田島大牧線(たじまおおまきせん)は、埼玉県さいたま市桜区から埼玉県さいたま市緑区に至る、さいたま市の都市計画道路浦和駅直近を通り、さいたま市の東西を結ぶ4車線の幹線道路として計画されている。京浜東北線宇都宮線高崎線から東側は「日の出通り」と呼ばれている。

都市計画道路
田島大牧線
路線延長 8,460 m
起点 埼玉県さいたま市桜区 田島九丁目
終点 埼玉県さいたま市緑区 原山四丁目
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0017.svg国道17号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
さいたま市南区別所付近

計画概要編集

  • 起点 - さいたま市桜区田島九丁目
  • 終点 - さいたま市緑区大字大牧字梅所
  • 主な経由地 - さいたま市緑区原山四丁目
  • 延長 - 8460m 
  • 車線 - 4車線 
  • 幅員 - 25m

1963年昭和38年)8月12日に都市計画決定した路線。国道17号新大宮バイパスから国道463号の浅間橋(見沼代用水西縁)までを結ぶ道路。整備計画では全線4車線。拡幅した志木街道埼京線中浦和駅手前まで進み、そこで南に別れて国道17号へと直線で進む。その後、北側に曲がる形で浦和駅南側で京浜東北線宇都宮線高崎線の高架下をくぐり、太田窪原山を直進して埼玉県道1号さいたま川口線第二産業道路)と交差する。プラザイーストを過ぎたあたりで国道463号と合流し、そこから東は拡幅する形で浅間橋まで整備する[1]。完成後は緑区役所から浦和駅までは一直線に結ばれる。

浦和駅周辺の渋滞を解消する4車線の環状道路計画の一部となっている(他に産業道路道場三室線新大宮バイパス)。

現状編集

浦和駅東口南側から原山まで2車線の道路(日の出通り)があり、2007年平成19年)以降、浦和駅を中心に部分的に4車線化がなされていた。後に、1工区の浦和区東高砂町から同前地三丁目までは2009年(平成21年)12月に4車線での供用が開始された。また、前地三丁目から埼玉県道35号川口上尾線(産業道路)までの太田窪工区も2010年(平成22年)に事業が開始され、事業年度は2024年令和6年度)までとされている[2]

一方、埼玉県道213号曲本さいたま線(旧中山道)と浦和駅西口南側の間は西側へ一方通行の道であったが、2007年(平成19年)から事業が開始され、現在では旧中山道から浦和駅高架下までの区間が暫定的に2車線で供用されている。2工区(南区別所一丁目の国道17号から浦和区岸町七丁目の旧中山道まで)の区間 (680 m) は2000年(平成12年)3月から事業が開始され、2016年(平成28年)度末の供用開始を見込んでいた[3]が、1軒の立ち退きが進まず開通予定の延期を繰り返していた。

2019年(令和元年)8月1日に、プラザイースト南側の緑区中尾1485番地付近のごくわずかな部分が開通。2021年(令和3年)3月30日には国道17号から埼玉県道213号曲本さいたま線(旧中山道)までの区間が暫定開通した[4][5]

通過する自治体編集

交差する路線など編集

周辺施設編集

国道17号より東側

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ さいたま都市計画道路の変更(埼玉県決定) (PDF)”. 埼玉県. 2013年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月10日閲覧。
  2. ^ さいたま市/都市計画道路 田島大牧線(太田窪工区)”. www.city.saitama.jp. 2021年4月4日閲覧。
  3. ^ さいたま市 都市計画道路事業(街路事業)一覧 (PDF)”. さいたま市. 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月10日閲覧。
  4. ^ さいたま市/(令和3年3月19日記者発表)都市計画道路田島大牧線(国道17号~中山道)の暫定開通”. www.city.saitama.jp. 2021年4月4日閲覧。
  5. ^ 都市計画道路田島大牧線(国道17号〜中山道)の暫定開通 〜浦和駅西口周辺地区の交通円滑化及び浦和駅へのアクセス向上が図られます〜 (PDF)”. さいたま市 (2021年3月19日). 2021年3月31日閲覧。

外部リンク編集