ファイティングイーグルス名古屋

日本のプロバスケットボールチーム

ファイティングイーグルス名古屋(ファイティングイーグルスなごや、: Fighting Eagles Nagoya)は、日本プロバスケットボールチーム。B.LEAGUE B1 中地区所属。ホームタウン愛知県名古屋市1957年創設。正式名称は豊通ファイティングイーグルス名古屋。前身は豊田通商バスケットボール部。

ファイティングイーグルス名古屋
Fighting Eagles Nagoya
呼称/略称 FE名古屋
所属リーグ 日本の旗 B.LEAGUE
カンファレンス B1 中地区
創設年 1957年[1]
チーム史 豊田通商ファイティング
イーグルス
(1957年 - 2013年
豊田通商ファイティング
イーグルス名古屋
(2013年 - 2015年
豊通ファイティング
イーグルス名古屋
(2015年 - )
本拠地 愛知県名古屋市[2]
アリーナ
枇杷島スポーツセンター[3][4][2]
チームカラー   ブルー
運営法人 豊通ファイティングイーグルス株式会社[5]
代表者 鈴木浩昌[5]
ヘッドコーチ 川辺泰三
優勝歴 日本リーグ: 1回(2004-05)
JBL2: 3回(2008-09, 2009-10, 2011-12)
B2: 1回(2021-22)
ディビジョン優勝 B2 中地区: 1回(2017-18)
B2 東地区: 1回(2021-22)
公式サイト https://www.fightingeagles.jp/
ホームのジャージ
チームカラー
ホーム
アウェイのジャージ
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示
豊通ファイティングイーグルス株式会社
Toyotsu Fighting Eagles Nagoya Co.,Ltd
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
450-8575
名古屋市中村区名駅4-9-8 センチュリー豊田ビル
設立 2018年11月15日
法人番号 8180005016702 ウィキデータを編集
事業内容 バスケットボールトップチームの運営及び普及育成[5]
代表者 鈴木浩昌[5]
資本金 5,000万円[5]
主要株主 豊田通商株式会社
外部リンク https://www.fightingeagles.jp/
テンプレートを表示

概要

クラブ名は、強い者の象徴でその象徴である、そして戦いに常に勝つという想いを込め『FIGHTING EAGLES』と命名[4]。初代チームロゴは、クラブ名の由来である鷲を落とし込んでいる[1]

2022年7月、創部65年に合わせて新たなチームロゴを発表。鷲の横顔をベースに、広げた羽根をチームの頭文字である「F」と「E」でデザイン。また、新たなチームロゴ全体のシルエットを、Victoryの頭文字である「V」に見えるように整え、「常勝」への想いも込めている[6]。なお、2022-23シーズンは、初代チームロゴと新チームロゴを併用し[6]、新チームロゴは、2023-24シーズンからプライマリーロゴとして使用されている[6]

ホームタウンは愛知県名古屋市[2]。メインアリーナは枇杷島スポーツセンター、サブアリーナは名古屋市千種スポーツセンター[2]。そして2022年11月22日に、Bリーグ2026-27シーズンに向けて、名古屋市港区みなとアクルス内に新設予定のアリーナをFE名古屋のホームアリーナとして活動することを検討しており、「新B1クラブライセンス取得」に必要な施設基準を満たした新設予定のアリーナへ移転する予定である[7][8]


ユニフォームスポンサー(2023-24シーズン)

スポンサー

歴代ユニフォーム

HOME
2017 - 18
2018 - 19
2019 - 20
2020 - 21
2021 - 22
2022 - 23
2023 - 24
AWAY
2017 - 18
2018 - 19
2019 - 20
2020 - 21
2021 - 22
2022 - 23
2023 - 24
Other
2019 - 20
3rd
NTP GROUP
スペシャルデー
2022 - 23
3rd
ホワイト
クリスマス
2022 - 23
グランパス
コラボ
2022 - 23
5th
Admiral
コラボ

マスコット

  • リードくん

モチーフはイヌワシ。背番号は名古屋にちなんで758[4][1]

