メインメニューを開く

石狩振興局

日本の北海道にある振興局のひとつ
日本 > 北海道 > 石狩振興局(旧・石狩支庁
石狩振興局 管内のデータ
Ishikari subpref Hokkaido.png
自治体コード 01300-5
発足 2010年4月1日
石狩支庁から改組)
面積 3,539.86 km²
(2009年10月1日)
世帯数 1,144,278世帯
(2010年3月31日 住民基本台帳
総人口 2,380,307
(2019年5月31日 住民基本台帳)

隣接している
振興局管内

空知総合振興局後志総合振興局留萌振興局胆振総合振興局
石狩振興局(旧・石狩支庁)
所在地 〒060-8558
札幌市中央区北3条西7丁目(道庁別館)
石狩振興局がある北海道庁別館
外部リンク 石狩振興局

石狩振興局(いしかりしんこうきょく)は、北海道振興局の一つ。振興局所在地は札幌市中央区2010年平成22年)4月1日石狩支庁に代わって発足した。

目次

歴史編集

所管編集

従来の石狩支庁と同一である。

14支庁を9総合振興局・5振興局へ再編する北海道総合振興局設置条例では空知支庁より改組される道央総合振興局(どうおうそうごうしんこうきょく)の下部組織として設置される予定であったが、根室・日高・檜山・留萌の4支庁管内で「格下げ」に対する反発が生じたことから2009年(平成21年)3月に条例を改正。石狩をはじめとする5振興局については総合振興局と同等の地位(地方自治法上の支庁)とされる一方で「広域で所管することが望ましい業務」に関しては隣接する空知総合振興局が石狩振興局管内を含む石狩・空知地方全域において事務を担当する。

札幌市を中心に都市化が進んでおり、北海道の振興局の中で最大の人口(宮城県と同等以上)と最大の人口密度(兵庫県と同等、宮城県の倍以上)を持っている。

行政編集

石狩振興局管内の市町村は、複合的一部事務組合である札幌広域圏組合を構成していた。同組合では図書館ネットワーク事業や職員研修の合同化等の事業を行っていたが、令和元年7月31日に解散した[1]

地理編集

 
道内における石狩振興局の位置
 
石狩振興局の自治体
1. 札幌市 / 2.江別市 / 3. 千歳市 / 4. 恵庭市 / 5. 北広島市 / 6. 石狩市 / 7. 当別町 / 8. 新篠津村

南西部は山岳地帯、中央部は石狩川を中心とする石狩平野が広がり、北部は背後に増毛山地を抱える海岸地域である。鳥取県とほぼ同じ面積であり、道内支庁の中では2番目に狭い(参照)。人口は宮城県(約236万人)と同程度(参照)。札幌市に人口の8割以上が集中している。人口密度は約655人/km2で、北海道最大の人口密度(兵庫県と同等、宮城県の倍以上)となっている。

地形編集

山地編集

主な山

河川編集

主な川

湖沼編集

主な湖

地域編集

石狩国
胆振国

人口編集

5振興局の中では最大かつ、振興局管内の広域業務を所管する空知総合振興局をはじめとする9総合振興局の全てを上回る人口を有しており、併せて14の振興局・総合振興局の中では唯一、人口の増加を続けている。

 
石狩振興局と全国の年齢別人口分布(2005年) 石狩振興局の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 石狩振興局
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
石狩振興局(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より

管内で視聴できるテレビ局編集

外部リンク編集