メインメニューを開く

竹内 洪(たけうち こう 1942年 - )ガラス工芸作家。東京世田谷で生まれ、岐阜県多治見市出身 大阪府茨木市在住

サンドブラストガラス工芸を世界ではじめて開発した第一人者。

人物編集

1942  東京都渋谷区に陶芸作家の父、蘭山の八男として生まれる。イタリアのガラス工場で、サンドブラスト用に長年研究していた複層の被せガラスの技法を、世界で初めて成功させた。その後、多層外被せガラスを自ら吹製(すいせい)し、精緻なサンドブラストのガラス工芸品を世界に発表。世界最高峰のグランプリ、大賞を数々受賞し、サンドブラストガラス工芸の世界的な第一人者となる。

 
藤花紋扁坪

経歴編集

陶器、日本画、写真、建築、デザインを学び、大阪の大手ガラス会社カメイガラス(株)にグラフィックデザイナー(ビジュアルデザイン)として入社。その後、インダストリアルデザインに変更し、多ジャンルにわたり活動する。その傍ら、サントリー、資生堂など多くのデザインを手がけ、資生堂では梅田東映会館、阪急十八番街の資生堂美容室で、フェイシャル、ボディー、ヘアーのデザインやデッサンを指導。カメイガラス株式会社退社後、ガラス工芸作家として活躍。世界で初めての「サンドブラストガラス工芸」が、自分一代で終えることがないよう後継者育成のため、門戸を開き国内外に技法を指導し多くの門下生を世に輩出。

竹内洪がサラリーマン時代にサンドブラストガラス工芸の開発をはじめて30余年、日本国内でサンドブラストに関わる人口は20万人とも30万人とも言われている。竹内洪の門下生を始め、孫弟子や曾孫弟子など多くのサンドブラスト作家が日展や伝統工芸の一翼を担うようになった。

ガラス工芸作家活動をする傍ら、KO式会議法を開発。会議の指導、アイディアの啓蒙、企業や団体、大学を始め教育機関での講演も多数。 

環境や生態系の研究も深く、「芸術の森―緑の回廊」大阪府環境賞の受賞など、多彩な活動に及ぶ。郵政省の依頼で大阪府版「年賀えはがき」の挿絵も複数年に渡り描く。「竹内洪作品集」政府刊行物「かんぽう」より発行。旭屋書店・紀伊国屋書店・ジュンク堂他全国主要書店で発売し、第三刊で増刷打ち切り。大阪北新地・東京銀座などをテーマにした「眠らぬ都市教育書」「夜のミーティング」「hostess」編「club Owner」編など、増刷。いずれも完売。

富山ガラス造形研究所開校(1991年)に、故藤田喬平氏らとともに設立に協力。設立より非常勤講師として指導。

滋賀県長浜市黒壁ガラス館(1989open・滋賀県長浜市の、旧第百三十銀行の保存が目的) 開設に参画協力。

 
梟紋照明


ガラス工芸作家としての略歴編集

1974 

鎌倉近代美術館招待出品「竹内 洪ガラス展」京都高島屋、奈良近鉄百貨店個展

1978   

世界クラフト会議ディレクタ-(PD・JPN)就任 ●東京国立近代美術館招待出品●京都国立近代美術館招待出品 ●「竹内 洪ガラス展」大阪高島屋、大阪大丸百貨 店  ●独Frankfurtにて「竹内 洪作品展」●世界初のサンドブラスト細密彫刻ガラス工芸品「日本の美」 菖蒲、松籟、藤、梅、桜、古寺など茶道具、花器、飾り皿、照明を発表

1983     

●独、仏、伊 等Europe 各地作品展CZ ●CHOSLOVAK Glass Review(チェコ)●Fortune(米)、Art Magazine(米) ●The beauty of Modern Glass(英)、(仏)、(独)他、特集個展―「竹内 洪ガラス工芸個展」大阪三越百貨店(~2005年) ●たちきち本店(~1985)●阪急百貨店(~1991)、大阪和光(~1993) ●西日本TV開局記念オープニングギャラリ-「レッドキャンプ

1989 ●現代クラフトギャラリ-「竹内 洪師弟展」高島屋百貨店阪急百貨店大丸百貨店・近鉄百貨店・そごう百貨店 他 

●現代クラフトギャラリ-「竹内 洪師弟展」高島屋百貨店阪急百貨店大丸百貨店・近鉄百貨店・そごう百貨店 他 

1989 

Cannes Parisカンヌ国際芸術展大賞受賞 ●rance SergeMarijisse賞受賞● N.Y. Gallery MolinaHELLER Gallery(USA) ●ニュ-ヨ-クSOHO大賞受賞

●赤坂游ギャラリ-(‘92~2005)   ●大阪阪急・銀座松屋・新宿京王 ●日本ガラス工芸協会展

1996

英国Middles brought美術館受賞・G展 ●新潟大和百貨店個展日本伝統工芸展出品 NAVIO美術館 ●「竹内 洪師弟展」東京日本橋三越百貨店 ●大阪府工芸功労者表彰

