井川町

日本の秋田県南秋田郡の町

井川町(いかわまち)は秋田県中央部に位置する

いかわまち
井川町
Scenery of Nihon Kokkaen 20210425.jpg
日本国花苑
井川町旗 井川町章
井川町旗 井川町章
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 秋田県
南秋田郡
市町村コード 05366-0
法人番号 3000020053660 ウィキデータを編集
面積 47.95km2
(境界未定部分あり)
総人口 4,464[編集]
推計人口、2021年4月1日)
人口密度 93.1人/km2
隣接自治体 秋田市潟上市南秋田郡五城目町八郎潟町大潟村
町の木 クロマツ
町の花 サクラ
町の鳥 ヤマドリ
井川町役場
町長 齋藤多聞 
所在地 018-1596
秋田県南秋田郡井川町北川尻字海老沢樋ノ口78-1
北緯39度54分50.9秒東経140度4分53.1秒座標: 北緯39度54分50.9秒 東経140度4分53.1秒
井川町役場
外部リンク 公式ウェブサイト

井川町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

八郎潟に面した町で、東部は俎山を東端とする山地になっている。

八郎潟調整池に境界未定部分がある[1]

隣接している自治体編集

人口編集

 
井川町と全国の年齢別人口分布(2005年) 井川町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 井川町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

井川町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


歴史編集

町長編集

2015年2月15日投開票の町長選挙の結果、齋藤正寧の長男で、元団体職員の齋藤多聞が初当選し、同年2月15日に就任した。齋藤多聞は、曽祖父・祖父が旧上井河村村長、父が前町長と、直系4代で町村長を務めた家系の出身となる[2][注 1]

歴代村長および町長編集

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
村長職務執行者 齋藤正作 1955年(昭和30年)2月1日 1955年(昭和30年)3月13日 上井河村長。後に県議に転出。
1 遠藤三之丞 1955年(昭和30年)3月14日 1959年(昭和34年)2月23日
2-6 鷲谷嘉兵衛 1959年(昭和34年)3月1日 1979年(昭和54年)2月28日
7-15 齋藤正寧 1979年(昭和54年)3月1日 2015年(平成27年)1月5日
(任期途中での死亡退任)
元県議。齋藤正作の長男。
町長職務代理者 遠藤兼美 2015年(平成27年)1月5日 2015年(平成27年)2月15日
16-17 齋藤多聞 2015年(平成27年)2月15日 (現職) 齋藤正寧の長男。

産業編集

郵便局編集

  • 下井河郵便局
  • 上井河郵便局
  • 今戸簡易郵便局
  • 井内簡易郵便局(一時閉鎖中)

町内を担当する集配局は、潟上市飯田川郵便局ゆうゆう窓口機能は秋田中央郵便局が担当)。

金融機関編集

指定金融機関秋田銀行(取りまとめ店は五城目支店)となっている。

教育編集

  • 井川町立井川義務教育学校

2018年4月に、井川町立井川中学校の敷地を利用して、小中一貫教育を行う、秋田県内では初となる義務教育学校が設置された。これに伴い、井川町立井川小学校と井川町立井川中学校は閉校となった。

医療編集

町内に公立の病院はなく、八郎潟町にある湖東厚生病院まで無料の井川町巡回バス「さくら号」「ゆうゆう号」を運行している。

国保井川町診療所は、かねてから常勤の医師が不在となることも少なからずあり、他自治体にある比較的規模の大きい病院から週に数回、医師を派遣要請することで対応する状態になる事もある他、2015年に行われた前町長の死去に伴う町長選挙では、当時は完全に不在となっていた常勤医師を置くことを公約にした候補者もおり、2016年時点では、60歳代の内科医1名のみ確保している状況となっている(他の診療科は、引き続き派遣要請する医師などで対応している)。

交通編集

 
井川さくら駅

鉄道編集

バス編集

道路編集

出身者編集

その他編集

市外局番編集

秋田市と同じ、018である。収容局と局番は以下の通り。

  • 井川…854-6、855-6、874-2〜4

井川町を舞台にした作品編集

井川さくら駅日本国花苑が登場している。

引用編集

  1. ^ 湖沼面積 (PDF)”. 国土地理院 (2015年3月6日). 2015年3月9日閲覧。
  2. ^ <井川町長>曽祖父から直系4代首長河北新報2015年03月02日月曜日(2015年3月2日閲覧)

注釈編集

  1. ^ 同一の自治体で直系の親子3代共に首長就任という事例は、宮城県黒川郡大衡村埼玉県浦和市(現在のさいたま市)等で存在するが、途中の自治体合併を経たかどうかを問わず、直系4代という事例はこれまでの記録上存在していない状態だった。

参考文献編集

外部リンク編集