に富んだ節回しと荘重なバチ捌きで情緒的な表現が特徴である。笠利出身の当原ミツヨ松山美枝子里アンナは笠利節、朝崎郁恵元ちとせ中孝介は東節の系統にあたる。

奄美大島を含む、徳之島以北は本土と同じ五音音階陽音階(律音階。ヨナ抜き音階参照)である場合が多く、日本民謡の南限という側面を持つ。一方で、沖永良部島以南(奄美群島では他に与論島)では琉球音階が用いられる事が多い。奄美群島は琉歌による歌謡の北限という側面も持っており、琉球歌謡の一翼を担う。琉歌は八音を中心に、五音・六音・七音を標準とする定型詩であり、基本的には「サンパチロク」といわれ、八・八・八・六を基本形とする。

主に用いる楽器の奄美のサンシンは見た目には沖縄の三線と似ているが、造りがやや沖縄の三線より全体的に大きく、沖縄では太い弦を爪(水牛の角)や、最近では安値で管理しやすいギター用ピックなどでダウンストロークに弾くのに対し、奄美の島唄では細い弦を薄くて細長い竹べらやプラスチックのへらや好みにより鼈甲のへらを用いてアップストロークの返しバチを多用する。また、棹を押さえる左手の指で弦を弾く「はじき」や、ハンマリングの「うちゆび」、これらを組み合わせた3連音も多用される。このように奏法・調弦に大きな差があり、鎖国期から戦後の永い物不足の時代にはニシキヘビの皮のかわりに和紙を10枚重ねたものやセルロイド和紙同様に重ね合わせたイチニチガッパのような代替品が庶民のあいだで愛用されたことや弦の太さの違いやそれにともなう歌口や胴の作り方や組み付けなどの差異や弦の張りの強さによる棹などに対する負担も大きい事から楽器本体の構造にも求められる強度や耐久性などの違いが出て来ることもあり、基本的にそのままでの沖縄三線との使い回しは困難である。呼称は地域や年代によって様々だが、シャミセン(三味線)、ジャミセン(蛇味線)、ジャビセン・ジャヒセン(蛇皮線)、奄美のサンシン(鹿児島県伝統工芸品としての名称)、サンシル(沖永良部島、徳之島など)、サンシヌ(与論島)、サンシン(三線)などと呼ばれる。リズムを取るための打楽器としては独特の太鼓のちぢん(の転化音)が普及している。

演歌本土の民謡琉球民謡などでは逃げの声として避けられる裏声も、ヨーデルでのそれと同様に、頻繁に用いられるのが特徴的である。その理由に対し民謡研究家仲宗根幸市が以下の仮説を出している:

  • 琉歌のルーツは神託に求められ、非日常的で神聖な行為と関連していたため。
  • おなり神(うない神)信仰による男性の女性の声に近づけて歌いたいという願望。
  • 薩摩の支配下で大っぴらに苦しみを表現できなかったため。
  • 山合の急峻な地形でのコミュニケーション手段。
  • 音色変化と音域を補うという音楽的理由。

