メインメニューを開く

プロフィール編集

  • 身長:179cm
  • 体重:62kg
  • 血液型:Rh+O型

父親の勧めでカートを始め、中学卒業後 進学せず走り続けたが、地元のカートのコーチとの対立により、そこを後にする。

1999年にはイギリスに渡り、フォーミュラ・フォードウインターシリーズに参戦している。2001年フォーミュラ・ドリームに参戦し、シリーズチャンピオンを獲得した[1]。そのスカラシップにより、2002年にはイギリス・フォーミュラ3選手権に参戦し、1勝するもシリーズ14位に終わった。2003年全日本F3選手権に参戦するも、思ったほどの成績が残せずフォーミュラでのシートを失う。

2004年より全日本GT選手権(現 SUPER GT)のGT300クラスに参戦した。初年度はマシンのポテンシャルが低いせいもあり、活躍 出来ずに終わったが、2005年EBBRO M-TEC NSXで、チャンピオン争いを演じるが、惜しくも2位に終わった。

2006年からは、その実績が買われGT500クラスにステップアップし、高橋国光監督率いるチーム国光セバスチャン・フィリップと共にRAYBRIG NSXをドライブすることになった。そして、9月第7戦ツインリンクもてぎにて初の綜合優勝を獲得。続く第8戦オートポリスでも2位でチェッカーを受けるも、ピット作業違反で3位に。しかし、ポイントランキングではトップに立った。最終戦では、100kgのウエイトハンディを背負ったためマシンのスピードに欠き苦戦し、更にチームメイトがドライビング時にペナルティを受けてしまい2位でシリーズを終え、惜しくもルーキーイヤーでのシリーズタイトル獲得を逃した。2007年は、セバスチャン・フィリップが移籍したためチームメイトがドミニク・シュワガーに変わり、第2戦・第4戦・第7戦で3度2位に入るも、シリーズ3位に終わった。2008年は、チームメイトが井出有治に変わった以後2009年シリーズまで在籍していたが、2010年からはGT500クラスのシートを離れている。

2010年は、GT300クラスチームのJLOCにてリール・ランボルギーニ RG-3をドライブ。しかしシーズン途中でシート喪失。それ以降レース活動はしていなかったが、2012年9月17日・18日にJLOCにてSUPER GTの公式テストに参加。2013年からは再びランボルギーニでGTに参戦している。

レース戦績編集

  • 1995年 - ヤマハドリームカップ(シリーズチャンピオン)
  • 1996年
    • ヤマハ・レーシングカート・YZ80クラス(シリーズ3位)
    • ヤマハ・レーシングカート・FPクラス(シリーズ2位)
    • スーパカート全国大会
  • 1997年
    • ヤマハ・レーシングカート・YZ80クラス(シリーズ2位)
    • ヤマハ・レーシングカート・FPクラス(シリーズ2位)
    • 九州地方選手権
  • 1998年 - 全日本カート選手権・FAクラス
  • 1999年
    • 全日本カート選手権・ICAクラス
    • イギリス・フォーミュラフォード・ウインターシリーズ
  • 2000年 - SRS-F入校(スカラシップ獲得)
  • 2001年
    • フォーミュラドリーム(#14 SRS-F スカラシップFD/FD-99 MF224)(シリーズチャンピオン・9勝)
    • 第30回インターナショナル Pokka 1000km・GT500クラス(無限×童夢プロジェクト #18 TAKATA童夢NSX/NSX NA2 C32B)(総合4位)
  • 2002年 - イギリスF3選手権(シリーズ14位・1勝)
  • 2003年 - 全日本F3選手権<Rd.1~12>(#1 ディグレ無限F106/ローラ童夢F106 MF204C)(シリーズ6位・1勝)
  • 2004年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(A&S RACING #9 ADVANK-STADIUM MT/MOSLER MT900R)(シリーズ19位)
    • Super 耐久シリーズ・Class3<Rd.3以降>(TRACY SPORT #79 TAITEC ADVAN NSX/NA2)(シリーズ4位)
    • 第11回十勝24時間レース・ClassN+(TEAM 5ZIGEN #5 5ZIGEN ACCORD/CL7)(総合19位・クラス3位)
  • 2005年 - SUPER GT・GT300クラス(M-TEC Co.LTD #0 EBBRO M-TEC NSX/NSX LA-NA2 C32B)(シリーズ2位・2勝)
  • 2006年 - SUPER GT・GT500クラス(TEAM KUNIMITSU #100 RAYBRIG NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ2位・1勝)
  • 2007年 - SUPER GT・GT500クラス(TEAM KUNIMITSU #100 RAYBRIG NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ3位)
  • 2008年 - SUPER GT・GT500クラス(TEAM KUNIMITSU #100 RAYBRIG NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ11位)
  • 2009年 - SUPER GT・GT500クラス(TEAM KUNIMITSU #100 RAYBRIG NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ15位)
  • 2010年 - SUPER GT・GT300クラス(JLOC #88 リール ランボルギーニ RG-3)(シリーズ18位)
  • 2013年 - SUPER GT・GT300クラス(JLOC #86 クリスタルクロコ ランボルギーニ GT3)(シリーズ13位)
  • 2014年 - SUPER GT・GT300クラス(JLOC #86 クリスタルクロコ ランボルギーニ GT3)(シリーズ12位)
  • 2015年 - SUPER GT・GT300クラス<Rd.1~5>(Audi Team Racing Tech #86 クリスタルクロコ ランボルギーニ GT3)(シリーズ21位)
  • 2016年 - SUPER GT・GT300クラス(JLOC #87 triple a ランボルギーニ GT3)(シリーズ19位)
  • 2017年 - SUPER GT・GT300クラス(JLOC #87 ショップチャンネル ランボルギーニ GT3)(シリーズ13位)

