豆腐ラーメン(とうふらーめん)は、埼玉県さいたま市のB級グルメの1つで「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」にさいたま市代表として『さいたま豆腐ラーメン』で出場し優勝した事もある。

豆腐ラーメン.jpg

特徴編集

鶏がらなどでとったあっさりスープの醤油ラーメンの上に醤油ベースのなめらかな絹豆腐と挽肉の餡がたっぷりかかった麺料理である。餡は見た目は麻婆豆腐に見えるが、辛さはそんなになく子供からお年寄りまで幅広く食べられる豆腐餡かけが、このラーメンの特徴である[1]

歴史編集

1970年(昭和45年)、埼玉県岩槻市(当時)の岩槻公園(現・岩槻城址公園〈いわつきじょうしこうえん〉)内にある岩槻市立福祉会館(現・さいたま市民会館いわつき)内の「レストラン大手門」で当時コックとして勤めていた高木利三(たかぎ としみ)[2]が、当時の社長らに賄いとして豆腐を使いラーメンに合った味で作ったのが豆腐ラーメンである[3]。そして正式なメニューに加わり、豆腐ラーメンが人気になった事で当時の岩槻市内の様々な店で出されるほどになった。やがて、このレストランに勤めていたコック達が辞めて独立すると、それぞれ岩槻駅近くや与野市に店を持って豆腐ラーメンを出していった。

2008年(平成20年)の第2回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦で初出場で優勝し、その名が広まった。

編集

  • 考案者の店 トーフラーメン幸楊(こうよう)(さいたま市桜区田島 ・田島団地前)
中華料理店で修業後に大手門に入社し、豆腐ラーメンを考案。その後大手門を辞め、与野市や川越市で店を持った後様々な店に勤め、2002年(平成14年)に現在の場所に開店。
  • 発祥の店 レストラン大手門(おおてもん)(さいたま市岩槻区太田 ・岩槻城址公園中さいたま市民会館いわつき内・イベント出店)
「毎日食べたいラーメン」のコンセプトの下、「体にやさしく、口にやさしく、財布にやさしい」ラーメン界の「癒し系」豆腐ラーメン。
  • 学生に人気の店 とうふらぁめん蘭蘭(らんらん)(さいたま市岩槻区本町 ・岩槻駅近く)
大手門で働いてたコックが1977年(昭和52年)に開店。2005年(平成17年)5月22日に放送された朝日放送の「大改造!!劇的ビフォーアフター」で匠により店舗をリニューアル。

※個人店のため味もトッピングも異なる。

  • イベントや大会には、「さいたま豆腐ラーメンの会」で出店[4]

埼玉B級ご当地グルメ王決定戦編集

この大会では、レストラン大手門・トーフラーメン幸楊が「さいたま豆腐ラーメンの会」として共同で出場

  • 2008年(平成20年)5月 - 第2回大会(さいたま市開催)【優勝】
  • 2008年(平成20年)11月 - 第3回大会(川口市開催)【準優勝】
  • 2009年(平成21年)5月 - 第4回大会(さいたま市開催)【優勝】
  • 2010年(平成22年)11月 - 第7回大会(加須市開催)【3位】
  • 2011年(平成23年)5月 - 第8回大会(さいたま市開催)【準優勝】
  • 2011年(平成23年)11月 - 第9回大会(北本市開催)【4位】
  • 2013年(平成25年)10月 - 第11回大会(飯能市開催)【入賞せず】
  • 2015年(平成27年)3月 - 第12回大会(草加市開催)【入賞せず】

商品化編集

  • 2008年(平成20年)11月18日(火)、サークルKサンクスが埼玉県内の店舗限定で『豆腐ラーメン』がレストラン大手門監修で商品化。第2回大会で優勝した際の副賞が、「サークルKサンクスの店舗で商品として販売する商品化権」だったためである。
  • 2011年(平成23年)7月18日(月・祝)、寿がきや食品で全国発売の『全国麺めぐり さいたま豆腐(トーフ)ラーメン』がトーフラーメン幸楊監修で即席めん化。
  • 2012年(平成24年)5月14日(月)、エースコックで全国発売の『B級グルメ探訪 埼玉県編 さいたま豆腐ラーメン』がレストラン大手門監修で即席めん化。
  • 2014年(平成26年)1月、サンヨー食品ヤオコーの『サッポロ一番 B級御当地グルメ 埼玉豆腐ラーメン』がレストラン大手門監修で即席めん化。
  • 2014年(平成26年)5月12日(月)、寿がきや食品で全国発売の『全国麺めぐり さいたま豆腐(トーフ)ラーメン』がトーフラーメン幸楊監修で再発売。
  • 2016年(平成28年)10月10日(月)、ヤマダイ株式会社で『ニュータッチ 凄麺 さいたま豆腐ラーメン』がレストラン大手門監修で即席めん化。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 辛い豆腐餡かけのものは、「豆腐ラーメン」の定義から外れることになる。
  2. ^ 現在は、さいたま市桜区にある『トーフラーメン幸楊』の店主。
  3. ^ 当時は「豆腐そば」と言っており、ラーメンのトッピングは豆腐餡かけの上にネギだけとシンプルなものであった。
  4. ^ レストラン大手門もトーフラーメン幸楊も、店のメニュー表記はカタカナの「トーフラーメン」であるが、イベントや大会の時には分かりやすい漢字の「豆腐ラーメン」になる。

外部リンク編集