専属チアダンスチーム

Bリーグ初年度シーズン開幕前の2016年7月、エイベックス・アーティストアカデミーとタイアップして新たに結成した[10]。2020-21シーズンのFEgirlsメンバーは9名[9]

NBDL所属時までのホームゲームでは豊田通商チアリーダー部DIMPLES(ディンプルズ)が活動していた。FEgirls発足後も不定期に登場している。

開催アリーナ

B.LEAGUE

ホームアリーナ 16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22
名古屋市枇杷島スポーツセンター 24 23 18 - 18(20) 22(25)
名古屋市千種スポーツセンター 6 7 2 16(18) 10 4(5)
名古屋市中村スポーツセンター - - - 8(12) - -
DIADORAアリーナ - - 6 - - -
春日井市総合体育館 - - 2 - - -
パークアリーナ小牧 - - 2 - - -
ホーム試合数計 30 30 30 24(30) 28(30) 26(30)

括弧内は開催予定だった試合数

歴史

1957年発足[5]1988年日本リーグ2部に昇格、1989年には2部優勝で、1990年日本リーグ1部昇格を決める[5]が、1994年に3度の最下位で2部に降格する。2007年日本バスケットボールリーグ2部機構(JBL2)所属となる。

2013年NBL傘下のNBDLに所属し、NBL準加盟[5]。これに伴い、チーム名を「豊田通商ファイティングイーグルス名古屋」とする。

2015年、B.LEAGUEへの参入へ向け、名古屋市と協定書を締結する[11]。その後B2(2部)への参戦が決まり、チーム名も豊通ファイティングイーグルス名古屋(呼称:Fイーグルス名古屋、略称:FE名古屋)に変更される[12]

2016年3月22日、運営法人として一般社団法人豊通ファイティングイーグルス名古屋を設立[13]

B.LEAGUE

2016-17シーズン(B2 中地区)

Bリーグが発足し、B2リーグ中地区所属となる。ヘッドコーチ(HC)はOBの渡邊竜二が務める。中地区6チーム中2位となる。首位の西宮とは1勝差だった。

2017-18シーズン(B2 中地区)

渡邊体制2シーズン目。川辺泰三がアシスタントコーチ(AC)に就任。初の中地区優勝を達成し、プレイオフに進出。プレイオフはセミファイナルの福岡戦、3位決定戦の熊本戦に敗れ、最終順位は4位となった。

2018-19シーズン(B2 中地区)

2018年11月15日、新しい運営会社として豊通ファイティングイーグルス株式会社を設立、チームを運営していた一般社団法人豊通ファイティングイーグルス名古屋は、2018-19シーズン終了となる2019年6月末までに、FE名古屋の業務を新会社へ移管する[14]

渡邊体制3シーズン目。中地区6チーム中2位となる。

2019-20シーズン(B2 中地区)

渡邊HCが退任し、ACの川辺泰三がHCに就任した。シーズン途中の3月に新型コロナ感染症拡大の影響でシーズンが打ち切りとなる。最終順位は中地区6チーム中3位。

2020-21シーズン(B2 西地区)

川辺体制2シーズン目。コロナ禍の影響で今シーズンより東西2地区制となる。西地区8チーム中2位(全体順位4位)となり、プレイオフに進出。クォーターファイナルで越谷(全体順位5位)に1勝2敗で敗退した。

2021-22シーズン(B2 東地区)

川辺体制3シーズン目。アンドリュー・ランダルらを補強した。積極的な補強が実を結び、東地区優勝を決める。さらにB2プレーオフでもクォーターファイナルでは昨シーズンに惜敗した越谷を、セミファイナルで熊本を破り、実業団だった豊田通商時代に1994年に前身の日本リーグ2部に降格して以来、在籍していた2部リーグ(日本リーグ2部→日本リーグ(新)→JBL2→NBDL→B2リーグ)に28年間の歴史に終止符を打つとともに、28年ぶりに1部リーグ、つまりプロ化以降の悲願となるB1昇格を果たした。そして、ファイナルでの仙台に2勝1敗で破り、見事B2優勝を果たした。

2022-23シーズン(B1 西地区)

2023-24シーズン(B1 中地区)

