メインメニューを開く

芦野 芳晴(あしの よしはる、1965年3月1日- )は、山形県東根市出身のアニメーターアニメーション監督である。血液型・O 、魚座。

来歴編集

地元の高校を卒業後、楽器屋勤務を経て東京デザイナー学院(現・東京ネットウエイブ)に進学するも、中退。

1986年、アニメ下請け制作会社のスタジオ・マークに入社し、『めぞん一刻』『機動戦士ガンダムΖΖ』の動画を担当した事がアニメーターとしてのキャリアのスタートとなる。

スタジオ・マークを退社後は、渡辺プロモーション→マッドハウスウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ・ジャパンSTUDIO 4℃と数々のアニメ下請け制作会社を転々としつつアニメーターやアニメーション演出家として活動を続け、2015年現在はフリーランス

初監督を務めた映画『ファースト・スクワッド』(STUDIO 4℃制作)はモスクワ映画祭に出品され、特別賞「コメルサント賞」を受賞した[1]

主な参加作品編集

テレビアニメ編集

OVA編集

アニメ映画編集

Webアニメ編集

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集