メインメニューを開く

概要編集

箱根峠の山道が、東西交通の主要となってくるのは鎌倉時代以降である。道路の東海道である国道1号は箱根峠を経由する路線になっており、小田原から箱根峠までは箱根新道が建設されている。

地形が急峻なため、鉄道路線は箱根峠を避けて建設され、まず御殿場経由(現在の御殿場線)、次いで熱海経由で東海道本線が開通、東海道新幹線も熱海経由となった。道路交通においても、東名高速道路は御殿場を経由し、東名高速に並行する国道246号も4車線化が進み、大型車両は殆どがこれらのルートを利用していることから、近年は箱根峠の主要交通路としての重要性は薄らいでいる。

唱歌『箱根八里』では「箱根の山は天下の険 函谷関も物ならず」と詠われた。冬季は路面凍結に注意を要する。

歴史編集

律令時代編集

律令時代に設けられた当初の東海道は箱根峠ではなく、箱根山北方にあって、相模国南足柄市駿河国小山町)との境に当たる足柄峠を経由した。当時、足柄峠には足柄関が設置されていた。しかし、富士山の延暦噴火800年 - 802年)の為に通行が困難になったため、新たに箱根峠の街道が開かれた。その後、足柄峠のルートも再開した為、二つの街道が並存した。

鎌倉時代から天正時代まで編集

東海駿府浜松など)や関東鎌倉小田原など)に本拠地を置く戦国武将は、箱根峠足柄峠を防衛の要衝としていた。鎌倉時代以後の「関東」の定義は、「東海道の箱根峠、足柄峠から東の地」となり、この定義が第二次大戦後の「関東地方」の基になっている。

戦国時代には、箱根を介して武田氏後北条氏今川氏が「甲相駿三国同盟」を結んでいた。

江戸時代編集

江戸時代になると、徳川幕府五街道整備において、距離の短い箱根峠ルートが重視された。芦ノ湖畔には箱根関所が設けられ、幕府防衛のための関と位置付けられた。(しかし関所として取締りが厳重で厳しかったのは新居関所で、箱根の関は、比較的緩やかだった。)関の守備は小田原藩が担当した。

幕末には、佐幕派遊撃隊明治政府に恭順していた小田原藩兵との間に関所をめぐり激しい戦闘が行われ、関の大部分が戦火で焼失した。

明治維新以後編集

1869年明治2年)に箱根関は廃止され、自由に往来することが可能になった。その後、関所跡は史跡として親しまれ、第二次大戦後には観光施設として整備された。

1995年5月30日には、「道の駅箱根峠」が開所した。

2007年平成19年)にはそれ迄の文献や発掘作業などを基に、箱根関所がほぼ完全なかたちで復元された[1]

交通編集

 
国道1号の箱根峠交差点付近

峠付近では、様々な道路が交差している。

脚注編集

関連項目編集

箱根峠関連
東海道(江戸以北も含める)における「境界地帯」