成績

B.LEAGUE

ファイティングイーグルス名古屋 シーズン成績
レギュラーシーズン プレーオフ 天皇杯
# シーズン リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref. 結果

1 2016-17  B2  2 42 18 (.700) 9(1) 22-8(.733) 20-10(.667) 26-10(.722) 16-8(.667) 4831 4488 343 5 渡邊竜二
2 2017-18  B2   地区1  39 21 (.650) 15(-) 25-5(.833) 14-16(.467) 19-11(.633) 20-10(.667) 4964 4763 201 4  3決 敗退 渡邊竜二
3 2018-19  B2  2 41 19 (.683) 7(2) 20-10(.667) 21-9(.700) 23-7(.767) 18-12(.600) 5114 4713 401 5 渡邊竜二
4 2019-20  B2  3 25 22 (.532) 15(4) 13-11(.542) 12-11(.522) 11-6(.647) 14-16(.467) 3823 3569 254 8 川辺泰三
5 2020-21  B2  西  2  36 22 (.621) 4(-) 18-10(.643) 18-12(.600) 26-14(.650) 10-8(.556) 4687 4448 239 4  QF 敗退 川辺泰三
6 2021-22  B2   地区1  42 8 (.840) -(-) 22-4(.846) 20-4(.833) 27-3(.900) 15-5(.750) 4336 3502 834 1  B2優勝  昇格  川辺泰三
7 2022-23  B1  西 6 22 38 (.367) 26(19.5) 8-22(.267) 14-16(.467) 7-21(.250) 15-17(.469) 4411 4685 -274 18 川辺泰三

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  
2024年01月22日更新


過去のリーグ戦

JBL2

年度 リーグ レギュラーシーズン セミファイナル ファイナル 最終結果
順位
2007-08 JBL2 1 14 2 2位 0 1 --- 4位
2008-09 2 14 0 1位 1 0 1 0 優勝
2009-10 3 21 0 1位 1 0 1 0 優勝
2010-11 4 22 0 1位 震災のためプレイオフ実施せず
2011-12 5 24 3 1位 1 0 1 0 優勝
2012-13 6 22 10 3位 --- --- 5位

NBDL

年度 レギュラーシーズン 最終結果 HC 備考
勝率 ゲーム差 得点 失点 得失点差 順位
2013-14 30 2 .938 --- 94.5 67.8 +26.7 1位 準優勝  渡邊竜二 プレーオフファイナル出場
2014-15 30 2 .938 --- 95.0 69.4 +25.6 1位 3位 プレーオフセミファイナル敗退
2015-16 32 4 .889 --- 85.4 66.7 +18.8 1位 準優勝 プレーオフファイナル出場

獲得タイトル

  • 日本リーグ
    • 優勝1回 (2004-05)
  • JBL2
    • 優勝3回 (2008-09・2009-10・2011-12)

選手とスタッフ

現行ロースター

ファイティングイーグルス名古屋 (B1 中地区 2023-2024)ロースター
選 手 スタッフ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
PF 3 エヴァンスルーク (帰)   33 (1991/3/16) 2.03 m (6 ft 8 in) 100 kg (220 lb)   バプティスト大学 
SF 6 根來新之助 36 (1987/8/19) 1.95 m (6 ft 5 in) 95 kg (209 lb)   天理大学 
SF/PF 8 佐土原遼 24 (1999/10/24) 1.92 m (6 ft 4 in) 97 kg (214 lb)   東海大学 
SG 10 杉本天昇 25 (1998/7/20) 1.86 m (6 ft 1 in) 86 kg (190 lb)   日本大学 
SF 11 アーロン・ヘンリー (Aaron Henry) 24 (1999/8/30) 1.98 m (6 ft 6 in) 100 kg (220 lb)   ミシガン州立大学 
PG 13 中村浩陸 26 (1997/11/29) 1.76 m (5 ft 9 in) 75 kg (165 lb)   大東文化大学 
SG 15 川嶋勇人 33 (1990/5/15) 1.87 m (6 ft 2 in) 83 kg (183 lb)   関西学院大学 
SG/SF 16 満尾竜次 23 (2001/2/26) 1.92 m (6 ft 4 in) 87 kg (192 lb)   立命館大学 
SG 18 相馬卓弥 32 (1991/7/5) 1.82 m (6 ft 0 in) 80 kg (176 lb)   天理大学 
PG 21 笹山貴哉 31 (1993/2/15) 1.80 m (5 ft 11 in) 77 kg (170 lb)   筑波大学 
SF/PF 22 ジェレミー・ジョーンズ 27 (1996/6/11) 2.01 m (6 ft 7 in) 97 kg (214 lb)   ゴンザガ大学 
SG 24 鍵冨太雅 25 (1999/3/8) 1.95 m (6 ft 5 in) 89 kg (196 lb)   ボウディン大学 
C 54 ショーン・オマラ 28 (1995/9/15) 2.08 m (6 ft 10 in) 116 kg (256 lb)   ゼイビア大学 
ヘッドコーチ
川辺泰三
アシスタントコーチ
前村雄大
カルバン・オールダム
アソシエイトコーチ
松藤貴秋

