石森 大誠(いしもり たいせい、 1997年12月3日 - )は、石川県羽咋郡宝達志水町出身のプロ野球選手投手)。左投左打。中日ドラゴンズ所属。

石森 大誠
中日ドラゴンズ #26
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県羽咋郡宝達志水町
生年月日 (1997-12-03) 1997年12月3日(25歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り KAL / 2021年
NPB / 2021年 ドラフト3位
初出場 KAL / 2021年3月27日
最終出場 KAL / 2021年9月26日
年俸 900万円[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

宝達志水町立相見小学校2年生の時に軟式野球を始めると、4年生から投手を務め、宝達志水町立押水中学校(現:宝達志水町立宝達中学校)でも軟式野球部で投手を務めた[2]

遊学館高等学校に進学し、投手外野手を兼任した。3年夏は背番号10でベンチ入りし、同学年の小孫竜二とともに第97回全国高等学校野球選手権大会に出場。村上宗隆擁する九州学院との初戦(2回戦)では登板がなくチームは勝利[3]小笠原慎之介吉田凌豊田寛擁する東海大相模との3回戦では大量リードを許した8回途中から救援登板したが、チームは敗れた[4][5]。1学年下に保科広一がいた。

東北公益文科大学に進学し、1年春からベンチ入り。2年春には外野手として南東北大学野球春季1部リーグ戦ベストナインに選出された[6]。3年時から投手と野手を兼任[2]。4年時には主将を務め、エースとして春には優秀選手賞選出、秋はリーグ優勝に貢献した。プロ志望届を提出したが、2019年のドラフト会議では指名がなかった[7]

卒業後は熊本ゴールデンラークスに入社[7]。1年目から公式戦に登板し、Honda熊本の補強選手として都市対抗野球大会に出場したが、登板はなかった[8]

KAL・熊本時代編集

その後、熊本ゴールデンラークスを母体とする九州アジアリーグ火の国サラマンダーズに入団。同球団のピッチングGMを務める馬原孝浩から指導を受け、フォークを習得した[8]。主に救援登板し、2021年5月に行われた福岡ソフトバンクホークス三軍との練習試合では自己最速を更新する155km/hを記録した[8]。当時のチームメイトには一時的ながらも小窪哲也(後に千葉ロッテに入団)も所属していた。この年は19セーブを挙げて、リーグの最多セーブのタイトルを獲得し[9]、リーグ初年度のMVP(最優秀選手)にも選出された[10]

10月11日のNPBドラフト会議で、中日ドラゴンズから3巡目で指名を受けた[11]。九州アジアリーグから初めての指名であると共に、この年のドラフトでは独立リーグから支配下に指名された唯一の選手となった[12]。11月24日に、契約金5000万、年俸1000万円で契約した(金額は推定) [13]。背番号は26[14]

中日時代編集

2022年の春季キャンプは一軍メンバーに入る[15]。3月13日のオリックス・バファローズとの試合でオープン戦初登板。8回から投げ、3四死球で無死満塁のピンチを招くも、1イニングを無安打無失点で抑え込んだ[16]。即戦力と期待されながらも開幕は二軍で迎え、ウエスタン・リーグ公式戦17試合の登板で防御率6.33と、成績は芳しくないものであった。さらには上半身のコンディション不良(左肘痛)が発生し、6月中旬から公式戦に出場せずにリハビリ生活を送っている[17]。また、同年中には6月11日、9月2日の二度、新型コロナウイルス陽性判定を受ける悲運にも見舞われている[18]。11月4日、屋内練習場で離脱後初となるブルペン投球を行い[19]、12月23日には屋内練習場でやり投げの動作原理を活用したジャベリックスローなどの練習に取り組んでいる姿を見せている[20]

選手としての特徴・人物編集

左腕から最速155km/hの直球を投げ込む。火の国サラマンダーズで指導をした馬原孝浩はこの直球を「打者の手元でホップする、回転数もある、誰もまねできない直球」と評する[21]。変化球は130km/h台後半のツーシームカットボール、130km/h台半ばのフォークを投げる[22]

NPB入り後は制球力不足が露呈し、1年目はウエスタン・リーグでの登板で21回1/3の投球回に対して、与四球20を記録。二軍投手コーチの小笠原孝は「悪いときは体が横振りになる」とフォームの乱れを指摘する[17]

目標とする投手は則本昂大[22]

火の国サラマンダーズ時代は後輩の捕手・深草駿哉に2人分の食費を渡し、朝と夜の炊事を担当してもらい、グラウンド内外で女房役をしてもらっていた[23][24]。それまではコンビニ中心の食生活であったが、深草のおかげでバランスの良い食事を摂れるようになり、急成長の要因にもなったという[24][25]

詳細情報編集

九州アジアリーグでの年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2021 熊本 36 0 0 0 0 2 1 19 3 .667 144 36.1 19 0 15 - 0 63 2 0 9 7 1.73 0.94
通算:1年 36 0 0 0 0 2 1 19 3 .667 144 36.1 19 0 15 - 0 63 2 0 9 7 1.73 0.94
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

九州アジアリーグでのタイトル・表彰編集

  • 最多セーブ投手賞(2021年)[9]
  • MVP(2021年)

背番号編集

  • 47(2021年)
  • 26(2022年 - )

