メインメニューを開く

花の降る午後』(はなのふるごご)は、宮本輝の小説である。

1985年から1986年まで地方紙、『南日本新聞』、『新潟日報』、『徳島新聞』、『北日本新聞』に連載された。新潮社『宮本輝全集 第8巻』にの後書きにて、この作品を書く切っ掛けとなったのは友人知人の事故や不幸、身内の不幸が続いた事により、作品内善人は幸せになってほしいという希望から執筆をしている。

1989年にはNHKでテレビドラマ化され、東宝から神戸市政100周年記念映画として発表された。

舞台は神戸。亡くなった夫の遺志を継ぎ、フランス料理レストラン・アヴィニヨンを切り盛りする甲斐典子。そのアヴィニヨンの乗っ取りを計画する夫婦がいた。荒木幸夫・実紗夫妻であった。アヴィニヨンを乗っ取るため、実紗はアヴィニヨンのスタッフに手をかけ始め…。

目次

書籍編集

単行本は1988年角川書店から刊行され、1991年角川文庫版、1995年講談社文庫版が刊行された。

新潮社『宮本輝全集 第8巻』 - 『花の降る午後』に収録。

登場人物編集

主要人物編集

甲斐典子
37歳の主人公。33歳の時に亡き夫の後を継ぎ、神戸のフランス料理店・アヴィニョンを経営している。生前の夫に購入してもらった絵画「白い家」を切っ掛けに雅通に出会い、自身のために60号の絵を依頼した。これが切っ掛けとなり雅道と惹かれあうが、自身の年齢差に対して臆している。
高見雅道
風景画「白い家」を描いた、駆け出しの27歳の画家。「白い家」を個展に出すために貸して欲しいとアヴィニョンへ訪問する。絵に対しては遠い道を歩き通す自信が無いほどのマイナス思考。普段の職業はイラストレーター。デザインスタジオで写植の文字貼り、営業マンとして働いている。

甲斐家関連編集

義直
作品中フルネームの記載がない、2年前に癌によって35歳で他界した典子の夫。大学時代はラグビー部のキャプテンだった。義直が亡くなる5日前の1981年5月2日に「白い家」の額の裏に典子に宛てた手紙を残していた。その手紙には典子に隠していた過去の話が記述されていた。
甲斐リツ
義直の母で、典子の義理の母。
加世子
リツの遠縁の娘。私立の女子大に入学し、甲斐家に下宿している。典子に敵対心を持っている。

アヴィニヨン関連編集

加賀勝郎
フランスで12年修行し、グラビア雑誌や専門誌で紹介されるほどのシェフ。手製のアペリティフを作って客に出しているが、誰が作っているかは秘密にしている。趣味は広く、絵画、陶芸展にいったり、読書家である。厳しい指導に新人が辞めて行くこともあったが、これが要因となり、料理に生かされている事を、典子が気が付いていた。
葉山直衛
実直で経理に詳しい。典子のアイディアである、運転手付き軽自動車で来る。当初は拒否していたが、しつこく勧められて以降、軽自動車で出勤している。
水野敏弘
典子と同じく37歳。アヴィニョンの店員。ホテルのダイニングルームで働いている。東京にあるフランス料理店を4軒近く勤めていたため、典子よりもフランス料理に詳しい。妻と3人の子持ち。
秋津修一
アヴィニョンのウェイター。葉山の甥。水野とかづ子の関係について松木の店に強請に来た。これが原因で典子からクビを言い渡された。
江見恭弥
アヴィニョンの店員。店の将来のためにフランスに渡航する。
小柴
作品中フルネームの記載がない。過去に暗い経歴を持ち履歴書に嘘の記述をしているが、典子からは見抜かれているものの信頼されている。典子を「奥さん」と呼んでいる。妻がいる。
梶木克彦
水野と江見の紹介でアヴィニョンに勤める店員。

顧客関連編集

松木かづ子
貴金属店主・精兵衛の妻。40代のJTBの会(ジャズダンスのJ、食べるのT、本のBの略)を作った人物。会の人達がジャズダンスで肥満防止に成功していない事で、典子がダンスの頭文字「D」のから「デブの会」という失言した事で、アヴィニョンに来なくなり、芦屋の松木宅へ典子が謝罪をしている。その反面、アヴィニョンの店員・水野には法外なチップを渡している。
松木精兵衛
66歳のかづ子夫。貴金属店の社長でアヴィニョンのお得意様。総務部長・後藤栄吉を使ってまでリード・ブラウンのお店の土地を欲しがっている。夫人と別れたがっている。
荒木幸夫
実紗の夫。ヤクザの方面でも手がうてる人物。
荒木実紗
アラキエンタープライズ専務取締役。最近自分の親族に関する調査をしていた。父は松木精兵衛。

その他編集

リード・ブラウン
78歳のイギリス人。義直にラグビーボールを持たせた人物。典子とはチェスの相手であるが、初対戦で父の影響で将棋を嗜んでいた典子に負けている。肺気腫を患っている。息子マイクと嫁のジルとは仲が悪い。
黄健明
復権出身の右足痛風の男性。
黄芳梅
39歳。健明の娘。梅ちゃんと呼ばれている。
黄康順
42歳。健明の息子。典子に片思いしている。

テレビドラマ版編集

キャスト編集

ほか

スタッフ編集

主題歌編集

映画版編集

花の降る午後
監督 大森一樹
脚本 大森一樹
原作 宮本輝
製作 角川春樹
三堀篤(プロデューサー)
瀬戸恒雄(プロデューサー)
出演者 古手川祐子
高嶋政宏
桜田淳子
音楽 加藤和彦
石川光(音楽プロデューサー)
主題歌 カルロス・トシキ&オメガトライブ
花の降る午後
撮影 姫田真佐久
編集 西東清明
製作会社 角川春樹事務所
配給 東宝
公開   1989年10月7日
上映時間 105分
製作国   日本
言語 日本語
配給収入 3億円[1]
テンプレートを表示

1989年10月7日みゆき座他東宝洋画系で公開。本作に主演した古手川祐子は第13回日本アカデミー賞主演女優賞、桜田淳子は助演女優賞を受賞した。

キャスト編集

スタッフ編集

オリジナル・サウンドトラック編集

花の降る午後 オリジナル・サウンドトラック
加藤和彦カルロス・トシキ&オメガトライブサウンドトラック
リリース
レーベル VAP
プロデュース 角川春樹
テンプレートを表示

角川春樹事務所作品 花の降る午後 オリジナル・サウンドトラック」は、映画のサウンドトラック・アルバムである。角川春樹のプロデュースのもと製作された。加藤和彦が製作した楽曲を中心に収録されており、また主題歌を担当したカルロス・トシキ&オメガトライブの楽曲も3曲収録されている。

収録曲編集

  1. Miss Dreamer
  2. 神戸Night
  3. 異人館
  4. 二人の関係
  5. MmeN.
  6. 花の降る午後
  7. Casino
  8. Avignon
  9. OPUS 7
  10. サスペンス
  11. Be Yourself

※作曲・編曲:加藤和彦(1,6,11曲目のみ、カルロス・トシキ&オメガトライブの楽曲)

脚注編集

  1. ^ 中川右介「資料編 角川映画作品データ 1976-1993」『角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年』角川マガジンズ、2014年、284頁。ISBN 4-047-31905-8

関連項目編集

外部リンク編集