メインメニューを開く

登坂 琢磨(とさか たくま)は、日本放送局毎日放送(本社:大阪市)の東京支社に勤務するテレビドラマプロデューサー

来歴・人物編集

群馬県立渋川高等学校卒業 早稲田大学第一文学部卒業

早稲田大学在学時に、自主映画を製作。代表作は『XAXEVER(脚本・撮影・監督)』。伊丹グリーン・リボン賞受賞。

1989年、毎日放送入社。昭和天皇崩御の年、全国ネット番組のテレビ営業に勤しむ。

1991年日曜劇場いつかライオンの夢を(蟹江敬三国生さゆり主演)』、同時期に撮影された、毎日新聞創刊120周年記念スペシャルドラマ『紅い稲妻 人見絹枝(松下由樹室田日出男主演)』で助監督デビュー。以後数々の作品で、助監督を務める傍ら、民放連優秀賞受賞作『命ささえて〜ママ、パパはエイズなの?総集編』のディレクターを担当。ミヤコ蝶々藤山直美主演の『嫁&姑』(大阪・中座公演)の、舞台中継で演出デビュー。 1993年ドラマ30野々山家の人々』で、ドラマ演出デビュー。

1995年、『真・中島らも劇場~掌~』で、はじめて演出&プロデュースを兼務(民放連照明技術賞を受賞)。 ドラマ30『命つないで(あき竹城主演)』、民放連優秀賞受賞作・スペシャルドラマ『桜散る日に』では、先輩Pとともにプロデューサーに名を連ねた。

1997年、一旦ドラマを離れ関西ローカルTBS系列全国ネットなどでディレクター&チーフ・ディレクターを担当。報道を兼務する。このとき、打ち切られるテレビ番組の悲しさを、はじめて味わう。そんな中、『MBSラジオ スペシャル・ウィーク』のテレビCMで、ACC賞を受賞。『平成11年7月9日 MBSラジオの日』で、読売新聞広告賞受賞。

2003年、ドラマ30『桜咲くまで沢尻エリカ出演作)』の演出&プロデュースでドラマ復帰し、2004年の『虹のかなた榎本加奈子主演)』以降、プロデュースに専念。

2005年の『ヤ・ク・ソ・ク南野陽子主演)』、2006年の『がきんちょ~リターン・キッズ~辺見えみり美山加恋主演)』など、独自のコンセプト・ワークによるオリジナル・ストーリーとマルチメディア展開で、昼ドラに新風を巻き起こし、熱狂的なファンも存在した。同年、GyaO制作の深夜ドラマ『スイッチを押すとき成宮寛貴主演)』にもプロデューサーとして参加。

2007年のドラマ30プロデュース作は、映画『パッチギ!』、『フラガール』の羽原大介脚本作品『お・ばんざい!斉藤由貴主演)』。このとき、平行して準備していた泉ピン子主演『おふくろ先生のゆうばり診療日記』(TBS・MBS共同制作・HBC制作協力)が2008年2月25日、月曜ゴールデン枠で放送。企画が立ち上がる前年2月から北海道・夕張を度々訪れたという。同年、秋の深夜ドラマ『親孝行プレイ(要潤安田顕斎藤工出演)』のプロデュースに参加している。

2009年4月、深夜ドラマ『漂流ネットカフェ』(伊藤淳史主演)、『子育てプレイ』(田中圭田口浩正福士誠治大口兼悟出演)をプロデュース。同年6月8日、徳島県上勝町を舞台に『おふくろ先生の診療日記2~一枚の葉っぱが生んだ奇跡の物語』(泉ピン子野際陽子小林稔侍出演)を放送。7月の深夜ドラマ『子育てプレイ&MORE』、同じく10月に『古代少女ドグちゃん』(谷澤恵里香主演)を企画プロデュース。本作より監督復帰を果たす。同時期の放送作品『深夜食堂』(小林薫主演)でも、プロデュースのほか監督としても参加。12月14日放送『松本清張生誕100年スペシャル 中央流沙』(和央ようか石黒賢西岡徳馬かたせ梨乃高嶋政宏出演)が、この年7つ目の、プロデュース作品となった。

2010年4月からは、深夜ドラマ『アザミ嬢のララバイ』(犬童一心監督参加作品)、『MM9』(樋口真嗣総監督作品)、『古代少女隊ドグーンV』(井口昇原案・メイン監督作品)で、プロデュースと監督の両分野で活動。

2011年の3.11東日本大震災以降は、ドキュメンタリー・ディレクターに転向。主に南相馬の取材に入る。単身関西に戻り、月一回一時間の放送というローテーションの中、3年間で7作品の1時間モノを世に送る。『温泉診療所~医者と少年と母親と~』(ナレーター:柄本明)が、ギャラクシー月間奨励賞を受賞。以前に書いていないがドラマ『おふくろ先生のゆうばり診療日記』以来の快挙となった。以後『叶える~落語家・笑福亭松喬とがん~』(ナレーター:MBSアナ・西靖)、『あがた森魚だ!』、『尼崎の島唄』、『あたりまえのこと~現代美術家・堀尾貞治~』(ナレーター:升毅)など、3年間で7作品を世に放った。

2014年からは東京に戻り、映画を主体に企画を進めている。

これまで手がけた番組(上記以外には)編集

ドラマ編集

教養・情報番組編集