代表的な島唄編集

奄美大島編集

喜界島編集

徳之島編集

沖永良部島編集

与論島 編集

代表的な唄者編集

  • 南政五郎
    大島郡笠利村(現・奄美市)佐仁出身。1889年-1985年。カサン唄の代表的唄者として知られる。地元で唄者として知られた母のもとで育ち、唄遊び(歌掛け)の場で自然に島唄を覚えて育つ。25歳の時、名瀬の八千代館という劇場でデビューした。戦後になり、アメリカ統治下で娯楽の乏しかった時代に奄美諸島各地を回り、その名を全島に広めた。1961年(昭和36年)、文部省主催・全国民俗芸能大会に参加。1975年(昭和50年)、郷土民族部門・南海文化賞受賞[3]
  • 武下和平
    兵庫県在住。奄美群島の加計呂麻島瀬戸内町諸数出身。戦後の島唄の先駆者。昭和30年代から活躍。島唄のレコードが普及し、武下の流暢な三味線の音色と、独特の裏声に魅了されて地元では勿論、本土でも島唄がより広く知られることとなった。関東、関西、地元と島唄普及に尽くしている。なお、複数の発表会などでも披露されているように詩吟の名手でもある。
  • 坪山豊
    奄美大島(奄美市名瀬)在住。奄美大島宇検村生勝出身。島唄界の第一人者。国内はもとより、海外までも招待を受けて活躍中。船大工という職業を持ちながら、奄美大島の生活の風、香りを受けながら島唄の普及に尽力している。人柄の良さから多くの門下生を育て、その門下生も全国民謡大会での優勝や大きなライブなどで活躍している。NHKなど、テレビ出演多数。自身の作った「ワイド節」「あやはぶら」など、島唄をポピュラーにした功績も大きい。沖縄県内の民謡レーベルゴモンレコードからカセットテープ時代にアルバムをリリースするなど、沖縄県内での奄美群島に対する理解を深めた功績も高い。
  • 築地俊造
    奄美大島(奄美市名瀬)在住。奄美市笠利町川上出身。30代のころ福島幸義に師事。その後坪山豊と交流し、島唄の磨きをかけた。国内、国外招待多数。高音質の唱法に特徴があり、洋楽にも通じるものがあるといわれている。島唄の即興が得意。日本民謡大賞優勝、総理大臣杯受賞。
  • 当原ミツヨ
    奄美大島(奄美市笠利)在住。1987年(昭和62年)、地元で民謡大会が行われ、初めて出場する。地区大会を勝ち進み、初出場で日本民謡大賞での日本一の栄冠を手に。奄美群島初の女性民謡日本一となる。その時の「野茶坊節」は一躍全国に知られるようになる。その後同大会では、奄美大島(瀬戸内町)のRIKKIが優勝した。大島紬を織るかたわら、教室を開講し後輩の指導、ライブなどで活躍中。
  • RIKKI
    奄美大島(瀬戸内町)出身。佐賀県在住。本名・中野律紀(なかの りつき)。高校生の時、初出場で日本民謡大賞で日本一に、曲目は「むちゃ加那」。その後上京して本格的な歌手デビューを目指し、BMGビクターより本名の中野律紀でポップス系のアルバム『風の声』でデビュー。 海外での活動も多く、最近は奄美の新しい音楽スタイルを目指している。NHKなどテレビ出演も多い。
  • 中孝介
    奄美大島出身。島唄の名人の坪山豊に師事、シマ唄を習い始める。第19回奄美民謡大賞に初出場し、努力賞を受賞。2000年には同大賞で新人賞、日本民謡協会奄美連合大会で総合優勝。琉球大学卒業後の2006年にシングル『それぞれに』でメジャーデビュー。テレビ、CM等でも活躍中。
  • 牧岡奈美
    喜界島喜界町)出身。2001年に奄美民謡大賞を受賞。『うふくんでーた』(2001年)、『南柯 Nanka』(2005年)、『シツルシマ』(2007年)などのアルバムを発表。現在は関東在住で、ライブ活動などを行っている。

レコード編集

シマ唄は、方言で歌われることから、奄美群島という非常に限定された地域の音楽であるため、そのレコードも独特の製作・流通形態を持っている。シマ唄のレコードの多くは、奄美市名瀬の商店街の中にある、セントラル楽器という小さな楽器店が製作し、自社の店舗で販売するものである。レコーディングも、かつてはセントラル楽器の社宅で行われていた。 また、過去には奄美市名瀬にあったニューグランドや沖永良部島の大村レコードや神戸発の(タイヘイ丸奄レコード)などといったレーベルなどからも少なからずレコード販売がなされていた。1990年代からはでは埼玉県のJABARAなどからも多数音源が出されるようになってきている。

セントラル楽器によるシマ唄のレコード化に大きな役割を果たしたのは、北海道出身で早稲田大学の修士課程大学院生として奄美の民謡を調査していた小川学夫である。小川は1963年(昭和38年)から1977年(昭和52年)まで、早稲田大院生かつセントラル楽器の社員として奄美で活動し、数多くのシマ唄のレコード製作を行った。

大手のキングレコードは、民族音楽のCDを多く制作しており、そのひとつとして制作された『MUSIC OF AMAMI』 (1991年)のような例もある。 またビクターエンターテインメントキングレコード同様にニューグランドやセントラル楽器からの依託生産など多数の作品を手掛けており琉球民謡奄美民謡をカテゴリごとに分類して収録した『これが島唄だ』シリーズ「4」と「5」(2004年)の例もある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「しまくとぅば」普及推進計画」、沖縄県。2015年1月22日閲覧。沖縄県はしまくとぅばの日も制定している。
  2. ^ a b 〈しまうた〉にまつわる諸概念の成立過程 ―奄美諸島を中心として―(pdf) - 高橋美樹、2003年10月、『立命館言語文化研究』15巻2号、立命館大学国際言語文化研究所
  3. ^ 南政五郎 - 奄美島唄学校(セントラル楽器)

外部リンク編集