留寿都村

日本の北海道虻田郡の村

留寿都村(るすつむら)は、北海道後志総合振興局管内にある、虻田郡に属するである。

るすつむら ウィキデータを編集
留寿都村
留寿都村旗 留寿都村章
1967年9月2日制定
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道後志総合振興局
虻田郡
市町村コード 01397-8
法人番号 3000020013978 ウィキデータを編集
面積 119.84km2
総人口 1,890[編集]
住民基本台帳人口、2024年4月30日)
人口密度 15.8人/km2
隣接自治体 伊達市
虻田郡喜茂別町真狩村洞爺湖町
村の木 アカダモ(ハルニレ
シラカバ
村の花 セタナリア(シバザクラ
留寿都村役場
村長 佐藤ひさ子
所在地 048-1731
北海道虻田郡留寿都村字留寿都175番地
北緯42度44分14秒 東経140度52分32秒 / 北緯42.73733度 東経140.87558度 / 42.73733; 140.87558座標: 北緯42度44分14秒 東経140度52分32秒 / 北緯42.73733度 東経140.87558度 / 42.73733; 140.87558
外部リンク 公式ウェブサイト

留寿都村位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
留寿都村中心部

地理 編集

  • 山: 尻別岳(1,107.4m)、貫気別山(993.5m)、竹山(940.0m)、軍人山(561.8m)、化物山(374.8m)、橇負山(715.1m)
  • 河川: 貫気別川、ポンヌキベツ川、オニホナイ川、四線の川、石村川、登延頃川、山ヤの川、北登の川、群馬川
  • 湖沼: 重兵衛沼

隣接している自治体 編集

村名の由来 編集

アイヌ語の「ル・スツ」(道が山のふもとにあるという意味)である。

沿革 編集

人口 編集

 
留寿都村と全国の年齢別人口分布(2005年) 留寿都村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 留寿都村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

留寿都村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


消滅集落 編集

2015年国勢調査によれば、以下の集落は調査時点で人口0人の消滅集落となっている[1]

  • 留寿都村 - 字旭野

行政 編集

姉妹都市 編集

産業 編集

馬鈴薯、アスパラガス、大根の生産

農協 編集

金融機関 編集

郵便局 編集

  • 留寿都郵便局

※集配業務は真狩郵便局が担当

宅配便 編集

公共機関 編集

警察 編集

教育 編集

小学校
  • 留寿都小学校
中学校
  • 留寿都中学校
高等学校(村立)

交通 編集

鉄道 編集

村内を鉄道路線は走っていない。かつては国鉄胆振線が周辺を走っており、当村への鉄道の延伸計画もあったが、1986年に廃線となっている。

バス 編集

道路 編集

文化・観光 編集

名所・観光スポット 編集

2009年の3月3日から8日にかけて世界スキーオリエンテーリング選手権が開催された。

催事・祭事 編集

  • るすつ赤い靴のふる里祭り(9月)

名産品 編集

その他 編集

橇負山にて第一回ハンググライダー日本選手権が開かれた。
道内各地からパラグライダーやハンググライダーの愛好者が集まる。
  • 統合型リゾート(IR)の候補地として名乗りを上げたが、最終的には道議会により「苫小牧を優先する」という方向で意見が固まった。

主な出身者 編集

脚注 編集

  1. ^ 総務省統計局統計調査部国勢統計課平成27年国勢調査小地域集計01北海道《年齢(5歳階級),男女別人口,総年齢及び平均年齢(外国人-特掲)-町丁・字等》』(CSV)(レポート)総務省、2017年1月27日https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files/data?fileid=000007841019&rcount=12017年5月20日閲覧 ※条町区分地の一部に0人の地域がある場合でも他の同一区分地で人口がある場合は除いた。

外部リンク 編集