メインメニューを開く

秋田厚生医療センター(あきたこうせいいりょうせんたー、英:Akita Kousei Medical Center)は、秋田県秋田市飯島西袋に所在する、秋田県厚生農業協同組合連合会(JA秋田厚生連)が設置する病院である。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 秋田厚生医療センター
AkitaKumiaiGeneralHospital.jpg
情報
正式名称 秋田県厚生農業協同組合連合会 秋田厚生医療センター
英語名称 Akita Kousei Medical Center
前身 秋田医療組合、秋田組合病院、秋田組合総合病院
標榜診療科 血液内科 精神科 神経内科 呼吸器内科 消化器内科 循環器内科 糖尿病・代謝内科 小児科 消化器外科 呼吸器・乳腺外科 整形外科 脳神経外科 心臓血管外科 小児外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 放射線治療科 麻酔科 緩和ケア内科 病理診断科 腎臓内科
許可病床数

479床
一般病床:477(うち地域包括ケア病床50床、ハイケアユニット6床)


感染症病床:2床
開設者 秋田県厚生農業協同組合連合会
(JA秋田厚生連)
管理者 遠藤和彦(病院長)
開設年月日 1932年2月
所在地
011-0948
秋田県秋田市飯島西袋1丁目1-1
位置 北緯39度46分3.8秒東経140度5分34.1秒座標: 北緯39度46分3.8秒 東経140度5分34.1秒
二次医療圏 秋田周辺
PJ 医療機関
テンプレートを表示

概要編集

1932年(昭和7年)の病院開設。 秋田市北部とそれに隣接する潟上市、男鹿市、五城目町、八郎潟町、井川町、大潟村に住む約40万人のうち、診療圏内人口約18万人余りを対象とする標榜診療科26科、地域包括ケア病床50床を含む479床の急性期地域中核総合病院である。 基幹型臨床研修病院で研修センターを有し、ほぼ毎年フルマッチで秋田県内の市中病院の中で最多の24人の研修医が日夜研鑽に励んでいる。 2009年(平成21年)2月から地域がん診療連携拠点病院に指定され、秋田県内で3番目のがん登録数を有している。また救急告示病院で2016年度(平成28年度)は秋田県内で最も多い23,171人の救急患者と3,490台の救急車を受け入れている。 『患者中心の医療の実践』と『質の高い医療の提供』を基本理念に掲げており、日総研による外部審査を受け接遇大賞を受賞した。また秋田県厚生連9病院の患者満足度調査においても、総合部門優秀賞を受賞し、接遇部門でダブル受賞を達成した。  また地域連携をより一層強固なものにして地域包括ケア病床の有効利用と逆紹介率を上げて地域完結型の医療を目指している。

沿革編集

交通アクセス編集

関連項目編集

註釈編集

  1. ^ a b c d 病院の特徴と歴史秋田厚生医療センター

外部リンク編集