脚注編集

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年11月16日閲覧。
  2. ^ a b “独立リーグ「火の国」の最速155キロ左腕、12球団から調査書 「師匠」は鷹の元守護神”. 西日本スポーツ: p. 2. (2021年10月9日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/813237/?page=2 2021年10月18日閲覧。 
  3. ^ 遊学館が逆転勝ち ファーストストライク狙った - 高校野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年10月10日閲覧。
  4. ^ 東海大相模が大勝で遊学館下し5年ぶり8強進出 - 高校野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年10月10日閲覧。
  5. ^ 東海大相模 対 遊学館 - スコア速報 - 第97回高校野球選手権(2015) : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年10月10日閲覧。
  6. ^ <硬式野球部>南東北大学野球春季1部リーグ戦において、石森大誠さんがベストナインに選出されました!!”. 東北公益文科大学. 2021年10月11日閲覧。
  7. ^ a b 東北公益文科大・石森、熊本ゴールデンラークス内定 - アマ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年10月10日閲覧。
  8. ^ a b c 火の国サラマンダーズ・石森大誠 最速155キロ「熊本のドクターK」 - スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年10月10日閲覧。
  9. ^ a b 「2021 ヤマエ久野 九州アジアリーグ 個人賞」について (PDF)”. 一般社団法人九州アジアプロ野球機構 (2021年10月18日). 2021年10月26日閲覧。
  10. ^ “中日ドラ3石森が九州アジアリーグ初代MVP「新人王を目標に」”. 西日本スポーツ. (2021年10月28日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/823262/ 2021年10月28日閲覧。 
  11. ^ NPBドラフト会議 指名選手のお知らせ - 九州アジアプロ野球機構(2021年10月11日)2021年10月12日閲覧。
  12. ^ “【指名サプライズ】本指名独立L唯一!史上2位タイ上位の中日3位!「火の国サラマンダーズ」石森大誠”. スポーツニッポン. (2021年10月11日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/10/11/kiji/20211011s00001728746000c.html 2021年10月12日閲覧。 
  13. ^ 中日3位石森大誠と仮契約 「実感湧いて」馬原イズム胸に炎のストッパーへ” (日本語). 日刊スポーツ (2021年11月24日). 2022年11月13日閲覧。
  14. ^ 【中日】新入団発表 ドラフト1位・ブライト健太は背番号「42」、鵜飼航丞は「4」全6選手が決意”. スポーツ報知 (2021年12月17日). 2021年12月18日閲覧。
  15. ^ “中日、春季キャンプメンバー発表 ドラ1・ブライト、44歳・福留、4年目・根尾が1軍”. Full-Count. (2022年1月20日). https://full-count.jp/2022/01/20/post1177366/ 2022年3月16日閲覧。 
  16. ^ “ルーキー石森がガチガチ…マウンド向かった中日・落合ヘッドの“緊張をほぐす術” 肩を抱いてかけた魔法の言葉とは”. 中日スポーツ. (2022年3月14日). https://www.chunichi.co.jp/article/434259 2022年3月16日閲覧。 
  17. ^ a b “中日・石森大誠 制球力を磨いて一軍デビューへ/即戦力と言われて”. 週刊ベースボール ONLINE. (2022年9月6日). https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20220912-12 2022年9月8日閲覧。 
  18. ^ “【中日】石森大誠が2度目のコロナ陽性”. 中日スポーツ. (2022年9月2日). https://www.chunichi.co.jp/article/537720 2022年9月8日閲覧。 
  19. ^ “左肘痛の中日・石森大誠がブルペン投球を再開 捕手立たせ20球「問題なかった」”. 中日スポーツ. (2022年11月4日). https://www.chunichi.co.jp/article/576474 2022年11月14日閲覧。 
  20. ^ “【中日】逆襲の2年目へ…石森大誠投手”やり投げ練習”でフォーム固め”. 中日スポーツ. (2022年12月23日). https://www.chunichi.co.jp/article/606597 2022年12月26日閲覧。 
  21. ^ “今年開幕の九州独立リーグからドラフト指名 夢は「160キロ」”. 毎日新. (2021年10月12日). https://mainichi.jp/articles/20211011/k00/00m/050/316000c 2021年10月1日閲覧。 
  22. ^ a b 広尾晃 (2021年10月11日). “〈中日ドラフト3位〉石森大誠が“独立Lで155kmサウスポー”に化けた、馬原孝浩コーチの助言「お前の球を投げていれば」”. Number Web: p. 3. https://number.bunshun.jp/articles/-/850172?page=3 2021年10月1日閲覧。 
  23. ^ “バッテリーの絆深く 石森投手(火の国)ドラフト指名 食生活支えた深草捕手”. 熊本日日新聞. (2021年10月12日). https://kumanichi.com/articles/429581 2021年12月4日閲覧。 
  24. ^ a b “独立リーグからプロ入り「1%の狭き門」挑んだ ダルも注目した逸材・植田拓と155キロ左腕・石森大誠”. Sponichi Annex. (2021年10月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/10/16/kiji/20211016s00041000001000c.html 2021年12月4日閲覧。 
  25. ^ 速報ドラフト会議 THE運命の1日 2021/10/11(月)19:00 の放送内容 ページ1”. TVでた蔵. 2021年12月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集