がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院から転送)

がん診療連携拠点病院(がんしんりょうれんけいきょてんびょういん)とは、質の高いがん医療の全国的な均てん化を図ることを目的に整備された病院のことである。

目次

分類編集

がん診療連携拠点病院は、既存の病院の中から都道府県知事が推薦し、厚生労働省が認可する形で指定され、その指定要件別に以下の4種類に分けられる。

1. 独立行政法人国立がん研究センター中央病院及び東病院
特に、他のがん診療連携拠点病院への支援、並びに専門的医師等の育成等の役割を担うこととされている。
2. 地域がん診療連携拠点病院
診療体制、研修体制、情報提供体制の3項目について指定要件が盛り込まれている。各都道府県において、2次医療圏に1カ所程度を目安に整備するとされている。
2'. 特定機能病院としてのがん診療連携拠点病院
2の指定要件に加えて、腫瘍センター等の設置や他のがん診療連携拠点病院への医師の派遣に関する要件が追加されている。
3. 都道府県がん診療連携拠点病院
2の指定要件に加えて、がんを専門とする医療従事者への研修の実施や都道府県がん診療連携協議会の設置などに関する要件が追加されている。各都道府県に概ね1箇所整備するとされている。
4. 特定領域がん診療連携拠点病院
特定のがん種において、当該都道府県内で非常に多くの症例を担当しており、拠点病院的な役割を担っているとして都道府県が推薦し厚生労働省が指定した病院。

また、二次医療圏内にがん診療連携拠点病院が存在しないために、隣接する二次医療圏とグループを組んで地域のがん診療を担う病院として都道府県が推薦し厚生労働大臣が指定した地域がん診療病院がある。上記のがん診療連携拠点病院と併せて、「がん診療連携拠点病院等」として一括して扱われることが多い。

しかし、認定された施設が専門医や医療体制が充分に担保されている施設であるか否かというと、認定には政治的判断が用いられているため疑問な点もある。 例えば島根県には5施設が認可を受けており、放射線治療の専門医である日本放射線腫瘍学会の認定医は島根県には現在7人であるが、施設間の偏りがある。

指定病院一覧編集

太字は都道府県がん診療連携拠点病院。

北海道編集

東北地方編集

青森県編集

岩手県編集

宮城県編集

秋田県編集

山形県編集

福島県編集

関東地方編集

茨城県編集

栃木県編集

群馬県編集

埼玉県編集

千葉県編集

東京都編集

神奈川県編集

中部地方編集

新潟県編集

富山県編集

石川県編集

福井県編集

山梨県編集

長野県編集

岐阜県編集

静岡県編集

愛知県編集

近畿地方編集

三重県編集

滋賀県編集

京都府編集

大阪府編集

兵庫県編集

奈良県編集

和歌山県編集

中国地方編集

鳥取県編集

島根県編集

岡山県編集

広島県編集

山口県編集

四国地方編集

徳島県編集

香川県編集

愛媛県編集

高知県編集

九州地方編集

福岡県編集

佐賀県編集

長崎県編集

熊本県編集

大分県編集

宮崎県編集

鹿児島県編集

沖縄県編集

関連項目編集

外部リンク編集