メインメニューを開く

茅ヶ崎ライブ 〜あなただけの茅ヶ崎〜

この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

サザンオールスターズ 茅ヶ崎ライブ 〜あなただけの茅ヶ崎〜』(サザンオールスターズ ちがさきライブ あなただけのちがさき)は、サザンオールスターズ2000年8月19日8月20日ボーカル桑田佳祐の地元である神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎公園野球場で行った野外ライブコンサート

サザンオールスターズ 茅ヶ崎ライブ
イベントの種類 音楽系イベント
通称・略称 茅ヶ崎ライブ
開催時期 2000年8月19日8月20日
会場 茅ヶ崎公園野球場
主催 湘南祭夏イベント実行委員会
共催 FMヨコハマ
TOKYO FM
後援 茅ヶ崎市
タイシタレーベル
協賛 DTI
企画制作 アミューズ
キョードー横浜
協力 WOWOW
来場者数 4.4万人[1]
場所 茅ヶ崎公園野球場
初日 2000年8月19日
最終日 2000年8月20日
公演数 全2公演
ウェブサイト 公式サイト
年越しLIVE 1999 「晴れ着 DE ポン」
1999年
茅ヶ崎ライブ 〜あなただけの茅ヶ崎〜
(2000年)
年越しライブ '00-'01 「ゴン太君のつどい」
(2000年)

解説編集

実現まで道のり編集

1999年末に横浜アリーナで行われたサザンオールスターズの年越しライブ『晴れ着 DE ポン』のMC内で桑田が「来年(2000年)の夏、茅ヶ崎で、海で、コンサートをやるのが夢です」[2]「今年(2000年)の夏は海が見える所でライブをやりたいです。“チ”がつく所で……」と発言したことで、故郷・茅ヶ崎市でのライブを示唆した。

しかし、それまでに茅ヶ崎市ではプロのミュージシャンが野外での大型コンサートを実行した前例がなかったため、会場の確保や地元住民との兼ね合い等から「実現は難しい」と見られていた。そのため市ではサザンファンの有志が集い、2000年の初頭から実現に向けて茅ヶ崎駅北口前等で署名運動が行われた。最終的には5万人(茅ヶ崎市の人口の約4分の1)を超える署名が集まり、3月9日、コンサート開催の要望書が添田高明茅ケ崎市長(当時)に提出される。これに対し添田側は「桑田さんは茅ヶ崎の名前を全国に知らしめた、市の最大の功労者の一人。コンサートが実現したら、みんな喜んでくれるでしょう」とコンサート会場の確保や、周辺の交通整理などで協力を惜しまない考えを示した[2]

4月には添田、茅ヶ崎商工会議所会頭、湘南祭実行委員会実行委員長らが所属事務所のアミューズを訪れ、茅ヶ崎ライブを正式に開催することを申し入れた。これを受け桑田は「茅ヶ崎でのコンサートは長年の夢でもあったし、協力しあって良いかたちでコンサートを実現させましょう!」と快諾し[3]、晴れてライブ実行が決定した。茅ヶ崎市でのサザンのライブは1981年7月4日、『そちらにおうかがいしてもよろしいですか?』ツアーの初日を茅ヶ崎市民文化会館で行って以来実に19年ぶりとなった[2]

決定からライブ前日まで編集

当時サザンオールスターズは前年までのシングル売上低迷から一転して、同年1月26日リリースの「TSUNAMI」が大ヒットしたことで、デビュー以来メジャー路線を保ちつつ22年目にして最大とも言えるブームの追い風に乗っていた。ライブ決定を受けて7月20日にはこのライブのメインとなるシングル「HOTEL PACIFIC」をリリース。音楽番組などにも積極的に出演した。市でもライブ成功のため全国から集まるサザンファンを迎えるために着々と準備が進められ、ライブまでの数ヶ月間は茅ヶ崎駅の改札口には「おかえりなさい桑田佳祐」の横断幕が掲げられるなど、まさに街を揚げてサザン一色に染まっていった。

これに合わせ神奈川新聞産経新聞神奈川県版などが、茅ヶ崎ライブに関する事前特集記事を組んだ。また桑田は日本テレビ系の音楽番組FUN』に出演した際に『ライブ1曲目のイニシャルは“K”』と発言した。

茅ヶ崎ライブ初日前日(8月18日)に日本テレビの『ジパングあさ6』が「茅ヶ崎市民に聞く、サザンオールスターズベスト5」のアンケート結果を放送した(1位は「TSUNAMI」)。

ライブ当日編集

本番前日の8月18日には、地元住民とサザンオールスターズの公式ファンクラブである「サザンオールスターズ応援団」の会員のみを集めての公開ゲネプロ(本番とほぼ同じの通しリハーサル)が行われた。スタート直前には大雨に見舞われたが、スタートしてからは雨も上がり無事にリハーサルが行われ本番さながらの盛り上がりを見せた。演奏中は桑田によるスタッフへの事細かな指示や仕切り直しなど、通常のコンサートではなかなか見られない場面も見られた。

また、通常の会場と異なり会場内と外が至近距離のため、開場前のリハーサルも会場外に音が丸聴こえ(所謂ネタバレ状態)であったものの、場外にいたファンの多くはその開場前リハーサルも含めて楽しんでいたという。特に本番で4曲目に選曲されていた『茅ヶ崎に背を向けて』は開場直前のリハーサルでフル演奏され、曲が終わると共に場外に詰め掛けていたファンからは本番同然に大歓声が上がったという。