記号説明
  チームキャプテン (C) オフコートキャプテン
  故障者   (+) シーズン途中契約
(S) 出場停止   (帰) 帰化選手
(ア) アジア特別枠選手   (申) 帰化申請中選手(B3
(特) 特別指定選手   (留) 留学実績選手(B3) 
(育) ユース育成特別枠選手
公式サイト

更新日:2024年01月22日

スタッフ

  • 代表:鈴木浩昌
  • ヘッドコーチ:川辺泰三
  • トップアシスタントコーチ:澁澤秀徳
  • アシスタントコーチ:カルバン・オールダム
  • アナライジングコーチ:方城素和
  • アシスタントゼネラルマネージャー:坂東武幸
  • ビデオコーディネーター兼マネージャー:堀井快
  • マネージャー:大﨑莉奈
  • 通訳:池松ほのか

過去の主な所属選手

脚注

  1. ^ a b c 活動概要, 公式サイト, https://www.fightingeagles.jp/team/activity/ 2020年11月15日閲覧。 
  2. ^ a b c d アクセス情報, 公式サイト, https://www.fightingeagles.jp/team/access/ 2020年11月15日閲覧。 
  3. ^ ホームアリーナを 「枇杷島スポーツセンター」に決定 ~2015-2016レギュラーシーズン リーグ戦 前半1位で終了~
  4. ^ a b c ファイティングイーグルス名古屋, B.LEAGUE公式サイト, https://www.bleague.jp/club_detail/?TeamID=717 2020年11月10日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h 会社概要, 公式サイト, https://www.fightingeagles.jp/team/company/ 2020年11月15日閲覧。 
  6. ^ a b c 新チームロゴ制作のお知らせ, 公式サイト, (2022-7-12), https://www.fightingeagles.jp/news/detail/id=14909 2022年10月19日閲覧。 
  7. ^ 新ホームアリーナ建設計画について, 公式サイト, (2022-11-22), https://www.fightingeagles.jp/news/detail/id=15178 2022年11月22日閲覧。 
  8. ^ 豊田通商、アリーナ新設 名古屋市港区「アクルス」に26年秋開業へ プロバスケチーム本拠地 収容5千人以上”. 中部経済新聞 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報 (2023年4月21日). 2024年1月9日閲覧。
  9. ^ a b チア, 公式サイト, https://www.fightingeagles.jp/team/cheers/ 2020年11月10日閲覧。 
  10. ^ FE girls結成しました!FE名古屋公式サイト2016年7月11日
  11. ^ 豊田通商バスケットボール部 名古屋市および名古屋市教育委員会と協定書を締結 ~プロ化にむけ「新リーグ」へ挑戦 !~
  12. ^ Bクラブのチーム名・呼称・略称決定』(プレスリリース)公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボール・リーグ、2016年4月6日http://www.bleague.jp/news/20160406.html 
  13. ^ 一般社団法人豊通ファイティングイーグルス名古屋 設立しました
  14. ^ 新会社設立のお知らせファイティングイーグルス名古屋 2018年11月15日

関連項目

外部リンク