メインメニューを開く

網島駅(あみじまえき)は、かつて大阪市院鉄桜ノ宮線(一部区間廃止後、片町線に編入)上に存在した鉄道駅廃駅)である。

概要編集

もともと、浪速鉄道が現在の片町線の一部に当たる片町駅1997年廃止)- 四条畷駅間を1895年明治28年)に開業させたが、同社が関西鉄道合併された後に官営鉄道大阪駅への乗り入れを果たすべく、途中の放出駅から分岐して初代大阪鉄道線(今の大阪環状線東半分)の桜ノ宮駅1898年(明治31年)開設)に至る路線を計画した。また、浪速鉄道のターミナルであった片町駅は、北側を鯰江川、南側を寝屋川に囲まれた立地であって拡幅の余地がなかったため、新たにターミナル駅を設ける必要もあった。

1898年(明治31年)11月18日、放出駅から網島駅に至る区間が開業し、大阪市北区大字東成野田に網島駅が開設された。これに伴い片町駅は、一時的に貨物駅となった。

関西鉄道では、網島駅 - 四条畷駅 - 新木津駅(1911年廃止)- 加茂駅 - 名古屋駅間のルートを本線とし、大阪 - 名古屋間における官営鉄道の東海道本線に対抗すべく、急行列車を網島駅発着で走らせ始めた。このとき同駅は、名実ともに関西鉄道のターミナル駅として機能していた。

しかし1900年(明治33年)、関西鉄道が初代大阪鉄道合併したことで状況は一変する。関西鉄道では1899年(明治32年)に開通した加茂駅 - 大仏駅1907年廃止) - 奈良駅間の路線と大阪鉄道が保有していた奈良駅 - 天王寺駅 - 湊町駅(現:JR難波駅)間の路線を結んで、県庁所在地奈良市を通る加茂 - 奈良 - 天王寺 - 湊町のルートを本線にし、急行列車2往復のうち1往復をこのルートで運行するようにしたため、網島駅の意義が低下してしまったのである。

その後、1901年(明治34年)には網島駅 - 桜ノ宮駅間の路線が開業し、網島駅は途中駅となった。そして1907年(明治40年)8月21日に、関西鉄道では加茂駅 - 奈良駅間のルートを木津駅経由に変更し、加茂駅 - 新木津駅間を廃止したため、残された木津駅 - 新木津駅 - 網島駅 - 桜ノ宮駅間(木津駅 - 新木津駅間は1898年(明治31年)に開業)と放出駅 - 片町駅間は完全なローカル線と化した。

1907年10月1日に関西鉄道が国有化されて、木津駅 - 片町駅間が片町線・放出駅 - 桜ノ宮駅間が桜ノ宮線となった後、1913年(大正2年)11月15日に片町線と城東線(現大阪環状線)との交点に京橋駅が開設されたため、桜ノ宮線は不要となって廃止され、網島駅もこのとき廃止された。

なお、1900年(明治33年)11月に発表された『鉄道唱歌』第5集関西参宮南海編(作詞:大和田建樹、作曲:多梅稚)は、この網島駅を起点としてまず伊勢へ向かっている。

1.汽車をたよりに思い立つ 伊勢大和の国めぐり 網島いでて関西の 線路の始にて
2.造幣局の朝ざくら 桜の宮の夕すずみ なごりを跡に見かえれば 天守も霞みゆく

所在地および現状編集

大阪市都島区東野田四丁目。大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線京橋駅の北方にあった。大阪高等工業学校(旧制大阪工業大学、大阪帝国大学工学部を経て現大阪大学工学部)の敷地となり、大阪大学工学部の吹田移転後、現在大阪市立東高等学校となっている。

廃線が明治末期であり、また周辺の道路は戦後大幅に変わったため、網島駅前後の線路の痕跡は全くないが、大阪環状線の京橋 - 桜ノ宮間には往時の乗り越え橋が存在する。網島は都島区南西部の広域地名でもあり、江戸期の浄瑠璃心中天網島」の題名にもなっている。網島駅付近まで網島と呼ばれていた名残として、網島公設市場(現在のスーパー・コムアミジマ)の存在が挙げられる。なお「網島町」は、もとは鯰江川に架かっていた備前島橋北詰の一画にすぎなかったが、現在は国道1号までを町域としており、平成になって大阪城北詰駅が開業した。

年表編集

隣の駅編集

内閣鉄道院
桜ノ宮線
桜ノ宮駅 - 網島駅 - 放出駅

脚注編集

関連項目編集