本番の8月19日8月20日の茅ヶ崎公園野球場は気温も上がり夏空の晴天となり、無事ライブは成功。2日間で計46000人を動員した[4]。サザンとしては最長・最多となる4時間・全36曲(メドレーを含む)を演奏した。注目された1曲目はシングル曲と並び人気のある『希望の轍』であった。シングル曲・ライブ定番曲を中心にファンからのリクエストを受けての選曲もされたという。

8月20日のライブ2日目はWOWOWで生中継された。スタート前には辻よしなりによる実況中継、小川直也による聖火ランナーの入場及び聖火点灯、茅ヶ崎市歌に乗せての市旗の掲揚、福山雅治による開会宣言を始め、茅ヶ崎漁港沖から花火が打ち上げられるなど、様々な趣向がこらされた。また、ライブ中には添田高明茅ケ崎市長(当時)・桑田が幼い頃から通ったパン屋「清月」のおばちゃん・徳光和夫加山雄三ダメダメボーイズ(明石家さんまココリコ清水圭今田耕司村上ショージ)といった桑田とゆかりのある人物からのコメントVTRも上映されており、「メロディ (Melody)」の曲紹介を兼ねて登場したダメダメボーイズ以外は全員茅ヶ崎市出身であった。

球場内に入れないファンのために2日目には球場近くの海岸「サザンビーチちがさき」駐車場に特製巨大スクリーンを設置。6000人のファンが集まった[4]。桑田もビーチにいるファンにスクリーン越しに呼びかけた。また、球場内・サザンビーチちがさきのどちらにも入れないファンや地元住民なども多数おり、周辺の道路などに詰めかけて音だけでもライブを楽しんだという。

演奏曲編集

エピソード・後日談編集

  • ライブ翌日は各スポーツ紙で大きく取り上げられたのはもちろん、ポピュラー音楽コンサートとしては異例とも言える一般新聞などでも大きく取り上げられた。またワイドショーでも幾度となく報じられ社会現象にもなった。
  • 各ワイドショーを収めたビデオがファンから桑田の元に送られ、実現からライブ当日までの数ヶ月間、茅ヶ崎市民を始めとするファンの人達がライブを支えて続けていてくれたことを改めて実感し喜んだという。
  • 通常、野球場でコンサートが行われる場合は外野側にステージが建てられるが、その対角線上に住宅地が存在したために、(Google マップ)音の漏れなども考えて海の方向を向く内野側へ建てられた。また、ステージの設置された内野側のスタンド席は「ステージバック席」として開放されている。
  • 茅ヶ崎ライブ終了後2000年11月よりメンバーの大森隆志が無期限休養に入り、翌2001年8月にサザンオールスターズを正式に脱退した。そのため、茅ヶ崎ライブはサザンオールスターズ・オリジナルメンバー6名での最後のライブとなった。
  • 茅ヶ崎ライブが終了してほどなく、サザンオールスターズの名前にて茅ヶ崎市民及びファン宛へ御礼のメッセージが発せられた。
  • 現在に至るまでライブビデオ等の製品化はされておらず、理由は諸説囁かれているものの、桑田は「WOWOWの生中継のテンションに勝てるものは作れない」と述べており、その代わりに後日写真集が発売された。
  • このライブで披露された「心を込めて花束を」「いなせなロコモーション」はライブ直後のシングル『この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜』のカップリングとして(「いなせな〜」はEPレコード版のみ)収録され、「マンピーのG★SPOT」は2004年発売のPV集『ベストヒットUSAS (Ultra Southern All Stars)』に収録された。現時点で茅ヶ崎ライブの音源のソフト化はこの2作品のみである。
  • 後日、フジテレビ系列にて茅ヶ崎ライブ記念ドラマ『めぐる夏』(主演:後藤理沙)が放送された。
  • ライブの開催を記念して茅ヶ崎市民の間で市の代表駅であるJR茅ヶ崎駅でサザンオールスターズの楽曲を発車メロディに導入しようという機運が高まり、同駅を管轄するJR東日本横浜支社へ要望書が提出された(ホーム数に合わせて導入希望曲も6曲挙げられた)。円滑な乗降に支障をきたしかねないという理由で発車メロディへの採用は見送られたものの、翌2001年の夏季に駅構内のBGMとしてオルゴールでサザンオールスターズの楽曲が流された。その後、茅ヶ崎商工会議所青年部によるアンケートや署名活動が行われ、JR東日本横浜支社との協議の結果、2014年10月1日より「希望の轍」が5,6番線東海道本線ホームの発車メロディとして正式に採用された。
  • ライブから10年半後の2011年2月19日、桑田のソロアルバム『MUSICMAN』の公開視聴会が茅ヶ崎市民文化会館で行われた。桑田自身もサプライズとして登場しパフォーマンスを披露した[5]。この際「茅ヶ崎でまたライブをやりたい」という趣旨の発言も行っている[4]
  • 2013年8月31日9月1日には、5年の休止期間を経て活動再開したサザンの野外スタジアムツアーの一環として『茅ヶ崎ライブ』以来13年ぶりとなる茅ヶ崎公園野球場での公演が行われた。この公演ではライブビューイングも実施された[6]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p254
  2. ^ a b c サザンオールスターズ BIOGRAPHY 2000
  3. ^ 「STANDOOH! AREEENA!! C'MOOOON!!!」
  4. ^ a b c スポーツニッポン』、2013年6月25日。
  5. ^ 風邪も全快! 桑田佳祐、10年ぶり地元・茅ヶ崎で復活熱唱 「生きて故郷の土を踏めた」”. オリコン (2011年2月20日). 2013年6月25日閲覧。
  6. ^ サザンオールスターズ復活!新曲&35万人動員野外ツアー”. ナタリー (2013年6月25日). 2013年6月25日閲覧。

外部リンク編集