花嫁は厄年ッ!

花嫁は厄年ッ!
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2006年7月6日 - 9月21日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 池添博
谷川功
森雅弘
山田勇人
脚本 秦建日子
プロデューサー 志村彰
三田真奈美
出演者 篠原涼子
矢部浩之
岩下志麻
音声 ステレオ放送
オープニング SUEMITSU & THE SUEMITHAstaire

特記事項:
初回は10分拡大(22:00 - 23:04)。
テンプレートを表示

花嫁は厄年ッ!』(はなよめはやくどしッ)は、2006年7月6日から9月21日まで、TBS系で毎週木曜日22:00 - 22:54に放送された日本のテレビドラマ。主演は篠原涼子

目次

あらすじ編集

首都テレビに勤める女性アナウンサー・竹富明子(篠原涼子)は、ある時、自身のニュース番組を新人アナウンサーに奪われたことにより、番組を降ろされバラエティー番組での「農家の嫁・奮闘記」という内容の体験取材を命じられてしまう。そこで明子は合コンで偶然出会った元彼で、大手下着メーカー「ホワイトランジェリー」に勤務する安土一郎(矢部浩之)の実家である福島の桃農家を頼り、元彼の実家で嫁を装い潜入取材を行うことになるが…。

キャスト編集

主要人物編集

竹富 明子(たけとみ あきこ)〈32〉
演 - 篠原涼子
首都テレビアナウンサーだったが、厄年のためかニュース番組を降板させられバラエティ番組担当になる。そして元彼・安土一郎の実家である福島県の桃農家で嫁を装い潜入取材をすることとなった。後に安土一郎と結婚をして安土家の一員となる。
安土 一郎(あづち いちろう)〈32〉
演 - 矢部浩之ナインティナイン)(小学校時代:難波勇矢
下着メーカー勤務で、明子の大学時代の元カレ。実家は福島の桃農家。福島出身で、また現在の勤務先は東京であるが、下着メーカーの本社が関西だったため普段から関西弁を話すようになった。下着メーカーでは主任である。明子の頼みを引き受け花嫁修業の取材に協力する。実家とは絶縁状態で12年も帰っていなかったが、第10話で絶縁する理由となった出来事について一郎の勘違いであったことが判明し、母・幸恵と和解した。明子との結婚後は週末のみ福島へ帰り、普段は単身赴任で東京での生活を3年続けたが、後に下着メーカーを退職し、安土農園を引き継ぐ。
安土 幸恵(あづち ゆきえ)〈59〉
演 - 岩下志麻
一郎の母。安土家の当主で、「安土農園」を経営している。厳格者で嘘つきは大嫌い。一郎曰く「泣きたいくらい正直な人」。明子を一人前の桃農家の嫁に育て上げようとしている。口癖は「聞くの?」。一郎とは絶縁状態にあったが、第10話で一郎の勘違いであったことが判明し、和解する。また、一郎と明子の結婚式当日に過労で倒れてしまったが、3年後には一郎と明子に子宝が出来ないため言葉の鞭を入れている。

