メインメニューを開く

第2次森内閣 (改造 中央省庁再編後)

中央省庁再編後の第2次森改造内閣

第2次森改造内閣(だいにじもりかいぞうないかく)は、森喜朗が第86代内閣総理大臣に任命され、2001年(平成13年)1月6日から同年4月26日まで続いた日本の内閣である。

第2次森改造内閣
内閣総理大臣 第86代 森喜朗
成立年月日 2001年(平成13年)1月6日
終了年月日 同年4月26日
テンプレートを表示

中央省庁再編前の第2次森改造内閣と閣員は変わらず、中央省庁再編により新体制となった各省大臣等の補職辞令が発出されたものである。

目次

概要編集

新省庁となった銘板の揮毫は原則、各省大臣の手になるものである。ただ財務省については、宮澤喜一が最後まで拒んだため、パソコン楷書体から宮澤自ら文字を選定し、銘板を作成した(大蔵省の項を参照)。

2001年(平成13年)2月10日に起きたえひめ丸事故で休暇中だった森は当時ゴルフのプレー中で初動の対応の悪さに批判が殺到し、世論調査では支持率8%、不支持率82%まで達した[1]2001年(平成13年)3月5日に内閣不信任決議が否決されたが、52日後の4月26日に低支持率などを理由に内閣総辞職をした。これは長期政権の党首任期満了や国政選挙敗北以外では、内閣不信任否決から総辞職までの最短記録である[2][3]

国務大臣編集

職名 氏名 所属 特命事項等 備考
内閣総理大臣   森喜朗 衆議院
自由民主党
森派
自由民主党総裁
総務大臣   片山虎之助 参議院
自由民主党
橋本派
法務大臣   高村正彦 衆議院
自由民主党
高村派
内閣総理大臣臨時代理就任順位第3位
外務大臣   河野洋平 衆議院
自由民主党
河野G
内閣総理大臣臨時代理就任順位第2位
財務大臣   宮澤喜一 衆議院
自由民主党
堀内派
文部科学大臣   町村信孝 衆議院
自由民主党
(森派)
国立国会図書館連絡調整委員会委員
厚生労働大臣   坂口力 衆議院
公明党
農林水産大臣   谷津義男 衆議院
自由民主党
江藤・亀井派
経済産業大臣   平沼赳夫 衆議院
自由民主党
(江藤・亀井派)
国際博覧会担当
内閣総理大臣臨時代理就任順位第4位
国土交通大臣   林寛子 (扇千景) 参議院
保守党
首都機能移転担当
環境大臣   川口順子 民間人 地球環境問題担当
内閣官房長官
男女共同参画担当大臣
  福田康夫 衆議院
自由民主党
(森派)
内閣総理大臣臨時代理就任順位第1位
国家公安委員会委員長
防災担当大臣
  伊吹文明 衆議院
自由民主党
(江藤・亀井派)
危機管理担当
防衛庁長官   斉藤斗志二 衆議院
自由民主党
(橋本派)
沖縄及び北方対策担当大臣
規制改革担当大臣
  橋本龍太郎 衆議院
自由民主党
(橋本派)
行政改革担当
金融担当大臣   柳澤伯夫 衆議院
自由民主党
(堀内派)
内閣総理大臣臨時代理就任順位第5位
経済財政政策担当大臣   額賀福志郎 衆議院
自由民主党
(橋本派)
新千年紀記念行事担当
情報通信技術(IT)担当
2001年(平成13年)1月23日辞任
  麻生太郎 衆議院
自由民主党
(河野G)
新千年紀記念行事担当
情報通信技術(IT)担当
2001年(平成13年)1月23日就任
科学技術政策担当大臣   笹川堯 衆議院
自由民主党
(橋本派)

※橋本国務大臣の補職のうち、規制改革担当大臣の発令は2001年4月1日。

内閣官房副長官・内閣法制局長官編集

内閣総理大臣補佐官編集

職名 氏名 担当事項 所属等
内閣総理大臣補佐官 中曽根弘文 教育改革担当 参議院、江藤・亀井派

副大臣編集

政務官編集

脚注編集

  1. ^ 文藝春秋2018年二月号、~竹下から安倍まで~ 総理17人のベスト3 御厨貴後藤謙次、170頁
  2. ^ 第3次佐藤内閣は1972年(昭和47年)6月15日に内閣不信任決議が否決されて、22日後の7月7日に長期政権の党首任期満了を理由に総辞職した例がある。
  3. ^ 第2次橋本内閣は1998年(平成10年)6月12日に内閣不信任決議が否決されて、48日後の7月30日に参院選敗北を理由に総辞職した例がある。

関連項目編集

外部リンク編集