メインメニューを開く

第90回天皇杯・第81回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会

準々決勝、千葉ジェッツ対トヨタ東京
準々決勝、リンク栃木対日立東京

東日本大震災復興支援 第90回天皇杯・第81回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会(ひがしにほんだいしんさいふっこうしえん だい90かいてんのうはい・だい81かいこうごうはい ぜんにほんそうごうバスケットボールせんしゅけんたいかい)は、2015年1月1日から12日までの期間に開催された全日本総合バスケットボール選手権大会。通称オールジャパン2015。

男子は日立サンロッカーズ東京が初優勝、女子はJX-ENEOSサンフラワーズが2年連続19回目の優勝を果たした。

概要編集

大会は国立代々木競技場第一体育館・第二体育館と駒沢体育館大田区総合体育館の4会場で開催し、トーナメント方式により優勝チームを決定する。1チームの選手数は日本バスケットボール協会に競技者登録された16名以内で、外国籍選手の出場は同時間帯につき1名まで(オン・ザ・コート・ワン)[1]

参加資格があるチームは日本バスケットボール協会に加盟登録されたチームで、男子は次の計36チーム。

女子は次の計32チーム。

  • WJBLより推薦された11チーム(前シーズンのリーグ戦結果により推薦順位を決定)
  • 全日本大学連盟から推薦された8チーム
  • 全日本社会人選手権より推薦された3チーム
  • 全国高校選手権より推薦された1チーム
  • 地方ブロック協会より推薦された9チーム

出場チーム編集

男子編集

NBL
NBDL
学生
  • 筑波大学(1位)
  • 大東文化大学(3位)
  • 国士舘大学(5位)
  • 近畿大学(7位)
  • 東海大学(2位)
  • 拓殖大学(4位)
  • 明治大学(6位)
  • 慶應義塾大学(8位)
社会人
  • 和歌山クラブ(2位)
高等学校
地方ブロック協会

女子編集

WJBL
学生
社会人
高等学校
地方ブロック

試合結果編集

 
3回戦、早稲田大対新潟
 
3回戦、JX-ENEOS対東京健康医療大
 
3回戦、筑波大対デンソー
 
3回戦、トヨタ対秋田銀行
  • KA・KB:駒沢体育館
  • OA・OB:大田区総合体育館
  • Y1:代々木第一体育館
  • Y2:代々木第二体育館

男子編集

1回戦
日時 Y2 KA KB
1日12:00 中京大学 68 - 97 千葉 東京Z 78 - 59 JR東日本秋田 福岡大学附属大濠高 68 - 94 拓殖大学
1日13:40 東海大学 121 - 43 EBETSU W・B 豊田通商名古屋 135 - 60 流通科学大学 九州電力 51 - 53 慶應大学
1日15:20 明治大学 76 - 80 和歌山トライアンズ TOTAL・CLUB 62 - 74 和歌山クラブ 国士舘大学 95 - 52 UNITE
1日17:00 熊本 100 - 58 大東文化大学 曙ブレーキ工業 69 - 68 近畿大学 日本経済大学 64 - 90 東京EX
2回戦
日時 Y2 KA KB
2日12:00 つくば 55 - 65 拓殖大学 東京Z 60 - 65 千葉 東海大学 97 - 106 豊田通商
2日13:40 慶應大学 55 - 97 兵庫 和歌山クラブ 47 - 76 和歌山トライアンズ 熊本 101 - 50 曙ブレーキ工業
2日15:20 北海道 98 - 62 国士舘大学
2日17:00 東京EX 76 - 58 石川ブルースパークス
3回戦
日時 Y1 Y2
3日12:00 拓殖大学 62 - 119 トヨタ東京 アイシン三河 60 - 67 千葉
3日14:00 リンク栃木 82 - 64 兵庫ストークス 豊田通商 86 - 104 日立東京
3日16:00 北海道 64 - 84 東芝神奈川 三菱電機名古屋 96 - 47 和歌山トライアンズ
3日18:00 筑波大学 78 - 93 東京EX 熊本 68 - 80 広島
準々決勝
日時 Y1
4日12:00 千葉 72 - 74 トヨタ東京
4日14:00 リンク栃木 61 - 82 日立東京
4日16:00 三菱電機名古屋 60 - 81 東芝神奈川
4日18:00 東京EX 64 - 77 広島
準決勝
日時 Y1
10日15:00 トヨタ東京 78 - 80 広島
10日17:00 東芝神奈川 84 - 94 日立東京
決勝
1月12日
14:00
広島ドラゴンフライズ 66–81 日立サンロッカーズ東京 国立代々木競技場第一体育館
レフェリー: 宇田川貴生
相原伸康
東祐二

レポート
クォーター・スコア: 11-18, 12-20, 23-27, 20-16

女子編集

1回戦
日時 OA OB
1日12:00 紀陽銀行 62 - 70 大阪体育大学 アカシヤクラブ 55 - 81 順天堂大学
1日13:40 鶴屋百貨店 56 - 68 愛知学泉大学 筑波大学 69 - 56 環太平洋大学
1日15:20 秋田銀行 62 - 38 松蔭大学 足羽高等学校 27 - 94 山形銀行
1日17:00 西南女学院大学 76 - 55 今治オレンジブロッサム 東海大学九州 48 - 84 大阪人間科学大学
2回戦
日時 OA OB
2日12:00 大阪体育大学 57 - 67 東京医療保健大学 早稲田大学 96 - 58 順天堂大学
2日13:40 愛知学泉大学 63 - 67 白鴎大学 桜花学園高等学校 65 - 88 筑波大学
2日15:20 秋田銀行 76 - 62 立命館大学 日立ハイテク 62 - 47 山形銀行
2日17:00 西南女学院大学 61 - 84 羽田ヴィッキーズ アイシンAW 65 - 50 大阪人間科学大学
3回戦
日時 OA OB
3日12:00 JX-ENEOS 74 - 54 東京医療保健大学 早稲田大学 52 - 66 新潟
3日14:00 トヨタ紡織 89 - 51 白鴎大学 筑波大学 55 - 99 デンソー
3日16:00 トヨタ自動車 63 - 46 秋田銀行 日立ハイテク 52 - 70 三菱電機
3日18:00 シャンソン 88 - 67 羽田 アイシンAW 57 - 92 富士通
準々決勝
日時 Y2
4日12:00 JX-ENEOS 89 - 41 新潟
4日14:00 トヨタ紡織 59 - 63 デンソー
4日16:00 トヨタ自動車 64 - 39 三菱電機
4日18:00 シャンソン 49 - 64 富士通
準決勝
日時 Y1
10日11:00 JX-ENEOS 72 - 69 富士通
10日13:00 トヨタ自動車 61 - 75 デンソー
決勝
1月11日
14:00
JX-ENEOSサンフラワーズ 66–53 デンソーアイリス 国立代々木競技場第一体育館
レフェリー: 平育雄
中嶽希美子
渡邊整

レポート
クォーター・スコア: 11-15, 11-9, 17-14, 27-15

大会ベスト5編集

 
準々決勝、東京EX対広島
 
準々決勝、三菱電機名古屋対東芝神奈川
男子
女子

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集