安土家編集

安土 香里(あづち かおり)〈32〉
演 - 小沢真珠
一郎の従姉妹。「歩く火曜サスペンス」と言われており、安土農園を乗っ取ろうとしている。偶然明子が偽嫁だということを知ってしまう。また、福島弁で話していたが第10話で一郎に一喝されてから標準語で話すようになった。最終話で直樹と結婚し、娘を授かっている。
安土 次郎(あづち じろう)〈22〉
演 - 小山慶一郎NEWS
一郎の弟で、東京へ行くことが夢である。5話で東京へ上京したが、一郎との勝負に負けて結局福島へ戻った。桃農家の息子なのに桃アレルギーであったがのちに克服した。
片桐 桃子(旧姓:安土)(かたぎり ももこ)〈28〉
演 - 佐藤仁美
一郎の妹で夫と別居中。作り話が得意。息子が一人いる。明子のおかげで夫と復縁する。
片桐(かたぎり)
演 - 蛭子能収
明子が東京と福島を往復するときに使う新幹線の乗客。明子の隣席かその近くに必ず座っている。後に桃子の夫であることが判明した。
安土 義一(あづち ぎいち)〈52歳没〉
演 - 綾田俊樹
一郎の父で幸恵の夫。12年前に病気で亡くなっている。52歳没。幸恵が死に間際に義一に「いまひとつの人でした。」という言葉に一郎は激怒し家を飛び出した。この後にも続きがあったようであるが、この言葉が一郎と幸恵の断絶の原因となる。後に一郎の勘違いだったことがわかる。
安土 文代(あづち ふみよ)〈57〉
演 - 銀粉蝶
一郎の叔母で孝二の妻。香里の母。おせっかい好き。
安土 孝二(あづち こうじ)〈62〉
演 - 笹野高史
一郎の叔父で義一の弟。文代の夫で香里の父。ストレス発散にトランペットで「聖者の行進」を吹くのが趣味。重度の腰痛持ち。

首都テレビ編集

高橋 浩(たかはし ひろし)〈46〉
演 - 宇梶剛士
首都テレビ製作部・バラエティ担当プロデューサーで、明子に農家の嫁体験を提案した張本人。一郎を除いた安土家の人々には「明子の兄」と伝えている。
唐木 奈々(からき なな)〈23〉
演 - 工藤里紗
明子の後輩アナウンサー。明子の後任のニュースキャスターに起用される。登場するたびに明子に対して嫌味を言うブリッコキャラ。
佐久間 富吉(さくま とみよし)〈25〉
演 - 澤田俊輔
高橋の番組を担当しているAD。名前は「トミヨシ」だが、高橋から「トミキチ」と呼ばれている。

ホワイトランジェリー編集

東海林 潤(しょうじ じゅん)〈27〉
演 - 平山広行
一郎の後輩社員で、明子と一郎が再び出会うことになるきっかけを作った。
若井 玲奈(わかい れいな)〈27〉
演 - 黒瀬友美
一郎の後輩OL。
鈴木 さやか(すずき さやか)〈23〉
演 - 藤岡麻美
一郎の後輩OL。
田山 千佳(たやま ちか)〈22〉
演 - はるの
一郎の後輩OL。

その他編集

本村 希美(もとむら のぞみ)〈32〉
演 - 松嶋尚美(当時オセロ
明子の親友でマンションの隣の部屋に住んでいる。大阪出身。
大石 直樹(おおいし なおき)〈29〉
演 - 川端竜太
香里が付き合っている年下の彼氏。最終話で香里と結婚し、娘を授かる。
農園労働者
演 - 真山惠衣河原田ヤスケ斉藤弘勝
安土農園に勤務する従業員。演じる真山、河原田、斉藤はいずれも福島県出身である。

ゲスト編集

第1話
稲葉 徹(いなば とおる)〈32〉
演 - 沢村一樹(第3話)
明子のカレ。ニュース番組を降板させられた夜、別れを告げる。
アナウンサー部長
演 - 剛たつひと(第9話、第11話)
明子の上司。明子より唐木奈々に贔屓している。
合コンメンバー
演 - 長塚全
明子と一郎が再会する合コンに参加したメンバー。一郎の隣。
三浦大輔(みうら だいすけ)
演 - 本人
第4話
池内 美乃(いけうち よしの)
演 - 映美くらら
一郎に対する嫉妬から「 妊娠12週で、お腹にいる子供は一郎の子供」と主張する。
第7話
竹富 耕作(たけとみ こうさく)
演 - 鶴田忍
明子の父。海外に住んでいる。頑固者。
第8話
片桐 てつや(かたぎり てつや)
演 - ささの貴斗
桃子の息子。母親からてっちゃんと呼ばれる。桃子のことを母親だと思っていないが、明子に説教されて心を開く。
第9話
お天気キャスター
演 - 根本美緒
アナウンサー室のテレビ内で台風情報を伝える。
第11話
看護師
演 - 唐木ちえみ(最終話)
ふくしま桃山総合病院で幸恵の世話をする。
フロア案内係
演 - 鈴木あきえ
ふくしま桃山総合病院の受付嬢。
最終話
ナレーター
演 - 荒川美奈子
テレビ番組『突撃体験バラエティ!! 嫁入り大使』の声。
大石 ももえ(おおいし ももえ)
演 - 松本春姫
直樹・香里の娘。