イギリス・フォーミュラ3選手権編集

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 順位 ポイント
2002年 カーリン・モータースポーツ 無限 C BRH
1

Ret
BRH
2

Ret
DON
1

23
DON
2

Ret
SIL
1

10
SIL
2

12
KNO
1

8
KNO
2

5
CRO
1

DNS
CRO
2

C
SIL
1

Ret
SIL
2

15
CAS
1

20
CAS
2

16
BRH
1

9
BRH
2

10
ROC
1

1
ROC
2

13
OUL
1

Ret
OUL
2

6
SNE
1

21
SNE
2

9
SNE
3

15
THR
1

Ret
THR
2

DNS
DON
1

16
DON
2

13
12位 51

全日本フォーミュラ3選手権編集

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
2003年 株式会社無限 無限 SUZ1
8
SUZ2
9
FSW1
6
FSW1
3
TAI1
Ret
TAI2
4
TRM1
4
TRM2
3
SUZ1
1
SUZ2
3
SUG1
SUG2
TSU1
TSU2
SUG1
SUG2
MIN1
MIN2
TRM1
TRM2
5位 109

全日本GT選手権/SUPER GT編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2004年 A&S RACING モスラー・MT900R GT300 TAI
12
SUG
18
SEP
11
TOK
14
TRM
7
AUT
16
SUZ
Ret
19位 4
2005年 M-TEC CO.,LTD. ホンダ・NSX GT300 OKA
3
FSW
1
SEP
9
SUG
2
TRM
12
FSW
1
AUT
7
SUZ
2
2位 81
2006年 TEAM KUNIMITSU GT500 SUZ
7
OKA
2
FSW
Ret
SEP
4
SUG
11
SUZ
9
TRM
1
AUT
3
FSW
13
2位 79
2007年 GT500 SUZ
Ret
OKA
2
FSW
5
SEP
2
SUG
12
SUZ
4
TRM
Ret
AUT
2
FSW
7
3位 64
2008年 GT500 SUZ
13
OKA
9
FSW
4
SEP
5
SUG
5
SUZ
2
TRM
16
AUT
9
FSW
Ret
11位 41
2009年 GT500 OKA
7
SUZ
12
FSW SEP
4
SUG
4
SUZ
9
FSW
12
AUT TRM
8
15位 24
2010年 JLOC ランボルギーニ・ガイヤルド RG-3 GT300 SUZ
DNQ
OKA
16
FSW
17
SEP
7
SUG
14
SUZ
15
FSW
C
TRM 18位 4
2013年 ランボルギーニ・ガイヤルド LP600+ GT3 GT300 OKA
19
FSW
3
SEP
9
SUG
12
SUZ
Ret
FSW
3
AUT
13
TRM
13
13位 24
2014年 ランボルギーニ・ガイヤルド GT3 FL2 GT300 OKA
7
FSW
Ret
AUT
6
SUG
6
FSW
3
SUZ
17
BUR
Ret
TRM
20
12位 25
2015年 Audi Team Racing Tech アウディ・R8 LMS ウルトラ GT300 OKA
4
FSW
10
CHA
16
FSW
Ret
SUZ
17
SUG AUT TRM 21位 9
2016年 JLOC ランボルギーニ・ウラカンGT3 GT300 OKA
13
FSW
8
SUG
22
FSW
19
SUZ
17
CHA
19
TRM
8
TRM
11
19位 6
2017年 GT300 OKA
11
FSW
4
AUT
18
SUG
19
FSW
12
SUZ
3
CHA
12
TRM
11
13位 21

脚注 編集

  1. ^ 週刊オートスポーツNO.845 2001年11/29号 12頁「フォーミュラドリーム、細川慎弥の2001年チャンピオン獲得が正式発表!」より。

関連項目編集

外部リンク編集