E・H・エリック

E・H・エリックEric H. Eric, 1929年8月1日 - 2000年8月17日)は、日本で活躍した男性タレント俳優。本名、岡田 泰美(おかだ たいび)。弟は俳優・タレントの岡田眞澄。次女はタレントの岡田美里で長女・三女はいずれも一般人。

E・H・エリック
本名 岡田 泰美(おかだ たいび)
生年月日 (1929-08-01) 1929年8月1日
没年月日 (2000-08-17) 2000年8月17日(71歳没)
出生地 フランスの旗 フランス ニース
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ
職業 タレント俳優
著名な家族 岡田眞澄(弟)
岡田美里(次女)

目次

芸風編集

シリアスからコメディに至るまで何でもこなすマルチタレントであり、ハーフタレントの草分けである(ちなみにロイ・ジェームス(ロイを芸能界に紹介したのがエリックである)は外国出身の日本の外人タレント(外タレ)の草分けである)。

来歴編集

父親が日本人(画家の岡田稔)で母親がデンマーク人(インゲボルグ・シーヴァルセン)のハーフ。フランスニースにて誕生。1941年に帰国し、終戦(1945年8月15日)は台湾で迎える。

その後、青山学院高等部からインターナショナルスクールの横浜セント・ジョセフ・カレッジを卒業。卒業後はしばらくは電気工事に従事する。工事で日劇ミュージックホールの楽屋に出入りした際、トニー谷に「外人の顔をしているくせに、べらんめえの日本語が喋れて面白い。舞台でやってみないか」と誘われて芸能界に入った。弟の岡田眞澄と一緒に、日劇ミュージックホールの座長格だった泉和助の弟子になる。

戦後の一時期には南道郎と漫才コンビを組み、また、英語フランス語に堪能なことを買われて1966年ビートルズ来日公演日本武道館)では司会を担当した。タレントとしては、耳たぶを動かす芸をトレードマークとし、司会やCMへの出演が中心だった。晩年はタレント業を控え、日本アムウェイ社の最高位販売員「クラウン・アンバサダー・ダイレクト・ディストリビュータ」として活動、高額年収を得ていたことでも知られている。

娘の岡田美里は後年、エリックの家庭内暴力に起因するPTSDに悩み、夫が何気なく机にハガキを投げやる物音だけでおびえていたと告白した[1]

2000年、パーキンソン病のためハワイで死去。71歳没。弟の眞澄は自身に兄弟姉妹は兄一人しかいないことから「まるで片足を失ったような気分だ」と述懐していた。だが弟も後を追うように5年後に死去した。

家族・親戚関係編集

主なテレビ出演編集

テレビドラマ編集

その他編集

CM編集

演じた俳優編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 自著『「しあわせ」のかたち : PTSDからの旅立ち』、及び週刊現代 2001年7月21日号 60-63ページ、週刊文春 2001年7月5日号 48-49ページ、週刊文春 2011年7月12日号 36-37ページ 各記事より。
  2. ^ 中日新聞』1975年11月15日テレビ欄

関連項目編集