2001

「あかり展」東京・赤坂游ギャラリ-企画展 「竹内 洪ガラス工芸展・個展」大阪北浜 三越・三越ギャラリ-●「大阪工芸協会選抜展」京阪守口・京阪百貨店ギャラリ- ●東京・小田急百貨店「個展」

2003 

「竹内 洪作品展」横浜そごう百貨店 ●2001,2003年「大阪府版年賀えはがき」原画作成「●鉄・花・ガラス―古都を巡る奈良三会場」鉄:松岡信夫(東京)・草月流:岩本知星(奈良)・ガラス:竹内 洪・併設選抜門下生展正倉院展期間中:会場・薬師寺内料亭「万京」・料亭「菊水楼」・奈良町「宮崎ギャラリー」●IWGドイツ国際ガラス展「世界巨匠展」招待出品・「竹内 洪ガラス工芸個展」奈良菊水楼●「大阪環境賞」個人部門受賞(生態系の啓蒙―自然生態系の回帰・芸術の森―緑の回廊)

2005 

「‘05日本のガラス展」東京渋谷東急本店 ●「‘05ガラス展」黄金崎クリスタルパーク

●IWGドイツ国際ガラス展「世界の巨匠展」 ●東急本店「日本のガラス展」●帝国ホテル(ギャラリー尾山・大阪)「竹内洪ガラス工芸個展」併設「選抜一門展」

2010 

●東京・丸の内本店4階丸善ギャラリー「竹内 洪ガラス工芸展」併設「工芸絵画芸術祭」●帝国ホテル(ギャラリー尾山・大阪)「竹内洪ガラス工芸個展」および「竹内洪師弟展」1ヶ月会期 ●JR三越伊勢丹美術画廊にて「竹内 洪ガラス工芸展・併設 師弟展」開催。

2014  

●帝国ホテル(ギャラリー尾山・大阪)「竹内洪ガラス工芸個展 ― テーマ あかり」●IWGドイツ国際ガラス展「巨匠展」招待出品●京都芸術祭国際芸術交流展「京都市美術館」●帝国ホテルギャラリー尾山「竹内洪ガラス工芸個展・選抜一門展」1か月間開催●京都芸術祭国際芸術交流展:世界遺産京都平安神宮額殿「平安の雅」出品 ●IWGドイツ国際ガラス展「世界巨匠展」招待出品「侘び寂びの世界」2018年特別出品

作品編集

安藤忠雄光の教会・「百合紋洗礼盆」 

●茨木市立沢池幼稚園「ステンドガラス・合わせステンド動物」巾2.5m・「ステンドガラス・フラッシュステンド輝き」巾2.5m

●みのお茶寮(料亭・大阪の奥座敷)「秋月」巾約3.5m×2m ・ 採光窓「紅絹地」巾25㎝×高50㎝×6枚

法善寺横丁(大阪)・浪速割烹「喜川」・日本料理「やまと屋」

●社会法人育福会・特別養護老人H「コティコート北大阪エレベーターホール」2階~6階に巾約3m×2m×6フロアー

●大阪北新地地区:「瑠sion」「club・エクセレント幸子」「club・琥珀」「club・悠々亭」「club・ルナロッサ」「snack・ファンタジア」

その他:企業・施設・個人邸宅 多数

出演番組編集

● NHK生活笑百科」12:15~12:45 仁鶴・オール巨人阪神・~ゲスト出演

● NHK 総合テレビ(全国NET-生中継) PM6:15「竹内 洪のアトリエ」ゲスト出演

● NHK 総合テレビ(大阪)月曜~木曜 PM5:15 「もっともっと関西」http://www.3bayashi.com/2007/kansai/6.19/top.htm

● NHK ニュ-スセブン(全国N-生中継) PM7:00「竹内 洪の作品紹介」ゲスト出演

● NHK ハイビジョンテレビ「テーマ・ランプ・工場-取材-スケッチ-彫刻-完成」

● NHK「ももかん」1時間番組 司会:濱中博久・commentator:三林京子・作品紹介 ゲスト出演

● NHK 「達人名鑑」1時間生番組 司会:葛西聖司 アシスタント:AHN MIKA(モデル)ゲスト出演

● NHK「土曜マルシェ」関東甲信越-再放送全国NET「ガラスの魅力 - カルチャ―」ゲスト出演

● TBS 日テレ系列 (全国NET)「ゴ-ルドメダリスト竹内 洪のガラス工芸」ゲスト出演

● YTV (読売テレビ) 雪の丞一座「竹内 洪のアトリエ・ガラス体験教室」取材

● KTV(関西テレビ)「Aタイム ガラスの魅力」1時間番組3日連続ゲスト出演

● 富山チューリップテレビ 30分 ゲスト出演

●  フジテレビ系列 全国NET「サンドブラストで世界を席巻したガラス工芸作家」ゲスト出演

● 三枝と枝雀「世界を驚愕させた 日本のガラス工芸作家」ゲスト 竹内 洪 1時間番組 ゲスト出演

● ABC-TV「ココイロ」世界初のガラス技法で 「わび・さび の世界を」https://www.asahi.co.jp/kokoiro/backnumber/20111003.html

