北海道道453号西野白石線

日本の北海道の道路
白石藻岩通から転送)

北海道道453号西野白石線(ほっかいどうどう453ごう にしのしろいしせん)は、北海道札幌市西区白石区を結ぶ一般道道北海道道)である。全線が札幌市管理路線。

一般道道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
北海道道453号標識
北海道道453号西野白石線
総延長 13.1 km
制定年 1961年
起点 北海道札幌市西区西町南21丁目
終点 北海道札幌市白石区本通13丁目南
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0012.svg国道12号
Japanese National Route Sign 0036.svg国道36号
Japanese National Route Sign 0230.svg国道230号
Japanese National Route Sign 0453.svg国道453号
北海道道3号札幌夕張線
北海道道82号西野真駒内清田線
北海道道124号宮の沢北一条線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
白石藻岩通

目次

概要編集

路線データ編集

都市計画道路として

当路線のうち、以下の区間は札幌圏都市計画道路として都市計画決定されている。

  • 札幌市西区西町南21丁目 - 西区西野2条9丁目 : 西野屯田通
  • 札幌市西区西野2条9丁目 - 中央区北5条西25丁目 : 山の手通
  • 札幌市中央区北4条西24丁目 - 中央区南7条西24丁目 : 西25丁目通
  • 札幌市中央区南8条西24丁目 - 中央区南19条西16丁目 : 環状通
  • 札幌市中央区南19条西15丁目 - 札幌市白石区本通13丁目南 : 白石藻岩通

歴史編集

  • 1963年(昭和38年)10月23日 路線認定。当初は西野月寒線という路線名で、国道36号交点が終点であったものと思われる。
  • 1968年(昭和43年)5月20日 路線名を西野白石線に変更。

路線状況編集

重複区間編集

道路施設編集

主な橋梁
  • 南二十二条大橋(豊平川)=南22条西6丁目 - 中の島1条6丁目

地理編集

起点から南西に進んだ後南東に向かい、山の手通となって西区西野、山の手、中央区宮の森を抜け道道124号交点まで進む。右折して西25丁目通を南下し環状通に合流する。道道89号交点から終点までは白石藻岩通となる。南21条西14丁目付近から南21条西7丁目付近まで、路面上を札幌市電が走る。南二十二条大橋で豊平川を渡り、豊平区中の島平岸西岡月寒を経て白石区に入り、栄通南郷通を横断して終点に至る。

通過する自治体編集

交差する道路編集

札幌市西区
札幌市中央区
札幌市豊平区
  • 国道453号=平岸2条13丁目
  • 札幌市道9903号羊ヶ丘線=平岸6条13丁目
  • 国道36号=月寒中央通10丁目
札幌市白石区

沿線編集

札幌市西区
札幌市中央区
札幌市豊平区
札幌市白石区
  • 白石南郷郵便局=南郷通14丁目南2-1
  • 札幌市営地下鉄東西線南郷13丁目駅=南郷通13丁目南
  • ローソン札幌本郷通十三丁目店=本郷通13丁目南5‐22
  • 札幌市白石区東白石まちづくりセンター=本通13丁目南10-1

参考文献編集

  1. ^ [ さっぽろ文庫58 『札幌の通り』、札幌市教育委員会編、北海道新聞社、1991年、46頁]

関連項目編集