スタッフ編集

放送日程編集

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
第1話 2006年7月06日 大災難は32歳にやって来た!! 秦建日子 池添博 13.2%
第2話 2006年7月13日 桃畑は地獄だった 12.8%
第3話 2006年7月20日 法事は覚悟しいや 川嶋澄乃
栗本志津香
谷川功 12.3%
第4話 2006年7月27日 田舎にサイナラ! 白石まみ
松田知子
11.3%
第5話 2006年8月03日 母にほめられたい 池添博 12.1%
第6話 2006年8月10日 母の切ない気持ち 栗本志津香 谷川功 10.4%
第7話 2006年8月17日 思い出の線香花火 秦建日子 秦建日子
森雅弘
10.7%
第8話 2006年8月24日 母の愛情と嫁の涙 酒井雅秋 森雅弘 12.5%
第9話 2006年8月31日 涙のプロポーズ拒否 私は騙した女です!! 白石まみ 谷川功 13.1%
第10話 2006年9月07日 さよなら、お母さん 家族を見守る桃の樹 栗本志津香
白石まみ
山田勇人 11.6%
第11話 2006年9月14日 最高の結婚式の日にお母さん、倒れる! 秦建日子 谷川功 11.2%
最終話 2006年9月21日 女32歳!災い転じて幸せわしづかみ!! 森雅弘 13.1%
平均視聴率 12.0%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

関連商品編集

備考編集

  • 篠原涼子のTBS系連続ドラマ初主演作であり、矢部浩之は2000年の『天気予報の恋人』(フジテレビ系)以来6年ぶりの連続ドラマ出演となった。
  • 脚本の秦建日子は、篠原涼子主演のフジテレビ系連続ドラマ『アンフェア』の原作者である。
  • 篠原涼子と岩下志麻はフジテレビ系連続ドラマ『マザー&ラヴァー』で共演予定だったが、岩下志麻が病気のため降板した為、このドラマが初共演となった。
  • 2007年9月から、ハワイの地上波放送局KIKU-TVで英語字幕付で放送された。
  • 放送前、ドラマ企画当初のタイトルは『花嫁はダミー!』だった。『ナインティナインのオールナイトニッポン』(NRN系・木曜25:00 - 27:00)ではこのことがコーナー化された。また、ハワイで放送された際の番組タイトルは『"The Pretend Bride"』(「花嫁のふりをした人物」の意)との当初の企画タイトルに近い番組タイトルとなった。
  • 矢部の相方である岡村隆史は、放送当日に番組を見たが、オープニングで笑顔で手を振る矢部に対する違和感から、他の番組にチャンネルを回したと同日に放送された『ナインティナインのオールナイトニッポン』で述べている。
  • 安土農園は福島県にある桃農家との設定であるが実際は山梨県塩山にある桃畑で撮影が行われた。
  • 一郎は福島出身との設定だが、矢部自身が大阪弁しか話せないため、急遽3年間大阪に勤務していて大阪弁が染み付いたとの設定となった。

その他編集

ロケ地編集

ドラマで使用されている車両編集

番組スポンサーは富士重工業が務めたが、劇中ではトヨタ自動車ダイハツ工業の車種が使用された。

外部リンク編集

TBS系 木曜22時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
弁護士のくず
(2006.4.13 - 2006.6.29)
花嫁は厄年ッ!
(2006.7.6 - 2006.9.21)
嫌われ松子の一生
(2006.10.12 - 2006.12.21)