● J-COM Broadbandテレビ 北大阪全域(1ヶ月毎日15分)彩都大阪I.F.M ゲスト出演

● CATVC吹田ケ-ブルテレビ・豊中コミュニティーテレビ・高槻ケーブルネットワーク・池田マルチメディア 各ゲスト出演

● MBS「みがくひと」

● BS朝日映画アーツ&クラフツ商会「サンドブラストの創始者」23時~23時30分

ラジオ放送番組編集

● NHKラジオ 第一放送(全国NET30分) ラジオ深夜便「25時のインタビュ-」

● NHKラジオ 全国ネット 「ラジオ深夜便-大阪を芸術の街に」インタビュア:寺谷一紀 

● NHK富山放送ラジオ「魅惑のガラス ― 富山にガラス文化をもたらす世界の第一人者」

● ABC(朝日放送ラジオ)「おはよう 朝日です

● ABC1008(朝日放送ラジオ)「ホットハート日曜柴田熟」実況生中継

● KBS京都「ラジオらぶかん」13:00~14:00 アナウンサー:寺谷一紀

● ラジオ大阪新番組第一回「寺谷一紀の土曜はおまかせ」3時間半生出演  

● ラジオ大阪公開生放送「寺谷一紀の土曜はおまかせ」於高槻摂津峡」

● MBS(毎日放送ラジオ)報道番組「ガラス工芸作家 竹内 洪のアトリエ探訪」

● CBC

● MBS

掲載編集

● 美しい着物-夏(婦人画報社)「ギャラリーミュージアム」作品掲載

● 婦人画報2月「 梅 特集」作品掲載 ・ ラ・セーヌ(学研)「アートと器」作品掲載

● UFJ-PLAZA21ー54号表紙、見開き2頁に作品掲載

● ソフィア(講談社)「灯火親しむ。[和]感覚の照明器具・ソフィア「書のある空間」    

● 「世界で活躍する作家―ガラス工芸作家 竹内 洪」読売新聞

● セントラル硝子株式会社「GLASS LIFE」ガラスで表現する「侘・寂の世界」

● 煎茶の魅力(中央公論社)ガラスで設える煎茶道具「竹内 洪の世界」

● DECODECO(インターアート出版)インテリアとアートの旅「源氏物語‐葵の巻」

● 日東電工株式会社:発行「粘着テープの文化誌」AdhesiveTape:ItsProgress andPanorama  

● 日刊工業新聞 ガラス革命「サンドブラスト工芸に新たな開発―ガラス工芸作家竹内洪」液体マスキングの開発

● 朝日新聞(2007・1・10)液体マスキングの完成「世界が注目・ガラス工芸作家竹内 洪」

  朝日新聞社発行「暮らしの風」5月号掲載  

● 産経新聞(2018・3・19~)月曜日~土曜日‣週間連載約半頁「竹内洪・世界で初めての~ガラス」

講演編集

●講演の達人 ●世界デザイン会議講演(名古屋デザイン会議会場) ●嵯峨御流講演(京都大覚寺) 

●大阪電業組合(大阪電業会館) ●講演とディナーショウ(東京赤坂プリンスホテル) ●美と環境講演(福岡建築協会) ●森専雅先生出版記念講演「教育を考える」茨木商工会議所大ホール ●ベンチャービジネス論(追手門学院大学)●森専雅先生出版記念講演「犬・猫保護法を考える」茨木市役所西館大ホール ●「魅力的になること・成長」大阪産業会館 ●「新聞改革」日刊工業新聞会館 ●モラロジー講演「道徳と感性を培う・正解主義からの脱却」茨木市民総合センター ●その他、企業や教育関係、起業ベンチャーなど。

その他編集

● 「竹内洪作品集」発刊―旭屋書店・紀伊国屋書店・ジュンク堂(政府かんこうぶつ官報にて発行)

● 「芸術の森―緑の回廊・市民フォ-ラム設立検討会」「自然環境・観光化・他」竹内 洪の1時間講演とフォ-ラム設立趣旨説明 


その他「竹内洪作品集」

サンドブラストガラス工芸の創始者として、30余年の作品をカラー写真200余点を掲載。

サンドブラスト200数十点の作品すべてに、外被せガラスの色層や吹製技法、彫刻技法、歴史、取材、 生態系や名前の由来、特性、生体、環境などの解説をおりまぜて掲載。

旭屋書店・紀伊国屋書店・ジュンク堂その他全国書店で販売。

税込み12,600円。全国の書店で政府刊行物「かんぽうサービス」から取り寄せ可能。

外部リンク編集