メインメニューを開く

矢野口 文雄(やのぐち ふみお、1917年9月29日 - 1985年1月15日)は日本映画録音技師長野県出身。

やのぐち ふみお
矢野口 文雄
生年月日 (1917-09-29) 1917年9月29日
没年月日 (1985-01-15) 1985年1月15日(67歳没)
出身地 長野県
死没地 東京都目黒区
国籍 日本の旗 日本
職業 録音技師
ジャンル 映画
配偶者 矢野口幸江(妻)
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1936年に写真化学研究所に入社。デビュー以来黒澤明監督の常連録音技師として数多くの作品に参加する。1946年に紛争に伴い新東宝に移籍。1952年に東宝撮影所に復帰する。

1985年1月15日午後0時44分に急性腎不全のため、国立東京第二病院で死去(享年67歳)[1]

代表作編集

受賞歴編集

出典・参考文献編集

  • 鶴田義久『黒沢映画の美術』学研、1985年。ISBN 4051016994

脚注編集

  1. ^ 読売新聞1985年1月16日朝刊23面より

外部リンク編集